講座講習

■ 東京雑学大学9月講義

▼    6日14時、西東京市田無公民館(西武新宿線田無駅南口徒歩3分)。公益財団法人日本吟道学院会員・岡部守成さん「詩吟から学ぶ」。

▼    13日14時半、多摩交流センター(京王線府中駅北口徒歩2分、駅北第二庁舎6階)、武蔵野市西久保コミュニティセンター(遠隔視聴会場=三鷹駅北口徒歩7分)。ウイズケアメディカル取締役で理学療法士、社会福祉士の資格を持つ仙洞田洋登さん「在宅介護を行なう方に知っていてほしいこと」。

▼    20日14時、西東京市市民会館(西武新宿線田無駅北口徒歩7分)。元日本女子大教授・芹澤昌子さん「色彩の力」。

▼    27日14時、西東京市市民会館(西武新宿線田無駅北口徒歩7分)。元日本航空国際線機長の航空評論家・諸星廣夫さん「航空機の進化と航空輸送」。

 

受講料各回500円。

《問》042-465-3741浅田、0422-52-0908菅原。

http://www5.ocn.ne.jp/~tzu61017/

■家づくりサロン・可喜庵 家を建てたら気象台になった

9月15日13時半-15時、鈴木工務店(小田急線鶴川駅徒歩8分)。

OMソーラーハウスを建てその家がどんな性能か、各種のセンサーをつけて計測している石川宏さん(ナチュラル研究所所長)が、10年間の住まいの話をする。 聞き手は同店の鈴木亨さん。

参加無料。

≪問≫042-735-5771同工務店。

http://www.suzuki-koumuten.co.jp

 

 

■ 東部市民講座Ⅱ「在宅時の災害への備え~地域の防災力を高めよう~」

9月7日、14日10-12時、調布市東部公民館(京王線仙川駅南口徒歩8分)。

7日は「心の備えと物の準備」がテーマで、調布市総務部総合防災安全課職員による講義「調布市の取り組み」と、調布災害時ボランティア・コーディネーターの会代表・宮田正幸さんの講義「災害時までの備えと災害時の心構え」。

14日は「緊急時の応急手当・避難と煙体験」がテーマで、調布消防署職員の指導で煙体験の実習(動きやすい服装で)。

申し込み先着30人。無料。手話通訳付き。

保育(1歳6カ月以上就学前まで7人)のオリエンテーションは8月31日10-11時開催。

《申》03-3309-4505、またはFAX03-3305-3456同公民館。

■ 西多摩自由大学

▼    私たちの8年裁判と社会の今=8月24日13時半-16時半、福生市さくら会館(青梅線牛浜駅東口徒歩5分)。講師は島崎滋さんと渡辺厚子さん。2人は、2003年10月の都教委通達により、「君が代」不起立不伴奏で処分され、04年から処分裁判闘争を始めた。同裁判は、12年の最高裁判決で戒告は棄却、減給1カ月は取り消しとなった。最高裁判決と8年間の思い出をいまにリンクする意味を話す。

▼    陽気な国の楽しい組合-イタリア労働運動事情=8月25日13時半-16時半、福生市さくら会館(青梅線牛浜駅東口徒歩5分)。講師の岡田全弘さんは名古屋港湾勤務後、イタリアに遊学し、現在、漁師を務める。著書に「イタリア・パルチザン群像」「イタリアの階級的ナショナルセンター」がある。

 

各回500円(中学生以下無料)。

《問》042-545-5997西多摩自由大学実行委員会。

■ 小水力発電の実際を見に行こう

8月31日8時、市民の学習・活動・交流センターシビル(モノレール立川南駅徒歩1分)前出発、16時ごろ同所解散予定。小川や農業用水など小さな水の流れを利用して発電する「小水力発電」。雨と山地の多い日本では適地が多いが、法律や水利権など制度上の問題があってなかなか普及しない。山梨県都留市役所の使用電力の15㌫をまかなう「家中川(かちゅうがわ)小水力市民発電所」を見学し、同市職員から話を聞く。定員8人。参加費2000円。昼食代各自。

《申》042-524-9014シビル。

http://space.geocities.jp/sudajuku_tachikawa/civil/

 

■心と心をつなぐコミュニケーション メディエーションに学ぶ人間関係をスムーズにする会話術

8月25日10時半-12時半、八王子市市民活動支援センター(八王子駅北口徒歩5分)。

メディエーションとは、もめごとや対立がある時、和解支援をする手法の一つ。日ごろからのコミュニケーションの大切さとちょっとしたコツで会話がスムーズになる手法を学ぶ。講師は草の根メディエーションの会代表の岡野内恵里子さん。

無料。申し込み先着30人定員。八王子市市民活動支援センター主催。

≪問・申≫042-646-1577同センター(メールアドレス npo802@shiencenter-hachioji.org

 

 

■ 講座「世界五大山脈を自転車での走破に賭けた日々」

8月12日15-17時、国立オリンピック記念青少年総合センター・センター棟403号室(小田急線参宮橋駅徒歩5分)。講師のNPO自転車活用推進研究会理事・瀬戸圭祐さんは1960年生まれで、同志社大学在学中に同大サイクリングクラブに所属し、林道、廃道、登山道担ぎ上げ、雪道走行、クロスカントリーなどの走りを中心として、日本一周、北米大陸ロッキー山脈5000㌔、北極圏をはじめ、世界五大山脈を走破した。著書に「青春を賭けるって 気分イイゼ」など多数。アドベンチャーサイクリングの準備や現地での交渉、家族とのアウトドアの楽しみ方、定年後の夢などについて話す。

20年間かけてシルクロードを中国西安からローマまで走破した「シルクロード雑学大学」(事務局・国立市富士見台)が主催する。

参加費1000円(学生500円)。

《問》042-573-7667シルクロード雑学大学事務局。

■2012年度憲法講座・第3回「人間に合わせた経済をどうつくるか・その2」

9月8日14時半―16時半、日野市ゆのした市民交流センター(日野駅徒歩3分、コインランドリー隣)。講師は、工藤昌宏さん(東京工科大学・日本経済論、企業関係論)。

参加費300円

》042―589―2106日野・市民自治研究所事務局。

■NPO法人日野・市民自治研究所10周年記念企画「沖縄から、本土に問う」

9月17日14時半、日野市新町交流センター(日野駅徒歩5分、日野市新町1-13都営アパート11号棟)。同NPO法人の10回目の基地問題連続講演会。大田昌秀・元沖縄県知事を講師に迎える。沖縄返還40周年を迎えた今、なぜ沖縄に米軍基地が多いのかなどについて講演。

13時半から、日野・市民自治研究所10年を振り返る講演、沖縄民謡演奏も。

資料代500円(学生300円)。

》042―589―2106日野・市民自治研究所事務局

■ 東京雑学大学8月講座

▼    8月2日14時、西東京市田無公民館(西武新宿線田無駅南口徒歩3分)=公益財団法人富士社会教育センター理事長・大松明則さん「世界が愛した日本人」。

▼    8月9日14時半、多摩交流センター(京王線府中駅北口徒歩2分、駅北第二庁舎6階)と遠隔視聴会場(武蔵野市西久保コミュニティセンター=三鷹駅北口徒歩7分)。花園神社宮司・片山文彦さん「私の新宿-その歴史と文化-ムーランから唐十郎へ」。

▼    8月16日14時、西東京市田無公民館(西武新宿線田無駅南口徒歩3分)=日本女子大文学部教授・岩淵宏子さん「宮本百合子『伸子』を読む」。

▼    8月23日14時、西東京市市民会館(西武新宿線田無駅北口徒歩7分)=元株式会社森永スナック取締役・玉川千里さん「チョコレートを中心にお菓子雑話」

▼    8月30日14時、西東京市市民会館(西武新宿線田無駅北口徒歩7分)=明治大学農学部准教授・久城哲夫さん「生命の起源-複雑系科学からのアプローチ」。

各回500円。

《問》042-465-3741浅田、0422-52-0908菅原。

http://www5.ocn.ne.jp/~tzu61017/

 

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ