講座講習

■自然講座「高尾山とシカ~シカが増えたら山はどうなる?~」

11月11日(雨天決行)14時-17時、高尾ビジターセンター(高尾山山頂)。

高尾山で野生生物シカと人間の関係を考える。高校生以上対象(高尾山を自力登山できる人)。20人定員(応募者多数の場合、抽選)。 参加費100円。

≪申≫往復はがきかメールで申し込む。往復はがきの場合は①行事タイトル「高尾山とシカ」②代表者の住所、氏名(ふりがな)、電話番号③申込者全員の氏名(ふりがな)、年齢、性別④同教室を何で知ったかと、返信面に代表者の住所、氏名を書いて〒193-0844八王子市高尾町2176高尾ビジターセンター「高尾山とシカ」係へ10月29日(消印有効)で送る。 メールの場合は①から④の項目と返信先のメールアドレスを明記し、件名を「高尾山とシカ」としてtakaovc.event@citrus.ocn.ne.jpへ送る。

≪問≫042-664-7872同センター(10時-16時。月曜休館) 【http://takaovc599.ec-net.jp/05event/0502event2911/0502event2911.html

 

■ TAMA市民塾・日曜講座「多摩地区の『江戸名所図会』を歩く=江戸と平成の今昔=」

10月22日14-16時、多摩交流センター(京王線府中駅北口徒歩3分、府中第二庁舎6階)。「歴史の道を歩く会」会員の神谷政明さんが、天保7(1836)年に出版された江戸の営利の地誌・案内書「江戸名所図会」の中から多摩地域の部分を紹介する。無料。申し込み不要。

《問》042-335-0111 TAMA市民塾。

■ シビル市民講座歴史散歩「玉川上水を歩く-用水と川が交差したら…?

10月21日9時半、青梅線羽村駅改札口集合。コースは羽村駅-羽村取水堰-堂橋-宮本橋-田村酒造-青梅線福生駅(駅周辺の店舗で昼食)-(電車)-拝島駅-拝島分水・殿ヶ谷分水取水口-(電車)-西武立川駅-天王橋-武蔵砂川駅(15時ごろ解散)。案内人は中学校社会科教員・福田恵一さん。

参加費1000円。要予約。歩きやすい靴と服装で。

《申》042-524-9014一般社団法人シビル。

http://space.geocities.jp/sudajuku_tachikawa/civil/

 

■空と悟り…体験

11月5日14時-16時10分、八王子市生涯学習センター・クリエイトホール(八王子駅北口から徒歩4分)。

「空と悟り…体験」をテーマに死生学研究会代表・日本臨床死生学会会員の内田誠さんが講演。先着58人(電話予約可)。参加費無料。筆記用具持参。死生学研究会主催、八王子市教育委員会後援。

≪申・問≫042-624-1355内田。

■ 東京雑学大学10月講義

▼5日14時、西東京市柳沢公民館(西武新宿線西武柳沢駅南口前)=東大名誉教授・丸節夫さんの「科学の小径-生物園の生成流転、そしてその未来は…」。

▼12日14時半、多摩交流センター(京王線府中駅北口徒歩3分、府中第二庁舎6階)、武蔵野市かたらいの道市民スペース(遠隔視聴会場=三鷹駅北口徒歩3分)=海外法人安全協会理事で海外カウンセラーの福永佳津子さんが「あの日あの時のこと そして日本人として思ったこと」の題で16年前の「9・11」について話す。インターネットライブ中継(http://zsgn.dp-21.net/tsgn/)がある。

▼19日14時、西東京市田無公民館(西武新宿線田無駅南口徒歩3分)=駒澤大学名誉教授で高岡市万葉歴史館名誉館長の小野寛さんの「万葉集に“辞世の歌”はあるか」。

▼26日14時、西東京市市民会館(西武新宿線田無駅北口徒歩7分)=鉄道文学会顧問で元JR東海専務取締役の川口順啓さんの「山手線成長ものがたり」。

 

受講料は各回500円(12日は無料)。

《問》042-465-3741浅田、0422-52-0908菅原。

http://tzatudai.ec-net.jp/

 

■ 憲法を学ぶ会「地位協定を考える」

10月6日19-21時、武蔵野市本町コミュニティセンター(JR吉祥寺駅東口徒歩5分、ヨドバシカメラ裏)。講師は法政大学法科区部政治学科教授の明田川融(とおる)さん。資料代500円。

《問》0422-55-2419斎藤。

■子どもと一緒に楽しもう!はじめての山のぼり

10月14日(雨天中止)9時、JR高尾駅北口改札前集合(15時、ケーブルカー高尾山駅で解散)。
高尾山で開催する幼児向けの自然体験型プログラム。コースは路線バスで日影沢に移動、いろはの森コースを歩いて高尾山山頂をめざし、その後は1号路を歩く。
5歳以上の未就学児とその保護者20人が対象(保護者同伴で申し込む。応募者多数の場合は抽選)。
参加費子ども300円、大人100円。参加費にバス代は含まれない。
≪申≫往復はがきかメールで申し込む。往復はがきの場合は①行事タイトル「はじめての山のぼり」、②保護者の住所、氏名、電話番号、③子どもの氏名(ふりがな)、年齢、性別、④同伴者全員の氏名(ふりがな)、年齢、性別を書いて〒193-0844八王子市高尾町2176、高尾ビジターセンター「はじめての山のぼり」係へ10月3日消印有効で送る。メールの場合は①から④の項目と返信先のパソコンメールアドレスを書いて件名を「はじめての山のぼり」と記載して申し込み専用アドレスtakaovc.event@citrus.ocn.ne.jpへ送る(申し込み専用アドレスを受信できる設定にしておく)。申し込み及び抽選後、ビジターセンターからいただいたメールアドレスへ返信する。申し込み、または締め切り日から1週間を過ぎて連絡がない場合は電話で問い合わせを。
≪問≫042-664-7872高尾ビジターセンター(10時-16時。月曜休館)。
http://takaovc599.ec-net.jp/05event/0502event2909/0502event2909.html

■ 市民活動パワーアップ講座「心に届くチラシと広報戦略」

9月16日、30日13時半-16時、小平元気村小川東会議室(西武多摩湖線萩山駅徒歩5分)。講師はNPO法人男女共同参画おおた理事長・坂田静香さん。初日は講義「人が集まる口座とチラシの作り方」、二日目は自分で作ったチラシを持ち寄っての講評など。定員30人(二日間参加できる人優先)。

《申》042-348-2104小平市市民活動センターあすぴあ。

http://kodaira-shiminkatsudo-ctr.jp/

 

■ 東京雑学大学9月講義

▼14日14時半、多摩交流センター(京王線府中駅北口徒歩3分、府中第二庁舎6階)、武蔵野市かたらいの道市民スペース(遠隔視聴会場=三鷹駅北口徒歩3分)=日本くすり教育研究所代表理事で元東京理科大教授の加藤哲太さんの「医薬品・薬物の乱用」。インターネットライブ中継(http://zsgn.dp-21.net/tsgn/)も。

▼21日14時、西東京市田無公民館(西武新宿線田無駅南口徒歩3分)=元外航船船長の高橋二朗さんの「外国商船の日本籍船や日本人船員の減少と海賊や防衛の実態」。

▼28日14時、西東京市田無公民館(西武新宿線田無駅南口徒歩3分)=桜美林大学名誉教授の三島次郎さんの「環境と私たちの暮らし-自然を友とするために」。

 

受講料は各回500円(14日は無料)。

《問》042-465-3741浅田、0422-52-0908菅原。

http://tzatudai.ec-net.jp/

 

■ 第21回 多摩の歴史講座「武蔵武士団の盛衰」

10月2日、16日、30日、11月6日、20日13時半-15時半、多摩信用金庫府中支店会議室(京王線府中駅南口徒歩2分)。各回のテーマは「武蔵武士団の誕生」「考古学研究の立場から武蔵武士団をみる」「板碑にみる武蔵武士」「南北朝期の武蔵武士団」「室町期の武蔵武士」。講師は首都大学東京教授・鎌倉佐保さん、専修大学教授・湯浅治久さんほか。受講料無料。定員100人(応募者多数の場合、抽選)。

《申》往復はがきに「歴史講座受講希望」、①郵便番号・住所②氏名(ふりがな)③年齢・性別④電話番号、返信先を書いて、〒183-0056府中市寿町1-5-1、府中駅北第2庁舎6階、多摩交流センター内「多摩の歴史講座」係へ、9月4日までに送る(当日消印有効)。

《問》042-335-0100多摩交流センター。

https://www.tama-100.or.jp/category_list.php?frmCd=5-0-0-0-0

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ