まつり

■ 第39回東村山市民文化祭

10月26日-11月11日、東村山市公民館。

▼    展示=10月26-28日と11月2-4日10-17時、中央公民館(西武線東村山駅東口徒歩2分)でぬり絵、絵手紙、油絵、デッサン、写真、木目込み人形、押し絵など。11月2-4日10-17時、秋津公民館(武蔵野線新秋津駅徒歩15分)で花あそび、折り紙、盆栽、雑草画など、富士見公民館(西武多摩湖線八坂駅徒歩10分)で文化刺しゅう、折り紙、絵手紙、盆栽など、廻田公民館(西武線東村山駅西口徒歩15分)で写真、ステンドグラス、茶器・花器・皿類など展示。体験コーナーもある。

▼    フォークダンス・パーティ=10月27日10-12時、中央公民館。

▼    東村山短歌大会=10月28日13-17時、中央公民館。

▼    茶席=11月3日10-15時、中央公民館。

▼    世界のことばで遊ぼう=11月3日14-16時、秋津公民館。

▼    ホール(演奏、歌唱、舞踊など)=10月27日10時-18時半、28日10時-18時10分、11月3日10時-18時20分、4日10時-18時半、11月11日10時-18時半、中央公民館。11月4日15-16時、秋津公民館。11月3日10-16時、11月4日10時半-17時半、富士見公民館。

《問》042-396-5773鶴田。

http://www.city.higashimurayama.tokyo.jp/kosodate/shogai/syogai/bunkasai/39shiminbunkasai.html

■ 2012ルネこだいら夏休みフェスタ~ミュージック・スクウェア(音楽広場)×「芸術家と子どもたちとの出会い」フェスティバル

8月26日、ルネこだいら(西武線小平駅南口徒歩3分)。

▼    “吹奏楽の街こだいら”発 ミュージック・スクウェア吹奏楽コンサート=15時-17時半。小平青少年吹奏楽団とゲストの都立小平高校吹奏楽部が出演。無料整理券(ルネこだいら、小平市立公民館と図書館で配布)。

▼ ステージで聴くとこんな音!楽器の隣で聴いてみよう!!~吹いているつもりで演奏家気分?~=11時45分、13時15分。ミュージック・スクウェア吹奏楽コンサートのリハーサルを公開。無料。

▼    親と子のミュージカル「ルドルフとイッパイアッテナ」=12時15分-14時半。チケット完売。

▼    キッズシアター「おはなしでてこい」=10時15分-12時15分。小平市内在住のプロ、アマが、エブロンシアター、マリオネット、てあそび、おはなしマイム、大型絵本・大型紙芝居を上演。子ども対象(未就学児は大人同伴)。無料。

▼    神出鬼没のプロムナード・コンサート=11時-14時半の間にミニコンサート。出演は錦城高校吹奏楽部OB金管アンサンブル。無料。

▼    お楽しみミニ・コンサート~ビッグバンド・ジャズを楽しもう=13時、13時40分、15時、15時40分。出演はマンデー・ストリーム・ジャズ・オーケストラ。無料。

▼    作って飾ろう「切り紙」=10-17時の間、随時(最終受付16時まで)。中国の伝統的な切り紙を体験。嘉悦大学桧森ゼミの企画。子ども対象(未就学児は大人同伴)。無料。

▼    子どもの広場=10-17時の間、随時(最終受付16時半まで)。白梅学園大と武蔵野美術大の大学生と一緒につくる。子ども対象(未就学児は大人同伴)。無料。

▼    楽器に触れよう、音を出そう=10時-11時半。小平青少年吹奏楽団員の案内で木管、金管、打楽器の計9種類の楽器に触れたり、吹いたりする。9種類に触れた人にはプレゼントがある。楽器を演奏したことがない人先着80人募集。《申》所定の申し込み書をルネこだいらのHP(下記)からダウンロードして、ルネこだいらの窓口に持参するか、郵送またはFAXで申し込む。

 

2012ルネこだいら夏休みフェスタ実行委員会(小平市文化振興財団、小平こども劇場、小平青少年吹奏楽団で構成)主催。

《問》042-345-5111小平市文化振興財団。

http://www.runekodaira.jp/festa

 

■昭和記念公園サマーフェスティバル2012

9月2日まで、国営昭和記念公園(あけぼの口・立川口=立川駅北口徒歩15分、西立川口=青梅線西立川駅)。▶レインボープール9つのプールで夏を満喫!=首都圏最大級の総面積6万3000平方㍍のレジャープールがオープン▶サマーイルミネーションガーデン=さざなみ広場、レイクサイドレストラン前。樹木のライトアップやホタルを模したイルミネーションなど▶夏のお花を楽しもう!ハス~サギソウ~ヒマワリへの花の開花リレー=希少種など100種類のハスの花、3万球のサギソウ▶ドラゴン先生の世界の昆虫展=こもれびの丘に生息する昆虫たちの観察ツアー、コレクション展示、ジオラマ展など▶こどもの森20周年イベント▶こどもの森でカブトムシと遊ぼう!などのボランティアイベント開催。

入園料400円、小中学生80円、65歳以上200円。レインボープール(公園入園料込み)は2200円、小中学生1200円、4、5歳児300円。

》042―528―1751昭和記念公園

■ にわ祭(東京にしがわ大学学園祭)

7月28日11-17時、29日10-15時、五日市協同村ひだまりファーム(あきる野市戸倉863=五日市線武蔵五日市駅バス、西小中野下車)。多摩地域全域をフィールドに、街をキャンパスに見立て、誰でも参加できる「ユニークな学びの場」を2年前から展開している「東京にしがわ大学」(酒村なを学長)が「学園祭」を初めて開く。会場は生活クラブ生協・東京が所有する広さ約1万1550平方㍍、古民家や畑もある自然豊かな土地だ。これまでの授業で学んだことを生かしたワークショップや部活動の出店、多摩の物産販売もも。焼きぎょうざ、ぬか漬けなど食べ物のブースや青空図書室、サンキャッチャーづくり、流しそうめん、フライフィッシング体験、ライブなど。

入場料中学生以上1000円(500円のクーポン付き)、小学生500円(200円のクーポン付き)、未就学児無料。

《問》090-8105-8434同大事務局。

http://www.tokyo-nishigawa.net/

■ 小平グリーンロード 灯(あか)りまつり

 

 

8月4日(雨天中止)18時半-21時、小平グリーンロード(狭山・境緑道=多摩湖自転車道=沿いの公園、中央公園、久道の辻公園など。西武新宿線花小金井駅、小平駅、八坂駅下車)。小平市では、江戸時代中ごろから地口(駄洒落の一種の言葉遊び)とそれに合った面白い絵を書き込んだ行灯(あんどん)を街頭などに飾る風習があった。それを現代に継承するまつりで、14会場に約6000個の灯りが集まる。

▼灯ろう展示会=7月21日まで9-17時、小平市役所1階(西武多摩湖線青梅街道駅徒歩5分)。昔ながらの地口行灯や手作りの灯ろう、昨年10月に行なわれた新作地口作品展の優秀作品などを展示。

▼    工作教室=7月7、8日、小平市中央公民館工作室(青梅街道駅徒歩5分)、7月14日、ダイエー小平店(西武線八坂駅徒歩3分)。いずれも13時半-16時半。《申》7月6日までに042-346-9581小平市市民生活部産業振興課。

《問》042-346-9581小平市市民生活部産業振興課。

 

■ おおさわこうえんであそぼう すぺーすはちのこ祭<つながろう☆福島と>

6月10日10時半-15時半、大沢公園(雨の場合は、あきゅらいず森の食堂=いずれも武蔵境駅南口バス、大沢下車)。すぺーすはちのこ(三鷹市野崎)には保育園、学童保育所、カフェなどがある。

祭のあそびコーナーでは、どろだんご、ビー玉さがし、アイヌの切り絵、フィリピンの竹楽器、中国語あそびなど。沖縄そば、やきそば、おにぎり、手作り菓子、フィリピンなど各国料理、泡盛、ビールほかの模擬店も。ステージではフォルクローレ「ケサーチャアギーボ」、弾き語り紙芝居サント、ハツピーゴリラ(R)かなめちゃん、フィリピン・カルチュラル・ワーカーのアリソン・オパオン、はちのこフラガールズ、会津磐梯山踊りなどを。放射能から避難したママネットの出展も。

マイ食器、マイはし、マイシート持参歓迎。

 

《問》0422-32-3081すぺーすはちのこ。

http://www007.upp.so-net.ne.jp/hachinoko/index.html

■ 小平市「花まつり」

小平グリーンロード(多摩湖自転車道)で開催。

▼    ハナテン春の花まつり=4月7日(雨天の場合、翌日)10-15時、たけのこ公園(西武新宿線花小金井駅南口徒歩20分)。模擬店、農産物販売、ポニー、アトラクション(小平よさこい、吹奏楽、和太鼓など)ほか。ハナテンふれあいロード主催。《問》042-464-2235同ロード。

▼    ふるさと村の花まつり=4月7日(雨天の場合、翌日)10-15時、小平ふるさと村(西武新宿線花小金井駅南口または小平駅南口徒歩20分)。野点、糧うどんなど。小平市文化振興財団主催。《問》042-345-8155小平ふるさと村。

▼    里桜・小金井桜観賞会=4月13日(小雨実施)10-12時、都立小金井公園(武蔵小金井駅北口または西武新宿線花小金井駅バス、公園西口下車)。小平市グリーンロード推進協議会主催。《問》042-346-9581小平市産業振興課。

 

 

■ 「3・11フクシマを忘れない 原発のない未来を」アクションinTAMA

3月11日(雨天決行)13-15時、パルテノン多摩大階段下、きらめきの池、多摩中央公園周辺(京王・小田急線・多摩モノレール多摩センター駅徒歩5分)。12時半からプレイベントとしてシンガーソングライター・潤(うるう)大作さんが出演するほか、福島県出身の藤原歌劇団準団員(メゾソプラノ)・二瓶純子さん(14時半から)らのステージ。福島県からの避難者・伊藤千恵さんの詩の朗読、リレートーク、黙とう(14時46分)、メッセージリボン飾り、避難者同士・市民の交流コーナー、子どもの遊びコーナー、二本松のまるごとにんじんジュースなど復興支援物品販売、福島県の農業生産者からのメッセージ、放射線関連の書籍販売、放射線検知器展示、放射性物質と食品・調理法などについての展示・相談コーナーなど。

3・11フクシマを忘れない 原発のない未来を TAMA実行委員会主催。

《問》080-6783-1434山口。

■ むさしの国際交流まつり2011

11月20日11-17時、スイングビル(武蔵境駅北口徒歩1分)。武蔵野市国際交流協会(MIA)主催。

▼ステージ  外国人のど自慢(14時-14時45分)、お笑いMIC(漫才インターナショナルクラブ=15時半-16時15分)、民族衣装ファッションショー(16時15分-17時)など

▼リアル!MIA体験  外国人のための無料法律相談会(12時15分-13時45分)、世界を知ろう!世界の人とふれあおう!(チェコとインドネシア出身のゲストトーク=14時-15時半)、東北支援報告会(15時45分-17時)など。

▼多文化体験ミュージアム  前半(11-14時)は中国茶道、墨絵、ポストカード作りを、後半(14時半-17時)はソープカービング、篆刻、子ども向けクラフトが体験できる。前半、後半とも参加費200円で3種類ずつ体験できる。

このほか外国人会員が故郷の家庭のおやつを販売する「多文化カフェ」(16時まで)、武蔵野市内と近隣の国際協力・国際交流団体の活動を紹介する「あなたのまちの国際交流・協力」なども。

《問》0422-36-4511MIA。

http://www.mia.gr.jp/index.html

■ 調布市子育てフェスタ2011

 

11月20日10時-12時、電気通信大学80周年記念館リサージュ3階(京王線調布駅北口徒歩5分)。

親子参加のミニステージは10時=オドロンパ西調布サークルの山川容子さんによる「親子たいそうであったまろう」、10時半=調布市子育て支援課による「調布市こども基金」の紹介、10時50分=NPOえほんうた・あそびうたのにしむらなおとさんによる「うたう絵本SHOW」、11時半=山川さんによる「親子いっしょにエクササイズ」。

このほか、きたもりちかの親子にがおえ、絵本こうかん会、風船プレゼント(品切れ次第終了)、大学生のよみきかせ、バザー(売り上げの一部は調布市子ども基金に寄付する)、子育てサークル紹介ブース、大学生のちょこ抱っこサービス、試食(品切れ次第終了)、産直食材の引き売り店、「子連れおでかけマップ 仙川編」配布など。

ちょうふ子育てネットワーク「ちょこネット」、同フェスタ実行委員会主催、調布青年会議所協力、調布市後援。

《問》090-3913-3735、メール choccconet@gmail.com同フェスタ実行委員会。

http://chofuccc.jimdo.com/

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ