講座講習

■ シビル市民講座「映画監督・早川由美子のワークショップ『あなたもできる!~3分間映像講座~」

5月17日-7月26日の隔週水曜全6回18時半-21時半、市民の学習・活動・交流センター シビル(モノレール立川南駅前)。講師はドキュメンタリー映画監督・早川由美子さん。撮影と編集の基礎からインターネットでの動画公開までを指導。講座終了時までに3分間の映像を完成させ、インターネットでの公開を目指す。定員15人(申し込み先着順)。受講料1万2000円。

《問》042-524-9014シビル。

http://space.geocities.jp/sudajuku_tachikawa/civil/

 

■ 東京雑学大学5月講義

▼4日14時、西東京市市民会館(西武新宿線田無駅北口徒歩7分)=元アジア防災センター所長・小川雄二郎さんの「災害から生き延びるための知識と能力」。

▼11日14時半、多摩交流センター(京王線府中駅北口徒歩3分、府中第二庁舎6階)、武蔵野市かたらいの道市民スペース(遠隔視聴会場=三鷹駅北口徒歩3分)=NPO法人航空・鉄道安全推進機構理事・北村行孝さんの「日航機御巣鷹山事故を覚えていますか-その教訓と航空安全」。インターネットライブ中継(http://zsgn.dp-21.net/tsgn/)も。

▼18日14時、西東京市田無公民館(西武新宿線田無駅南口徒歩3分)=花柳流師範・花柳迪薫さんの「日本の伝統芸能と神道に見る身体表現」。

▼25日14時、西東京市田無公民館(西武新宿線田無駅南口徒歩3分)=元全国教職員文芸協会会長・多田統一さんの「取材する心-研究所めぐり」。

 

受講料は各回500円(11日は無料)。

《問》042-465-3741浅田、0422-52-0908菅原。

http://tzatudai.ec-net.jp/

■ 市民活動交流サロン「平成29年度版・市民活動団体データ集『むすぶ』はこう使う」

4月22日14-16時、小平市市民活動支援センターあすぴあ(西武線萩山駅南口徒歩5分)。200以上の団体が掲載されている「むすぶ」の使い方を話し合う。「むすぶ」無料配布。定員30人(申し込み先着順)。無料。

《問》042-348-2104あすぴあ。

http://kodaira-shiminkatsudo-ctr.jp/

■ 憲法を学ぶ会「テロ等準備罪:共謀罪に対する懸念は払拭されたか」

4月10日日19-21時、武蔵野市本町コミュニティセンター(吉祥寺駅北口徒歩4分、ヨドバシカメラ裏)。一橋大学大学院法学研究科教授(刑事法・刑事政策専攻)・本庄武さんが話す。資料代500円。

《問》0422-55-2419斎藤。

■ 東京雑学大学4月講義

▼13日14時半、多摩交流センター(京王線府中駅北口徒歩3分、府中第二庁舎6階)、武蔵野市かたらいの道市民スペース(遠隔視聴会場=三鷹駅北口徒歩3分)=イスラエル研究家・シモン中村青生さんの「作家遠藤周作・曽野綾子氏たちと聖地を歩いて-日本に影響を与えたユダヤ・キリスト教」。インターネットライブ中継(http://zsgn.dp-21.net/tsgn/)も。

▼20日14時、西東京市柳沢公民館(西武新宿線西武柳沢駅南口前)=ファイナンシャルプランナーて゜行政書士の原孝雄さんの「超高齢社会を生き抜く-相続・遺言・成年後見」。

▼27日14時、西東京市市民会館(西武新宿線田無駅北口徒歩7分)=元森永製菓取締役で記紀講師の玉川千里さんの「神代の大企業合併-高天原と出雲」

 

受講料は各回(13日は無料)500円。

《問》042-465-3741浅田、0422-52-0908菅原。

http://tzatudai.ec-net.jp/

 

■ 韓国のいま、私たちの未来第2回

3月26日14-17時、市民の学習・活動・交流センター「シビル」(モノレール立川南駅徒歩1分)。同志社大学嘱託講師・藤井幸之助さんが「猪飼野セッパラム文庫をなぜつくったのか?-在日朝鮮人の歴史と文化を学び伝える」の題で話す。受講料1000円(学生800円)。

《申》042-524-9014シビル(平日13-19時)。

http://space.geocities.jp/sudajuku_tachikawa/civil/

■ 憲法を学ぶ会「統治機構をめぐる改憲論」

3月27日19-21時、武蔵野市本町コミュニティセンター(吉祥寺駅北口徒歩4分、ヨドバシカメラ裏)。一橋大学大学院法学研究科教授・阪口正二郎さんが話す。資料代500円。

《問》0422-55-2419斎藤。

■ 東京雑学大学3月講義(後半)

▼16日=紙芝居研究家で元東京教育心理技術研究所所長の濱中健さんの「紙芝居の魅力をさぐる」

▼23日=日本画家・伊東正次さんの「日本画の描き方」

▼26日=日本女子大名誉教授で城西国際大客員教授の岩淵宏子さんの「田村俊子『彼女の生活』を読む」

 

いずれも14時から西東京市市民会館(西武新宿線田無駅北口徒歩7分)で。受講料は各回500円。

《問》042-465-3741浅田、0422-52-0908菅原。

http://tzatudai.ec-net.jp/

 

■ 東京雑学大学2月講義

▼2日14時、西東京市市民会館(西武新宿線田無駅北口徒歩7分)=東京学芸大学名誉教授・大井みさほさんの「台所と物理」

▼9日日14時半、多摩交流センター(京王線府中駅北口徒歩3分、府中第二庁舎6階)、武蔵野市かたらいの道市民スペース(遠隔視聴会場=三鷹駅北口徒歩3分)=老年学研究家・東京都民間カルチャー事業協会顧問の山本思外里さんの「上手に置いて上手に死のう-“病院死”からの脱却」。インターネットライブ中継(http://zsgn.dp-21.net/tsgn/)も。

▼16日14時、西東京市市民会館(西武新宿線田無駅北口徒歩7分)=元都立高校教諭・田中学さんの「植物の学名を読み解く-リンネの二名法」。

▼23日14時、西東京市市民会館(西武新宿線田無駅北口徒歩7分)=演劇評論家・上村以和於さんの「仮名手本忠臣蔵」。

 

受講料は各回500円(9日無料)。

《問》0422-52-0908菅原、042-465-3741浅田。

http://tzatudai.ec-net.jp/

 

■ アクティブ市民塾「フェルト作品を作って子どもの支援~若者とシェアハウスの現状を知る」

1月31日13時半-16時、八王子市子安市民センター(JR八王子駅南口徒歩10分)。講師は「NPO法人地域の子供は地域で育てる・てとて」代表の大神田恵子さん(臨床心理士)。「てとて」は18歳を超えて児童養護施設などを出た後の厳しい環境に置かれている若者に寄り添い、シェアハウスを運営している。シェアハウスの運営資金を得るためにフェルト作品を制作して販売する事業を始めた。市民塾では、講師から若者とシェアハウスの現状を聞き、簡単なフェルト作品を作る。参加費500円。定員20人(申込先着順)。フェイスタオル2枚、はさみ、空の500mlペットボトル1本(キャップ付き)持参。

《申》042-646-1577、またはFAX042-646-1587、またはEメールnpo802@shiencenter-hachioji.org八王子市市民活動支援センター。

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ