多摩のトピックス

むさしの市民平和月間2016 11月24日まで武蔵野市で開催

太平洋戦争中の1944年11月24日、武蔵野市(当時・武蔵野町)にあった東日本で最大の軍需工場、中島飛行機武蔵製作所は米軍の初空襲を受け、以来、敗戦までに計9回の空襲で、学徒動員された女子学生ら多くの犠牲者を出した。武蔵野市ではこの日を「武蔵野市平和の日」に制定していて、この日の前後を「むさしの市民平和月間」として、さまざまなイベントが行われる。

 

▼憲法学習会=11月10日19時、武蔵野市本町コミュニティセンター(吉祥寺駅東口徒歩3分、ヨドバシカメラ裏)。レポートをもとに話し合う。武蔵野憲法ゼミナール主催。《問》0422-22-4227伊藤。

 

▼平和って何だろう=11月11日13時、みどりの縁側(三鷹駅北口バス、武蔵野営業所下車。グリーンパーク商店街内)。大野田福祉の会主催。《問》0422-53-9936白石。

 

▼教育カフェ「平和教育の授業を体験しよう」=11月13日10-12時、武蔵野市ふるさと歴史館(武蔵境駅北口からムーバス、武蔵野ふるさと歴史館下車)。中学校教員が模擬授業「私たちの街であった戦争~中島飛行機武蔵製作所への爆撃~」を行う。参加費100円(資料代、茶菓子代)。武蔵野の教育を語る会主催。《問》080-3410-8548服部。

▼脱原発と平和を求める市民デモ=11月13日(雨天決行)13時半、吉祥寺西公園(吉祥寺駅公園口徒歩10分、スーパー「紀ノ国屋」北側)集合。同公園-井の頭通り-西口交番-吉祥寺通り(東急デパート前)-吉祥寺新道(コピス前)-吉祥寺大通り(ヨドバシカメラ前)-井の頭通り(東急イン前)-武蔵野公会堂-南公園(ルネ吉祥寺前の小公園=吉祥寺駅公園口徒歩5分)で15時ごろ解散。途中参加、途中離脱可。プラカード、ノボリ旗、ゼッケンなど持参。脱原発と平和を武蔵野市からすすめる市民の会主催。《問》0422-36-0415砂川。

▼フクシマを思うシリーズ19「ハミガキするように社会の事を考えよう-知りたがり芸人が原発事故を徹底取材」=11月15日19時、光専寺本堂(吉祥寺駅中央口徒歩8分)。2011年3月11日の東京電力福島第一原発事故以来、東電の記者会見、省庁や地方自治体の会見、議会、検討会、学会、シンポジウムを取材し続けている夫婦漫才・ジャーナリストの「おしどりマコ&ケン」が話す。女優・金子あいさんの「震災詩」の朗読、バイオリニスト・太田恵資さんの演奏も。チケット2000円(大学生500円、高校生以下無料)、要予約。入場料の一部は「未来の福島こども基金」に寄付する。《問》090-2474-7911鎌内。【https://www.facebook.com/fkomou/

▼シンポジウム「今、言論・表現の自由のために」=11月16日19時-21時半、武蔵野スイングホール(武蔵境駅北口前)。元朝日新聞記者・植村隆さん、弁護士・神原元さん、東大名誉教授・醍醐聰さんが話す。資料代500円(高校生以下無料)。むさしの憲法市民フォーラム主催。《問》0422-21-7705高木。

▼沖縄の現実と、いま、私たちができること=11月20日15-17時、東京YWCA武蔵野センター(三鷹駅北口徒歩3分)。映像による沖縄の現地報告、沖縄YWCA会長で「普天間基地ゲート前でゴスペルを歌う会」奏楽担当の糸洲のぶ子さんの講演、武蔵野市民の取り組み発表、参加者の意見など。定員50人(要予約)、参加費500円。《申》0422-52-3881、またはEメールmusashino@tokyo.ywca.or.jp 同センター。

▼市民PEACEフェス=11月22日16時、19時半の2回、武蔵野芸能劇場(三鷹駅北口前)。市民による朗読劇「麦畑になれなかった屋根たち」(原作は同名の絵本で文・藤田のぼる、絵・永島慎二)、絵本・紙芝居の読み聞かせ(16時は作家・志茂田景樹さん、19時半は漫画家・伊藤理佐さん)、馬頭琴演奏家・美炎MIHOさん、ジャンベ演奏家・菊地秀樹さんのミニライブ。チケット1500円(18歳以下無料)。企画集団A-A’主催。《申》090-3599-8857、またはEメールkikakushudan.aa@gmail.com企画集団A-A’。【https://www.facebook.com/hikarutoki2015/

「ヤマネコ祭2016」 井の頭自然文化園で10月29日、30日開催

井の頭自然文化園では長崎県対馬に生息する絶滅危惧種ツシマヤマネコの保護と繁殖に取り組んでいる。今年も「ヤマネコ祭」が10月29日、30日10時-16時半に開催され、「野生動物を守る取り組みを知ってもらう~団体の活動紹介展」「大きな巣箱と対馬の自然-ヤマネコの気持ちになってみよう」「ツシマヤマネコエアドーム」「ヤマネコミニ特設展」などさまざまなイベントが行われる。

 

【芝生広場イベントテント】

▼ヤマネコ環境教育プログラム「安心するには近すぎる」(15分間)=両日10時45分、15時。

▼ヤマネコ環境教育プログラム「この森に住めるのは何頭のヤマネコ?」(45分間)=両日12時半、15時半

▼ヤマネコおはなし会(30分間)=両日11時半、14時。

 

【ヤマネコワークショップ】

▼ヤマネコを描こう!青空お絵描き教室=29日13-15時(時間内受付)。講師は野生動物画家・岡田宗徳さん。

▼ヤマネコストラップをつくろう=30日11時半。先着50人。

▼ヤマネコキーホルダーを作ろう=30日12時半、13時半、14時半。講師は鈴木動物園前さん。各回20人。作品渡しは15時以降。

【ヤマネコフェイスペインティング】両日11-12時、13時半-14時半。

 

【ヤマネコ講演会】

▼対馬自然写真研究所代表・川口誠さん「国境の島の動物たち」=29日14-15時。

▼井の頭自然文化園飼育展示係・唐沢瑞樹さん「井の頭自然文化園でのツシマヤマネコ飼育10年」=30日14-15時。

 

【ヤマネコ舎前】

▼飼育係のいきものガイド@ヤマネコ祭=両日13時から。

▼ボランティアのヤマネコガイド=両日11-12時、13時半-14時半。

 

【彫刻館B館ヤマネコ映像祭】

▼“タヌキの目線”で考えよう(60分)=両日11時半、14時。野生動物専門病院「福島県鳥獣保護センター」の獣医師の物語。

▼大地的孩子-小石虎返家之路(大地の子ども-小さなタイワンヤマネコが故郷に帰るまで)(30分)=両日10時半、12時半、15時半。

【ヤマネコ前の小さなお家・】

 

吉祥寺駅公園口から徒歩10分。9時半-17時開園(入園16時まで)。入園料400円(中学生150円、65歳以上200円、小学生以下と都内在住の中学生無料)。

 

《問》0422-46-1100同園。

https://www.tokyo-zoo.net/temp/news/2016_09_23_Ino_Yamaneko_Festival2016.html

謎の抒情画家 「生誕120年記念 小林かいち」展 9月25日まで吉祥寺美術館で開催

海外コレクターによる日本の絵葉書展で二十数年前から注目されたが、経歴などが不明だったことから「謎のデザイナー」「謎の抒情画家」と呼ばれた図案作者、小林かいち(1896~1968)。「生誕120年記念 小林かいち」展が9月25日まで武蔵野市立吉祥寺美術館で開催されている。

 

京都友禅図案家だった小林かいちは、大正末期から昭和初期にかけて起こった絵葉書ブームの中で、京都・新京極の土産物店「さくら井屋」が版行した木版摺りの絵葉書・絵封筒の図案を担当。アールメデコや未来派といった舶来のスタイルに着想を得た細身の女性像と十字架や教会、トランプなどを組み合わせたデザインが若い女性から人気を集めた。 同展では群馬県にある「伊香保 保科美術館」所蔵のかいちコレクションの中から、さくら井屋発行の絵葉書・絵封筒を中心に500点以上を展示している。

 

【関連イベント】 講演「小林かいちと少女文化-少女お手紙から谷崎潤一郎まで」=8月27日14時-15時半。講師は日本絵葉書会会長で大正・乙女デザイン研究所所長の山田俊幸さん。定員80人(申し込み先着順。電話または直接窓口へ)。

 

10時-19時半開館。8月31日休館。入館料100円(小学生以下、65歳以上、障がい者無料)。

 

《問》0422-22-0385同美術館。

http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/

夏休みはたましん歴史・美術館の「どうぶつ美術館」へ 9月4日まで開催

 

 

「どうぶつ」を探したり、「どうぶつ」の気持ちになりきったり、「どうぶつ」を想像しながら、絵画や彫刻、陶芸などの作品を楽しむ展覧会「どうぶつ美術館」が、国立駅前のたましん歴史・美術館(多摩信用金庫国立支店6階)で9月4日まで開催されている。

 

この展覧会は動物をテーマに「見つける」「比べる」「観察する」という三つのステップで、虎や馬、牛やヤギから猫や鳥、魚、カエル、昆虫、伝説の龍まで、

さまざまな動物が描かれたり、かたどったりしている美術品を鑑賞する。

8月27日14時から中学生を対象に学芸員が作品を解説するギャラリートーク(無料)開催。

 

9月4日まで(月曜、祝日休館)10-18時(入館17時半まで)開館。

入館料100円(中学生以下無料)。

《問》042-574-1360同館。

http://www.tamashin.or.jp/r_bijutsu/

井の頭自然文化園とユニクロ吉祥寺店コラボ企画 「おえかきZOOズー-どうぶつたちを描いてみよう」       7月18日まで開催

 

 

井の頭自然文化園で動物をスケッチ。希望者は有料でTシャツにプリントできるイベント「おえかきZOO」が、7月18日まで(月曜休園、雨天中止)同園で開催されている。

同園とユニクロ吉祥寺店によるコラボ特別企画で、期間中、9時半-16時、正門を入ったところでおえかき用紙を無料で配布し、画板とクーピー、色鉛筆を無料で貸し出す(17時まで)。画材は持参も可。

描いた絵は持ち帰れるほか、ユニクロ吉祥寺店に持参するとTシャツにプリントしてもらえる(大人用1990円、子ども用1790円。いずれも税抜き価格)。Tシャツを申し込んだ人にはオリジナルポストカードのプレゼントも。

 

開園時間9時半-17時(入園16時まで)。

入園料400円(中学生150円、65歳以上200円、小学生以下と都内在住の中学生無料)。

《問》0422-46-1100同園。

《問》0422-28-0160ユニクロ吉祥寺店。

http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ino/

 

ドキュメンタリー映画会「アースビジョン多摩」  20日に多摩市で開催

「自然との共生」をテーマにしたドキュメンタリー映画を上映する「アースビジョン多摩」が2月20日13-20時、パルテノン多摩小ホール(京王相模原線・小田急多摩線・多摩モノレール多摩センター駅徒歩5分)で開催される。2005年から毎年開かれていて、今年で12回目になる。

 

今回上映するのは、小さな虫たちを主役に描いた短編アニメシリーズの劇場版「ミニスキュール~森の小さな仲間たち~」(2013年、フランス作品=13時と17時10分から)と、米国カリフォルニアで遊休地を畑にしようとする運動を描いた「都市を耕す-エディブル・シティ」(2014年、米国作品=14時40分と18時50分から)の2本。

市民トーク「多摩の地で栽培から食卓まで」(15時50分から)では、カエルとカマキリを使った完全無農薬野菜栽培を手掛ける「相澤農園」園長の柳澤孝一さんが「多摩村時代の農業・現在の多摩市の農業」の題で、生ごみを回収してたい肥を作るコミュニティガーデン「せせらぎ農園」を主宰する佐藤美千代さんが「地域の居場所となる農園づくり」の題で、恵泉女学園大学人間社会学部教授で教育農場長の澤登さなえさんが「教養教育としての有機園芸実習・食と農と環境をつなげ、人を育てる教育」の題で話す。

入場無料。EARTH  VISION多摩実行委員会、東京がす多摩支店主催。

《問》050-5891-1977たえのは事務局。

http://taenoha.com/ev

また20日と21日10-17時、パルテノン多摩特別展示室で「多摩エコ・フェスタ2016」が開催される。入場無料。

 

井の頭自然文化園でコンサート「February Concert at the Zoo」     2月の毎週日曜日開催

井の頭自然文化園(吉祥寺駅公園口徒歩10分)では恒例の彫刻館でのコンサートを、2月の毎週日曜日13時半-15時(7日のみ15時半まで)彫刻館B館で開催する。文化勲章受賞者の北村西望の重厚な作品に囲まれながら、クラシックからポップスまで様々なジャンルの音楽が楽しめる。

▼7日=D年オーケストラ第2回定期演奏会。東京藝大音楽学部生の演奏と、美術学部生の美術作品がコラボレーション。

▼14日=歌手・遊佐未森さん、ピアニスト・大口俊輔さんが動物たちの歌を披露。

▼21日=井の頭自然文化園ぴあの音楽會~動物の奏でる音楽~。ピアニストで作曲家の妹尾武さんがオリジナル曲を演奏。

▼28日=作曲家・久石譲さんの娘、歌手・麻衣さんとギタリスト・大坪純平さんが出演。

 

全席自由150席。無料(ただし入園券必要)。入場整理券を各日9時半-12時、正門前広場で配布(再入園も可能)。

入園料400円(中学生150円、65歳以上200円、都内在住の中学生と小学生以下無料)。

《問》0422-46-1100同園。

https://www.tokyo-zoo.net/zoo/ino/

 

「生誕110年記念 三岸節子展 私は燃えつづける」 12月27日まで吉祥寺美術館で開催

 

「花」(1989年)

 

男性中心だった日本の洋画壇に新たな息吹を吹き込み、女性画家の地位向上に努め、生涯、精力的に描き続けた画家、三岸節子(1905-1999)。その画業をたどる「生誕110年記念 三岸節子展 私は燃えつづ続ける」が12月27日まで武蔵野市立吉祥寺美術館で開催されている。

 

三岸節子は愛知県出身。女子美術大学を首席で卒業した年、洋画家・三岸好太郎と結婚。翌年、春陽会第3回展に「自画像」を出品し、女性として初めて入選。婦人洋画協会の結成に参加する。その後、独立美術協会、新制作派協会などへの入選を重ねる。戦後の1947年、女流画家協会の設立に発起人として参加。63歳からフランスに居を構え、84歳で帰国するまで滞在。94年、女性洋画家として初の文化功労者となる。

今回の展覧会では油彩画のほか素描、装丁本、パレットなど約80点を展示。 写真は「花」(1989年作品(。

▼講演会「三岸節子を語る」=12月12日14時-15時半。孫の三岸太郎さんが節子のたどった地の風景や作品などのスライドを上映しながら、節子の生涯と作品について話す。申込先着順90人(電話または美術館受付で申し込む)。参加無料だが入館券必要。

12月27日まで10時-19時半開館。入館料100円(小学生以下、65歳以上、障がい者無料)。

吉祥寺駅北口徒歩3分、コピス吉祥寺A館7階。

《問》0422-22-0385同館。

http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/

絵画でたどる「生誕100周年 串田孫一」    1月17日まで小金井市立はけの森美術館で開催

 

 

「ひとりでやまへいったケン」(福音館書店「こどものとも」1961年8月号)

 

自然を愛し、1958年から亡くなるまでの47年間、小金井市に住んだ哲学者で詩人、エッセイストの串田孫一(1915ー2005)。その足跡を、油彩画、スケッチ、絵本原画などでたどる「生誕100年周年 串田孫一」が、1月17日まで中村研一記念小金井市市立「はけの森美術館で開催されている。

串田は東京都に生まれ、中学時代から山登りを始め、東京帝国大学哲学科在学中から山岳誌などで詩や随筆を発表。1938年、大学の山岳部での活動から生まれた処女短編集「白樺」をが出版。東京外国語大学で教える傍ら、1958年、詩人・尾崎喜八らと山の文芸誌「アルプ」を創刊し、83年の終刊まで編集責任者を務める。東京外国大学を退官した1965年から30年間、1500回にわたり、FM東京の番組「音楽の絵本」のパーソナリティーを務めた。

著作は山岳文学、画集、小説、人生論、哲学書、絵本、翻訳と多岐にわたり、その数は500冊以上にのぼる。

▼ギャラリーコンサート=12月19日、1月9日14-15時。小金井市民オーケストラ有志が出演。各日先着20人。無料(ただし観覧券必要)。

1月17日まで10-17時(入館16時半まで)開館。

休館日は毎週月曜日(ただし1月11日開館、12日休館)と12月28日-1月4日)。

観覧料500円(小中学生200円、未就学児と障害者手帳持参無料)。

武蔵小金井駅南口から徒歩15分。

《問》042-384-9800同美術館。

https://www.city.koganei.lg.jp/kakuka/shiminbu/shiminbunkaka/hakenomori/hakenomori_top.html

 

三鷹いのちと平和映画祭 11月28日、29日開催

 

 

 

「第7回 三鷹いのちと平和映画祭~緑の町・三鷹から平和の環を広げよう~」(三鷹いのちと平和カツドウ主催)が11月28日15時からと29日10時から「癒しと創造のスペース沙羅舎」(三鷹駅南口から玉川上水沿い徒歩5分)で開催される。今年のテーマは「つながり、つながる…いのちのわ」。命や平和をテーマにしたドキュメンタリー作品3本を上映し、監督やスタッフを囲むイベントが開催される。

 

【28日】

▼15時-17時5分=「うまれる ずっと、いっしょ」上映。豪田トモ監督、2014年製作。50万人以上動員したヒット作「うまれる」(2010年)の監督とメーンスタッフが、4年の歳月をかけて完成させた、「家族」をテーマにした作品。

▼17時5分-18時=歓談。

【29日】

▼10時-12時5分=「うまれる ずっと、いっしょ」上映。

▼13時15分-13時40分=「4 YEARS  ON(あれから4年)」上映。早川由美子監督、2015年製作。東日本大震災をきっかけに出現したストリート・アーティスト、281_Anti  nuke。原発事故、放射能汚染、東電、日本政府などをモチーフにした絵を渋谷の街中に張り付ける活動を追った作品。

▼13時40分-14時20分=早川監督を囲んで。司会は「やさい村」(三鷹市)を経営する大友映男さん。

▼14時35分-16時35分=「小さき声のカノン-選択する人々」上映。鎌仲ひとみ監督、2014年製作。「六ヶ所村ラプソディー」で知られる鎌仲監督の最新作。福島とチェルノブイリ、国境を越えて「被ばく」から子どもを守る母親たちを追った作品。

▼16時50分-17時50分=「小さき声のカノン」製作スタッフを囲んで。カメラウーマン・岩田まき子さん、助監督・宮島裕さんが出席。司会は大友映男さん。

▼18時から=懇親会。参加費3000円。要予約。

 

チケットは28日券・前売り1000円、当日1500円、29日券・前売り2000円、当日2500円。2日間通し券前売りのみ2500円。いずれも大学生、障碍者、65歳以上、東日本大震災被災者、やさい村村民会員は前売り料金、高校生以下と障碍者介護者無料。

《申》前売りは27日まで0422-47-6639やさい村(11-17時)、またはEメールinfo@mitakaff.comへ申し込み、料金を振り込む。

http://www.mitakaff.com/

 

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ