自然

■森林セラピーツアー「新緑の奥多摩湖いこいの路全線ウオーク」


6月4日9時20分、青梅線奥多摩駅集合。奥多摩の森林を活用して科学的、医学的な視点から、健康増進やストレス緩和、りフリッシュなどをめざす。今回は、奥多摩湖畔にあるセラピーロード「奥多摩湖いこいの路」(写真、12㌔)をガイドウオークする。昼食はセラピー弁当。奥多摩式森林呼吸法、森のティータイムも。ガイドウオークの前後に健康チェックがある。16時45分、奥多摩駅で解散。5500円。21人(最少催行人数6人)。
《申》27日15時までに0428—83—8855おくたま地域振興財団。
http://okutama-therapy.com/

■緑の創作園オープンガーデン

5月28日(小雨実施)10時-12時半、同園(武蔵野市八幡町3-2=三鷹駅北口バス、関前三丁目下車)。同園は市有地を市民グループ「M,s Garden みどりの食いしん坊」が管理し、数百種類のハーブを中心に四季の花々やブルーベリーなどを育てている。ハーブ苗と花苗の配布、ハーブティーとケーキ(100円程度)の販売、ガーデニング相談など。
《問》0422-60-1863武蔵野市緑化環境センター。

■”みちまちみどり”のなかまたち

22日まで10―21時、コピス吉祥寺A館4Fニコハウスソーラーギャラリー(吉祥寺駅中央口徒歩5分)。都市の緑被率30%の実現を目指す市民活動「武蔵野R30.0プロジェクト」が定期的に発行している冊子「みちまちみどり」。
その代表・鈴木圭子さんを中心に集った市民たち11組が自分たちの取り組んでいるテーマについて合同展示をしている。
日替わりでワークショップも開かれている。
出展者は「井の頭公園で出会った鳥たち」をテーマに野鳥を描いた画家の木部一樹さん、アートセラピストの壱子さん、プラネタリウム番組の制作者・広橋勝さんは発明デザイナー今井雄仁さんが制作したドームスクリーンに自身が制作した番組を投影している。
また武蔵野市の「雨水タンク」「雨水浸透マス」の展示や武蔵野市省エネハンドブックの配布も。《問》0422-27-6358同ギャラリー。

■里山再生とエコライフ

木質ペレットを作るペレタイザー

22日10―16時、南山東部土地区画整理事業地内(京王相模原線稲城駅徒歩10分)。
「里山伝道師」の肩書きを持つNPO法人「赤目の里山を育てる会」の理事長・井伊野雄二さんが森の手入れで出る木や枝を原料にした固形燃料「木質ペレット」の製造実演をする。
また、実演を通してかつては身近な緑であった里山が生活の中でどのように活用されてきたかを学ぶ。当日はつくりたての木質ペレットを燃料に料理をした豚汁のサービスや森の遊びの実演も。
13時―14時半の間、同地内2階会議室で里山の保全についての講演会も開かれる。参加費無料 直接会場へ。《問》042-378-5773南山東部土地区画整理組合

 

■親子でレンジャーたいけん


6月11日(雨天中止)9時10分、高尾山ケーブルカー・高尾山駅集合。小学3—6年生と保護者を対象に、高尾山の自然を守る東京都レンジャー(自然保護指導員)の仕事に挑戦する(写真)。1時間程度の登山など。15時に高尾ビジターセンターで解散。30人(多数の場合は抽選)。1人200円(保険代、材料費など)。
《申》往復はがきに、参加希望者全員の郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号、行事タイトルを書いて、〒193—0844八王子市高尾町2176、高尾ビジターセンター「親子レンジャーたいけん」係へ。6月5日消印有効。
《問》042—664—7872高尾ビジターセンター(第3月曜休み)。

■自然教室「初めての高尾山ハイキング」

5月28日(雨天中止)10時、高尾山ケーブルカー・高尾山駅集合。高尾山を歩きたいが、自分たちだけでは心配という山歩きの超初心者のための自然教室。解説員と初夏の高尾山を楽しむ。15時半解散予定。小学生以上30人(小学生以下は保護者同伴で)。100円。
《申》往復はがきに、参加者の住所、氏名、年齢、電話番号を書いて、〒193—0844八王子市高尾町2176、高尾ビジターセンター「初めての高尾山ハイキング」係へ。18日消印有効。
《問》042—664—7872高尾ビジターセンター(第3月曜休み)。

■渓流釣り体験 4月16—17日、奥多摩

4月16—17日(1泊2日)東京都奥多摩都民の森(体験の森)。1年を通して渓流釣りを楽しむ講座の1回目。餌釣り、ミャク釣りなど。奥多摩町の釣り人が、安全な楽しい釣り方を指導。集合は16日9時55分、解散は17日16時半、いずれも青梅線奥多摩駅。高校生以上(胸までの深さの川を歩ける人)30人。1万500円(宿泊代、食事代、保険料、遊漁券)。《申》3月28日までに、住所、氏名、年齢、電話・ファクス番号を、体験の森管理事務所(〒198—0222奥多摩町境654、fax0428—83—3633、メールoku-mori@axel.ocn.ne.jp)へ。《問》0428—83—3631体験の森。
http://www.tomin-no-mori.jp/

■奥多摩山村塾・第1回

4月23—24日(1泊2日)東京都奥多摩都民の森(体験の森)。奥多摩町特産のワサビの栽培体験教室。ワサビ田の耕作から収穫までを全3回講座で実施。山菜採り、山菜料理なども。集合は23日9時55分、解散は24日15時20分、いずれも青梅線奥多摩駅。中学生以上。30人。8900円(宿泊代、食事代、保険料、教材費)。《申》4月4日までに、住所、氏名、年齢、電話・ファクス番号を、体験の森管理事務所(〒198—0222奥多摩町境654、fax0428—83—3633、メールoku-mori@axel.ocn.ne.jp)へ。《問》0428—83—3631体験の森。
http://www.tomin-no-mori.jp/

■渓流釣り体験 4月16—17日、奥多摩

4月16—17日(1泊2日)東京都奥多摩都民の森(体験の森)。1年を通して渓流釣りを楽しむ講座の1回目。餌釣り、ミャク釣りなど。奥多摩町の釣り人が、安全な楽しい釣り方を指導。集合は16日9時55分、解散は17日16時半、いずれも青梅線奥多摩駅。高校生以上(胸までの深さの川を歩ける人)30人。1万500円(宿泊代、食事代、保険料、遊漁券)。《申》3月28日までに、住所、氏名、年齢、電話・ファクス番号を、体験の森管理事務所(〒198—0222奥多摩町境654、fax0428—83—3633、メールoku-mori@axel.ocn.ne.jp)へ。《問》0428—83—3631体験の森。
http://www.tomin-no-mori.jp/

■奥多摩山村塾わさび栽培・第1回 

4月23—24日(1泊2日)東京都奥多摩都民の森(体験の森)。奥多摩町特産のワサビの栽培体験教室。ワサビ田の耕作から収穫までを全3回講座で実施。山菜採り、山菜料理なども。集合は23日9時55分、解散は24日15時20分、いずれも青梅線奥多摩駅。中学生以上。30人。8900円(宿泊代、食事代、保険料、教材費)。《申》4月4日までに、住所、氏名、年齢、電話・ファクス番号を、体験の森管理事務所(〒198—0222奥多摩町境654、fax0428—83—3633、メールoku-mori@axel.ocn.ne.jp)へ。《問》0428—83—3631体験の森。
http://www.tomin-no-mori.jp/

Page 1 of 6 1
10 / 11« 先頭...7891011
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ