多摩のトピックス

絞り染め作家・三谷文子さんが手工芸作品展受賞作お披露目

受賞作品と三谷さん=国立市中のホームギャラリー「ころも」くにたちで


千数百年の歴史を持つ日本の伝統工芸、鹿の子絞りと草木染め。この二つの技術を駆使した作品「ふみ絞染」を制作している三谷文子さんが(67)が、国立市中の自宅内に開く「ホームギャラリー『ころも』くにたち」で、「<ふみ絞染>春の展示会」を4月1−7日12−17時開く。

昨年10月、(財)日本手工芸指導協会主催「手工芸作品展」で読売・日本テレビ文化センター賞を受賞した付け下げ「思いをのこす」(写真)を地元で初めて披露するほか、孫の七五三の着物など、これまでに作った着物5点ほどと帯揚げ、風呂敷、マフラーなどを展示する。


受賞作は、モスグリーンの付け下げの裾(すそ)に黄色いさざ波のような模様が地紋とともに浮かび上がる。56歳で亡くなった母への思いをこめたものだ。丹後縮緬の白生地を、ヤマモモの樹皮を煮出してミョウバンで媒染した染液で、8回、染め重ねて黄色地にした後、杢目(もくめ)という絞りの技法で括(くく)り、その後にヤマモモを鉄で媒染した染液でさらに煮染めしたものだ。

付け下げの裾に施された「杢目」


三谷さんが手がける京鹿の子絞りは、奈良時代から衣装の紋様として用いられてきた。代表的な技法、疋田(ひった)括りが子鹿の斑点に似ているところから「鹿の子絞り」と呼ばれ、室町時代から江戸時代初期にかけて「辻が花染」として盛んに作られた。細かい粒が整然と並び、立体的に模様を浮かび上がらせるのが特徴で、今も京都を中心にすべて手仕事で染め上げられている。 しかし、大変な手間がかかるため、職人は年々減り、都内で手がける人はわずかだ。「一つ一つ手で括っていきますので、気の遠くなるような手間と時間がかかります。でも染め上げて括っていた糸をほどいて、文様が浮かび上がった時の感動はなんともいえません。時には思いがけない模様に仕上がることもあり、そこが魅力です」


三谷さんは若い頃から針仕事が好きで、三十数年前、東京農工大学工学部附属繊維博物館(現・東京農工大学科学博物館)が一般向けに開講した「友の会」の藍染めグループに1期生として入り、型染めや絞り染めと出合った。「自分で一から作った着物を着たかったんです」。その後、京鹿の子絞振興協同組合(京都市)が渋谷区で開いていた教室に通い、伝統工芸士から伝統的な約50種類の技法を学び、1993年、同組合講師の資格を取得した。

またニ十数年前から草木染織の第一人者、山﨑桃麿さん(84=青梅市沢井)に師事し、作品には絹地を使い、植物の樹皮や実などを煮出した染液で染め、染料を繊維に定着させる媒染剤には鉄やみょうばんを使うなど、すべて自然素材を用いている。「初めて山﨑先生の染め色を見て、化学染料とは全く違う深みのある鮮やかな色に引かれました」
93年からは各地で絞りの指導を始め、1996年染織家の登竜門といわれる「全日本新人染織展」に入選。以来、個展やグループ展をたびたび開く。4年前には自分の作品をはじめ、作り手が作品を発表できる場を設けたいと「ころも」を開設した。
「先人が残した素朴ですばらしい技法を伝承したい一心で作品を作っています。多くの人にご覧いただきたい」と三谷さん。


ホームギャラリー「ころも」くにたちは国立駅南口下車、スーパー「紀ノ国屋」の南角を右折、約100㍍先の右側。
《問》042−577−2571同ギャラリー。
http://www.shiborizome.net/

「江戸糸あやつり人形座」が下北沢での公演に40人ご招待

日本の伝統的な糸操り人形を継承する「江戸糸あやつり人形座」(小平市学園西町)が、3月、趣向の違う二つの公演を行なう。「火垂(ほた)るの墓−糸あやつり人形芝居」(杉並演劇祭参加)を3月2−6日、座・高円寺2(高円寺駅北口徒歩5分)で、「古典小劇場Ⅱ 壷坂霊験記(つぼさかれいげんき)・茨木」を3月17−21日、「劇」小劇場(京王井の頭線・小田急線下北沢駅徒歩5分)で上演する。「古典小劇場Ⅱ」に読者20人をご招待。

江戸糸あやつり人形座代表を務める結城一糸さん(62)は、1635年に旗揚げされた「糸あやつり人形 結城座」の10代目・結城孫三郎(後の結城雪斎)の三男として生まれ、5歳で初舞台を踏んで以来、人形遣いとして古典だけでなく、新作や翻訳作品にも取り組み、幅広いジャンルの人たちと競演してきた。2003年に独立。2005年に兄・田中純さん(74=元十一代目・結城孫三郎)と江戸糸あやつり人形座を設立した。

「火垂るの墓」は作家・野坂昭如が実体験を基に書いた代表作の一つ。太平洋戦争末期、二人だけで生き抜こうとした兄妹の物語だ。これまでにアニメ、映画、テレビドラマ、舞台化されているが、今回は糸あやつり人形と俳優の共演で上演する。「今回の企画を聞いた時、すでにいろいろな形で作品化されているので、どうしたものかと考えました。しかし人形が人間と共演することで、叙情的なものを排除して力強い文体で具体的な戦争を書こうとした野坂さんの世界に、これまで以上に近いものが見せられるのではないかと思い、公演に踏み切りました」と一糸代表。

アニメや人形劇だと叙情的に流れがちで、虚構という面が強くなる。一方、人間が演ずる演劇だと現実的になってしまう。「持っている空間の大きさの違う人形と人間が同じ舞台に立つことで、現実と虚構の中間にある第三の空間で演じる厚みのある舞台が生まれると思います」と言う。
座員のほか、三津谷葉子さん、鎌田翔平さんらが出演。演出は演劇集団円の山下悟さん。深草アキさんが生演奏する中国の古楽器「秦琴」の独特の音色が舞台を盛り上げる。

「古典小劇場Ⅱ」では、座頭の夫と妻の夫婦愛を描いた「壷坂霊験記」と、平安時代の武将・渡辺綱と悪鬼・茨木童子との戦いを描いた「茨木」を上演。田中純さんと一糸さん兄弟による1対1の競演が注目の的だ。「壷坂…」では田中さんが妻・お里を、一糸さんが夫・沢市を、茨木では田中さんが悪鬼を、一糸さんが綱を演ずる。今回は二人ともせりふを語らず、竹本綾之助さんの義太夫に合わせて演ずる本格的な人形浄瑠璃芝居を見せる。一糸さんは「九代目・結城孫三郎から遣い手がせりふをしゃべるようになったのですが、今回は兄とじっくり取り組みたいので原点に戻ることにしました。下北沢の若者たちに人形浄瑠璃に興味を持っていただけたらうれしい」と話す。


▼火垂るの墓 3月2−4日19時、5日14時と19時、6日14時。前売り4000円、当日4500円、大学生以下3000円。4歳児未満入場不可。《申》0570−084−003(Lコード:33980)ローソンチケット(24時間受付)。
▼古典小劇場 3月17日と18日18時半、19−21日14時半。前売り4000円、当日4500円、学生2500円。《申》0570−084−003(Lコード:33981)ローソンチケット(24時間受付)。

【ご招待】古典小劇場に毎日2人2組をご招待。ご希望日、住所、氏名、電話番号を書いて、〒187-0045小平市学園西町2-25-23第二コーポ村田101、またはメールacephale-yuki@ace.ocn.ne.jp江戸糸あやつり人形座へ、14日必着。
http://acephale.jp/江戸糸あやつり人形座】

「みち」から読み解く「まち」と「ひと」 武蔵野市の鈴木さんたち冊子「辻」出版。 26日の第3回むさしの環境フェスタで配布。

「歩きやすい道とはなんだろう」。そんな思いをきっかけに武蔵野の市民団体代表の鈴木圭子さんたちが人と道の流れの関係性についてまとめた冊子「辻」を昨年2月に出版した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


交差点を「人や文化が交わる重要な空間」とテーマの中心に置き、過去と現在、欧米との比較などを織りまぜながら理想の道の形を探った。26日に武蔵野市で開かれる環境問題を考える「第3回むさしの環境フェスタ」で来場者に配布する。


鈴木さんは緑を守ることを目的に05年に設立された市民団体「武蔵野R30.0プロジェクト」の創立メンバーだ。会の名称は都市の快適空間の目安である緑被率30%から決めた。

緑の多いまちづくりについて市民目線から考えてもらおうと情報誌「みちまちみどり」を同年に創刊。10年の11月まで19号を発刊している。発行部数は約1万部だ。


冊子「辻」はフルカラーA4版、16ページ。

東京都道路整備保全公社の助成金を受け制作された。
初版の500部は好評のうち配布を終え、新たに自分たちで1000部を増刷した。

「かつて、道が交わる場所は重要な公共空間でした」と鈴木さん。
行き交う人びとの憩いの場としての役割があったという。
多くの旧道の分かれ道には祠(ほこら)や井戸があり、その面影を残している。
しかし、時代が進むにつれ車中心の「交通機能としての場」へと変わっていった。 冊子では、交差点を形状による特徴や歴史など様々な視点から読み解き、役割の変化を追った。両表の表紙に英国ロンドンのスクランブル交差点と お地蔵さんが並ぶ昔ながらの「辻」の光景を用いて新旧の「辻」を対比させた。
「心地よく歩ける道には昔のようなゆったりとした空間づくりが必要なのでは」と鈴木さんは提案している。



第3回むさしの環境フェスタ
2月26日 午前10時半から午後16時まで。
開催場所は武蔵野市役所8階会議室 屋外会場
ホームページはhttp://www.city.musashino.lg.jp/cms/event/00/01/58/00015896.html当日は「みちまちみどり」のバックナンバーも配布する。

写真家・鍔山英次さんを迎えて 26日に公開講座

「トップリーダーの話を聞いてみよう」と、学術・文化・産業ネットワーク多摩が昨年5月から、連続公開講座「花と緑と知のミュージアム」を、昭和記念公園花みどり文化センターで開催。

7回目の2月26日は、元報道カメラマンで、武蔵野の野川など自然を題材とする写真を撮り続けている写真家・鍔山英次さん(80)が講師。鍔山さんの水を巡る写真は幻想的な美しさだけでなく、その環境をしっかり見据えた作品として名高い。今回は「多摩の湧水群と世界の水事情」というテーマで、都市化がもたらす河川の影響、気候変動と川霧の関係などについて話す。聞き手は、日本樹木医会副会長の椎名豊勝さん。


26日13時半—15時半。120人。無料。花みどり文化センターは、立川駅北口徒歩7分。《問》042—591—8540同ネットワーク多摩。

ディスカッション「女の職場」「男の職場」〜仕事と男女共同参画

男女共同参画について多くの人に考えてもらおうと、八王子市で2月26、27日に開かれる「女と男のいきいきフォーラム八王子」。その分科会で、ディスカッション『「女の職場」「男の職場」〜仕事と男女共同参画』が、同市クリエイトホールで27日に開かれる。


 日本にまだまだ存在する「男性中心」「女性中心」という意識の強い職場。そこに飛び込んで活躍する男性、女性がパネリストとして登場。JR東日本乗務員、保育士、社会保険労務士、看護師といった仕事に就く人たちが、自らの体験や現状の報告、悩み、将来の展望などについて語り、社会環境の現状への理解を深めてもらう。
コーディネーターは元アサヒタウンズ副編集長の山田優子さん。自らも学生時代から今年3月の廃刊まで地域新聞社で働いてきた経験を元に、これから就職や再就職を考えている人へ、男女がともに幅広い職種や業務で能力を発揮できることを伝える。


 ディスカッションは13時−14時半、八王子市クリエイトホール(八王子駅北口徒歩4分)。50人。無料。1歳から就学前の子どもの託児有り(15人、無料)。問い合わせ、申し込みは042−648−2230八王子市市民活動推進部男女共同参画課へ。ファックス(042−644−3910)、メール(b050900@city.hachioji.tokyo.jp)で申し込む場合は、講座名、参加する人全員の住所、氏名、年齢、電話番号、託児の有無(希望の場合は子どもの名前と年齢)を書いて送る。

日野市多摩平で新しく生まれ変わる街区の名前を募集中

日野市内に昭和30年代に建てられたUR(旧公団)団地の一角を民間事業者3社が現在、再生している。この街区の名称を一般から公募している。

これは独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)が多摩平団地を対象に一昨年(平成21年度)から進めている既存の団地を活用した「ルネッサンス計画2『住棟ルネッサンス事業』」で選ばれた株式会社コミュニティネット、たなべ物産株式会社、東電不動産株式会社が行っているものだ。

UR都市機構の団地再生事業によって全戸空室になっている豊田駅から歩いて8分、多摩平にある建物5棟を3社が借り受け、それぞれの事業の領域を生かし、建物の再生と緑やオープンスペースを再整備。既存の建物を活かせるところは残し、必要なところは新しくする方法で、そこに住む人をはじめ、地域住民にも開放、幅広い世代が集まる新しい街区を再生しようと取り組んでいる。5棟のうち2棟が高齢者向け(事業者・コミュニティネット)、1棟が貸し菜園を併設したファミリー向け(同・たなべ物産)、残る2棟が近隣の大学などに通う学生と若い社会人単身者向け(同・東電不動産)の機能を持つ賃貸住宅に生まれ変わる。また周辺にある既存の緑を生かした散策路などもある。

この街区にふさわしい、地域の人々に愛され続ける名前を命名してほしいと3社は呼びかけている。応募資格は日野市、多摩市、八王子市、立川市に在住・在勤・在学者、またこの計画趣旨に賛同する人。応募期間は2月15日まで。最終決定案の提案者(複数の場合は抽選)に賞金として5万円を進呈。パソコンからの応募か、はがきで郵送する。応募先を含めた詳細は街区名称募集特設ウェブサイトで。
http://r-tamadaira.jp/

■東京にしがわ大学が「いのち」の授業をシネマシテイで開催 

(C)2011「ジーン・ワルツ」製作委員会

ユニークな生涯学習を展開している市民団体「東京にしがわ大学」(酒村なを校長)の授業「これからの“いのち”の話をしよう!〜映画『ジーン・ワルツ』を通じて『生』を学ぼう! ムービー・イン・エデュケーション」が、2月12日10−13時、立川シネマシティ(立川駅北口徒歩5分。劇場未定)で開催される。


「生命誕生」をテーマにした話題の映画「ジーン・ワルツ」を鑑賞した後、参加者が「いのち」ついてグループディスカッションし、講師の井上レディースクリニック(立川市富士見町)院長で産婦人科医の井上裕子さんが夫婦、出産、家族のあり方、いのちなどについて話す。最後に全体でディカッションするという参加型の授業だ。

にしがわ大学は多摩地域の30市町村をキャンパスに見立て、誰でも気軽に参加できる受講料無料の授業を行ない、まちづくりや地域文化の発展を推進するプロジェクトとして、30代の男女が中心となって、昨年10月に開校した。現在、1000人以上が学生登録し、毎月第2土曜日に2、3本の授業を実施している。


鑑賞する作品「ジーン・ワルツ」は「チームバチスタの栄光」「ジェネラル・ルージュの凱旋」など医療ミステリーで知られる医師で作家の海堂尊の同名作品が原作。産婦人科を舞台に産科医療の闇に迫る衝撃作だ。主人公の天才医師を菅野美穂が演ずるほか、田辺誠一、大森南朋らが出演。監督は「NANA」などで知られる大谷健太郎。2月5日から全国公開される。


井上さんは産婦人科医として日々、出産に立ち会いながら、産科医療、体外受精を含む不妊治療にも取り組んでいる。その傍ら、NPO法人マザーシップの代表として、女性の健康フォーラムや親子教育イベント開催、乳がんの知識普及や検診推進運動のピンクリボンなど、様々な活動をしている。また「M.I.E.(ムービー・イン・エデュケーションの略)〜映画を通して『生』を学ぼう」をシネマシティと協力して開催していて、今回、にしがわ大学の授業として催すことになった。


同大広報担当の古川ゆかりさんは「映画の感想を話し合ったり、専門家からテーマに沿った詳しい話を聞くことで、学べることも多いはずです」と話す。


定員100人(にしがわ大学のHPから学生登録後、受講申し込み。登録代無料)。当日は9時半から受け付け、開始後の途中入場はできない。受講料無料、教材費として映画鑑賞券1500円(60歳以上の証明書提示で1000円。いずれも当日支払い)。《問》090−8105−8434同大事務局。

http://www.tokyo-nishigawa.net/

多摩CBフォーラム、多摩各地で開催中 2月26日にはシンポジウムも

まちづくりや子育て、都市農業など地域の問題をビジネスの手法で解決し、まちを元気にしようという「コミュニティビジネス(CB)」。


CBを実践している人、関心を寄せる人、支援する立場の人たちなどが参加する「多摩CBネットワーク」(事務局・立川市)が、1月と2月、多摩各地で「多摩CBフォーラム2011」を開催している。。15カ所で社会貢献や地域資源、認知症など様々なテーマの分科会を開いて、地域の人々と話し合うほか、2月26日には国分寺市内で「多摩CBシンポジウム」を開催。B級ご当地グルメと小さな企業の社会貢献からまちを元気にするプロデュース力を学ぶ。


「多摩CBネットワーク」は2009年1月に広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会と多摩信用金庫の主催で開かれた「多摩CBシンポジウム」の参加者で結成されたネットワークだ。NPO法人シニアSOHO普及サロン・三鷹前代表理事の堀池喜一郎さん、NPO法人Mystyleこだいら代表理事の竹内千寿恵さんらが世話人となり、現在、230人(1月31日現在)が登録。メーリングリストを使った情報交換やオフ会などの活動を通して、新しいつながりを生んでいる。世話人の一人、多摩信用金庫価値創造事業部部長・長島剛さんは「多摩の新住民だった団塊の世代が定年を迎えて、地域に目を向け、つながりを求めるようになってきました。その中には様々な道のプロがいます。少しずつ力を出し合うことで大きなことができます」。


ネットワークを結成して3年目に入るのを機に、これまでの集大成と次のステップへのキックオフとなるフォーラムを企画した。事務局を務める多摩信用金庫価値創造事業部地域支援担当の箕輪和代さんは「具体的な事例を聞くことで、活動のヒントを持ち帰っていただきたい」と話す。




■多摩CBシンポジウム まちを元気にするプロデュース力を学ぶⅡ
26日13−18時、東京経済大学2号館(国分寺駅南口徒歩12分)。第一部は基調講演で、B級ご当地グルメ「富士宮やきそば」で静岡県富士宮市を全国区のまちに変えたNPO法人まちづくりトップランナーふじのみや本舗代表理事で、富士宮市総合調整室長兼フードバレー推進室長の渡辺孝秀さんが「行政主導から市民主導へ〜まちづくりは面白い〜」の題で話す。続いて京都市にあるオフィス向け文具販売会社「株式会社カスタネット」代表取締役社長・社会貢献室長の植木力さんが「小さな会社のCSRとコミュニティビジネス」の題で同社が取り組む社会貢献について話す。第二部は15カ所で開催された分科会のプレゼンテーションで、シンポジウム参加者の投票で、優秀な発表を表彰する。会場には多摩各地の団体のPRコーナーも設けられる。300人募集。参加費1000円。18時からは交流会も(2000円)。《申》http://tamacb.blog38.fc2.com/多摩CBネットワーク。
 
2月21日まで開催される分科会については「暮らしの情報」の「講座講習」欄参照。

環境教育の拠点守ろう―日野市と日本野鳥の会がより強固な連携協議

WINGは、地域の幅広い層に利用されている

日野市の馬場弘融市長と財団法人日本野鳥の会の柳生博会長らが、日野市南平にある日本野鳥の会の環境教育施設「鳥と緑の日野センター(愛称:WING)」の活用について意見を交わす管理運用協議会が昨年末、日野市役所で開かれた。

この協議会は、市有地に同センターが1997年に開設されて以来、行政と環境NGOの連携を探っていこうと、日野市と日本野鳥の会の間で毎年1回開かれており、今回で14回目。

柳生会長は、会の財政が厳しく配置できる人員も少ないなか、日野市や多摩地域の環境教育の拠点としてWINGの事業充実に努めていることを説明。収蔵している野鳥や自然に関する図書

協議会では、馬場市長(左から2人目)と柳生会長(右から3人目)らが活発に意見を交わした

の質と量は全国でトップクラスであり、さらに市民に活用してほしいと希望した。

馬場市長からは、このところWINGの市民利用が増え、地域に定着してきたことへの感謝と、これからもWINGの継続・発展のために一緒に頑張っていきたい、市立図書館との連携の模索や、実験的に期間を区切って市の職員をWINGに派遣するなども試みたいという提案があった。

今回の協議会の結果を受け、同会と市とは実務担当者間で協力しながら、市長提案の具体化に取り組んでいく予定だ。

ゴダイゴのギタリスト・浅野孝已さんが指導するギター講座が2月13日スタート

「銀河鉄道999」「ガンダーラ」「モンキーマジック」などのヒット曲で知られるロックバンド「ゴダイゴ」のギタリスト、浅野孝已さん(59)が指 導するエレクトリックギター講座が、2月13日から西東京市で始まる。コミュニティラジオ放送局「FM西東京」が主催するもので、発表会ライブの模様を同 局でオン・エアするほか、受講者は同局の番組で使用するBGMの作成に参加することもできる。2月5日まで受講者を募っている。

浅野さんは10代からバンド活動を始め、1976年、ゴダイゴの結成に参加。数々のヒットを飛ばし、ゴダイゴ解散後はゲーム・ミュージックや岡本真夜の プロデュースなど様々な分野で活躍。2006年にゴダイゴの本格再始動に参加する一方、別のミュージシャンと組んでライブ活動などを盛んに行なっている。

FM西東京では開講中の「アナウンス講座」に続く新しい講座を開講しようと、同局の音楽番組でパーソナリティーを務めるギタリストの澤山休(きゅう)さん(46)が中心になって音楽講
座の企画を練っていたところ、伝説のギタリスト浅野さんが西東京市に近い小平市に住んでいると聞き、早速、講師を依頼した。「快く引き受けてくださいました」と澤山さん。

講座は2月13日から毎月第2・4日曜日の13時20分、15時20分、17時20分から各90分、FM西東京内(西武新宿線田無駅北口、郵便局向かい からシャトルバス)で6カ月間開講する。1回目と2回目がギターを初めて持つ人や久しぶりに演奏を再開したいという初心者対象。3回目は技術向上を目指す 中級者を対象にしている。受講料は1カ月1万8000円。ギターは持参。

すでに初級に9人、中級に4人が応募していて、学生から、仕事が一段落して演奏活動に身を入れたいという60代、大のゴダイゴファンなど様々。女性も5人いる。澤山さんは「FM西東京と浅野さんとのコラボ企画で、地域を盛り上げたい」と意気込む。

1月29日13時と15時からアスタ2階センターコート(田無駅北口前)で開催される「ジャズ・イン・アスタ」に浅野さんが出演し、トーク&ライブを行なう(無料)。


《申》電子メールで、件名に「ギター講座受講希望」と書き、本文に①氏名②電話番号③FAX番号(あれば)④メールアドレス(返信先のメールアドレスが別の場合は必ず記入)⑤住所⑥希望する講座は初級か中級か⑦希望する講座時間帯を記入の上、メール842fm@west-tokyo.co.jpエフエム西東京ギター講座係・澤山さんへ。《問》042-451-2630、またはメール842fm@west-tokyo.co.jpエフエム西東京 ギター講座係・澤山。
http://842fm.west-tokyo.co.jp/

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ