講座講習

■ 憲法を学ぶ会「安全保障法制のどこが問題か」

5月27日19-21時、武蔵野市本町コミュニティセンター(吉祥寺駅東口徒歩3分、ヨドバシカメラ裏)。講師は明時大学法学部教授で「自衛力論の論理と歴史」などの著書がある浦田一郎さん(憲法学)。

資料代500円。

《問》0422-22-5687二見。

■ 東京雑学大学5月講義

▼7日14時、西東京市立柳沢公民館(西武新宿線西武柳沢駅南口前)=元理化学研究所研究員で前ワルシャワ大学客員教授の稲村卓さんの「ゆがめられてしまった物理学者・長岡半太郎-21世紀の原子物理学物語-」。

▼14日14時半、多摩交流センター(京王線府中駅北口徒歩3分、府中駅北第二庁舎6階)、武蔵野市西久保コミュニティセンター(三鷹駅北口徒歩7分=遠隔視聴会場)=ジャパン・ハーブ・スクール講師、NHK学園講師の阿部啓子さんの「こころとからだの癒し草ハーブを知りましょう-先人の知恵袋を紐解いて-」。

▼21日14時、西東京市市民会館(西武新宿線田無駅北口徒歩7分)=学習院女子大学名誉教授・米山益己さんの「二つの冒険小説について-『トム・ソーヤの冒険』とその続編『ハックルベリイ・フィンの冒険』」。

▼28日14時、西東京市立田無公民館(西武新宿線田無駅南口徒歩3分)。国語問題協議会常任理事・市川浩さんの「現代日本言語文化への文語の役割」。

 

受講料各回500円。

《問》042-465-3741浅田、0422-52-0908菅原。

http://www5.ocn.ne.jp/~tzu61017/

 

■武蔵野市国際交流協会(MIA)外国語会話交流教室

▼中国語会話交流教室~はじめの一歩~=5月12日-6月30日の毎週火曜全8回10-12時。講師は中国出身の宋頴(そんいん)さん。文化紹介を織り交ぜながら教える。18歳以上で中国語の学習歴がない人20人募集(応募者多数の場合は、①武蔵野市民②MIA会員の優先順位で抽選。最少催行人数は10人)。

▼ロシア語会話交流教室~はじめの一歩~=5月16日-7月4日の毎週土曜全8回10-12時。講師はロシア出身の留学生、オリガ・ダニロワさん。文化紹介を織り交ぜながら教える。18歳以上でロシア語の学習歴がない人20人募集(応募者多数の場合は、①武蔵野市民②MIA会員の優先順位で抽選。最少催行人数は10人)。

いずれも会場はMIA会議室(武蔵境駅nonowa口前、スイング9階)、参加費4000円。

《申》往復はがきに①住所②氏名(フリガナ)③電話番後④年齢⑤職業⑥あればメールアドレス⑦MIA会員は会員№⑧どこで何を見て応募したか⑨返信先の住所と氏名を書いて、中国語は5月1日必着、ロシア語は5月8日必着。

《問》0422-36-4511MIA。

http://www.mia.gr.jp/

 

■知る人ぞ知る 八王子の歴史を歩く

4月19日(少雨決行)13時、JR北八王子駅西口集合(16時ごろ終了予定) 。

八王子研究団体連絡会のメンバーが講師。同会は八王子の歴史、文化の研究や継承のために活動している団体で構成されている。八王子の北東部地域に埋もれている歴史を各団体の特徴を生かした解説付きで歩く。

飲み物、雨具、健康保険証持参。歩きやすい靴で。参加費無料。40人(申込先着順)。 八王子市市民活動支援センター主催。

≪問・申≫042-646-1577同センター(FAX042-646-1587。Eメールnpo802@shiencenter-hachioji.org

■ 東京雑学大学4月講義

▼2日14時、西東京市立田無公民館(西武新宿線田無駅南口徒歩3分)=前田流平家詞曲相伝・鈴木まどかさんの「平家琵琶で語る“平家物語”の和歌」。

▼9日14時半、多摩交流センター(京王線府中駅北口徒歩2分)、武蔵野市かたらいの道市民スペース(三鷹駅北口徒歩3分=遠隔視聴会場)=マンション管理士・金融内部監査士・防災士の市川貴久さんの「マンション住まいの予備知識-マンションの管理と防災を知る」。

▼16日14時、コール田無(西武新宿線田無駅北口徒歩7分)=㈱中央コリドー代表取締役でYRP研究開発推進協会会長の甕昭男さんの「電波ICTの将来はどうなる」。

▼23日14時、西東京市立田無公民館(西武新宿線田無駅南口徒歩3分)=横浜黒船研究会の日景洋一さんの「ペリー提督献上の電信機とその後の日本電信事情」。

 

受講料各回(9日を除く)500円。

《問》042-465-3741浅田、0422-52-0908菅原。

http://www5.ocn.ne.jp/~tzu61017/

 

■ 憲法を学ぶ会「裁判を起こして秘密保護法を廃止する」

3月16日19-21時、武蔵野市本町コミュニティセンター(吉祥寺駅東口徒歩4分、ヨドバシカメラ裏)。昨年3月、フリーランスの表現者43人が秘密保護法の違憲確認を求める訴訟を東京地裁に起こした。原告の一人でジャーナリストの林克明さんが話す。資料代500円。

《問》090-6300-2786斎藤。

■手話を通してつなぐ心と心

3月18日10時半-12時半、八王子市市民活動支援センター(八王子駅北口から徒歩5分)
八王子手話サークル山吹会のメンバーが講師。同会は手話を通して聴覚障害者と交流し活動している。
同会の活動を通して聴覚障害者の現状を知り、手話を体験しながら理解を深める。
定員20人(申込先着順)。無料。
八王子市市民活動支援センター主催。
≪問・申≫042-646-1577同センター(メールアドレスnpo802@shiencenter-hachioji.org

■ 東京雑学大学3月講義

▼12日14時半、多摩交流センター(京王線府中駅北口徒歩2分)、武蔵野市かたらいの道市民スペース(三鷹駅北口徒歩3分=遠隔視聴会場)=川崎地質株式会社技術顧問・水谷滋樹さんの「地熱発電の現状と展望」。

▼19日14時、西東京市田無公民館(西武新宿線田無駅南口徒歩3分)=江戸文化研究家・吉田豊さんの「忠臣蔵の真相-討ち入り」。

▼26日14時、西東京市市民会館(西武新宿線田無駅北口徒歩7分)=東大名誉教授・丸節夫さんの「地球環境と生物多様性-生物圏の生成変転、そしてその未来は」。

 

12日は無料、19日と26日は各500円。

《問》042-465-3741浅田、0422-52-0908菅原。

http://tzatudai.ec-net.jp/

■ 東京雑学大学2月講義

▼5日14時、西東京市市民会館(西武新宿線田無駅北口徒歩7分)。「暮らしの手帳」元編集者の加川厚子さんの「“暮らしの手帳”編集部とテスト」。

▼12日14時半、多摩交流センター(京王線府中駅北口徒歩2分)、武蔵野スイングホール(武蔵境駅北口徒歩1分=遠隔市長会場)=多摩美大絵画研究科修了で日本画家、日展会友の伊東正次さんの「日本画って何?」。

▼19日14時、西東京市立田無公民館(西武新宿線田無駅南口徒歩3分)。詩人でフリーライターの高野正美さんの「音読とコミュニケーション-音楽を楽しみコミュニケーション力を高める」。多摩発・遠隔生涯学習講座(http://zsgn.dp-21.net/tsgn/)でライブ中継をする。

▼26日14時、西東京市立田無公民館(西武新宿線田無駅南口徒歩3分)。紀行作家で登山家の伊佐九三四郎さん「大河紀行荒川-秩父山地の水源から東京湾まで180余㌔の踏破記録」。

 

受講料各回500円(12日は資料代のみ100円)。

《問》042-465-3741浅田、0422-52-0908菅原。

http://www5.ocn.ne.jp/~tzu61017/

 

■ 市民活動パワーアップ講座「防災 市民の視点から考える」

1月31日13時半-16時半、小平元気村おがわ東(西武線萩山駅徒歩5分)。小平市で地震が起きたらどうするか。立川断層帯地震発生を想定して、訓練シナリオに基づきイメージトレーニングを行う。

講師は防災士で3・11に学ぶ小平の減災を考える会の高橋静さん、小平市防災安全課担当者、こだいらボランティアセンター担当者。申し込み先着30人。参加費無料。

《申》30日までに042-348-2104あすぴあ。

http://kodaira-shiminkatsudo-ctr.jp/

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ