多摩のイベント情報

■ 酒井恵理子個展

 

10月25-30日11-18時(最終日17時まで)アートスペース88(国立駅南口徒歩3分)。酒井さんが日本画材で制作したアメリカ・ニューメキシコ州の植物、風景画などを出品。

《問》042-577-2011同スペース。

https://artspace88.jimdo.com/

■ 海野次郎展

10月25日-11月6日10-17時(最終日13時まで)たましんギャラリー(立川駅北口徒歩5分、多摩信用金庫本店9階)。水墨画家の海野さん(奥多摩町)は1952年生まれで、京都市立芸術大学美術学部日本画卒業。水墨画は独学で学んだ。

▼ギャラリートーク「なぜ日本画なのか、水墨画なのか」=27日、28日14時。

《問》042-526-7717同ギャラリー。

https://www.tamashin.or.jp/gallery/

 

■ 水彩で渓流を描く 高取順一作品展

 

10月18-23日11-18時(最終日17時まで)アートスペース88(国立駅南口徒歩3分)。高取さんの3年ぶり3回目の個展。50号2点、30号3点、20号4点ほかを出品。

《問》042-577-2011同スペース。

https://artspace88.jimdo.com/

 

■ 桜田晴義油彩画展

「浅間山」

10月17-24日11-18時(最終日17時まで)画廊岳(国立駅南口徒歩3分)。桜田さんは1945年、中国東北部に生まれ、武蔵野美大油彩科卒業。1973年、スペインのマドリッドに渡り、以後、30年間住む。77年、第1回スペイン日本人作家選抜展グランプリ受賞。

《問》042-576-9909同画廊。

http://kunitachi-gallery.net/members/gaku/

■ 子ども絵本まつり

10月21日13時半-16時、はちのこ保育園(武蔵境駅南口バス、大沢下車)。いろいろな国の言葉での絵本の読み聞かせと絵本づくりワークショップ、チャリティー古本市(絵本、一般書、文庫など)。古本募集(当日12-15時に持参。売り上げは子ども教室の活動資金になる)。ピナット~外国人支援ともだちネット主催。

《問》080-4166-5498ピナット。

http://pinatmitaka.wixsite.com/pinat

■ 日本語&学習支援ボランティア研修

外国にルーツのある子どもが増えている。様々な文化的背景を持つ子どもを地域で支え、育てるために研修会が開かれる。

▼上映会「さとにきたらええやん」&ノンフィクションライター・北村年子さんトーク=10月20日14時-17時15分、日本基督教団東美教会(吉祥寺駅北口徒歩12分)。「さとにきたらええやん」は日雇い労働者の町・釜ケ崎で38年間続く子どもの集い場「こどもの里」を記録したドキュメンタリー映画。北村さんはホームレス問題の授業づくり全国ネット代表理事で、第6回女性人権活動奨励賞やよりジャーナリスト賞受賞。子育て支援や自己尊重トレーニングの講師としても活躍。参加費1000円(学生700円)。定員80人。

▼パネルディスカッション「様々な文化的背景を持つ子どもを地域で支え育てるために、連携する支援体制を」=10月27日14時-16時半、東京YWCA武蔵のセンター(吉祥寺駅北口徒歩10分)。パネリストは武蔵野市教育委員会帰国・外国人教育相談室の伊藤正子さん、武蔵野市国際交流協会の薦田庸子さん、ピナット~外国人支援ともだちネット(三鷹市)の出口雅子さん、外国にルーツのある子どもへの日本語・学習支援をする東京YWCAいちごの経山橋本匡子さん。参加費800円(学生500円)。定員35人。

《申》0422-27-5871(水-土曜日)、またはメールmusashino@tokyo.ywca.or.jp東京YWCA武蔵野センター。

 

■三鷹市美術ギャラリー開館25周年「横山操展~アトリエより」

10月14日まで10-20時(入館19時半まで)三鷹市美術ギャラリー(三鷹駅南口前、コラル5階)。日本画家で元多摩美大日本画科教授の横山操(1920-1973)は、新潟県に生まれ、画家を志して14歳で上京し、画業に励んでいたが、20歳で召集され、30歳までの10年間を戦争とシベリア抑留で失う。復員後は日本画家、川端龍子が主宰する青龍展を中心に活躍し、日本画の改革者として名を馳せた。1959年、自宅とアトリエを三鷹市大沢に建て、亡くなるまで過ごした。三鷹市美術ギャラリーは1993年、開館記念展を企画したのに続いて、今回2回目の作品展を開催。アトリエに遺された未陳作品や愛用品などを展示している。

観覧料600円(65歳以上と高校大学生300円、中学生以下と障害者手帳持参者無料)。

《問》0422-79-0033同ギャラリー。

http://mitaka-sportsandculture.or.jp/gallery/

 

 

■ 佐藤亮 色絵磁器展

 

 

10月6-13日11-18時(最終日16時半まで)画廊岳(国立駅南口徒歩3分)。陶芸家の佐藤さんは1946年、新潟市生まれ。早稲田大学卒業後、陶芸家を志す。1980年、日本伝統工芸展初入選、84年、日本工芸会正会員となる。各地で個展を開く。

《問》042-576-9909同画廊。

http://kunitachi-gallery.net/members/gaku/

 

■ 谷 充央展

会場風景

 

10月14日まで(木曜休廊)12-19時(最終日17時まで)ぎゃらりー由芽(いずれも三鷹駅南口徒歩8分)。谷充央(みつお)さんは1945年、東京生まれ。個展のほか、国内とドイツ、韓国などの現代美術展に出品。今回は50号大2点と30号大2点の紙作品と、30号キャンバス2点、小品を出品。

《問》0422-47-5241同ギャラリー。

http://galleryyume.web.fc2.com/

 

■ 吉田ももこ個展-真昼の星-

10月9日まで10-17時(最終日13時まで)たましんギャラリー(立川駅北口徒歩5分、多摩信用金庫本店9階)。画家の吉田さんが出品。

《問》042-526-7717同ギャラリー。

https://www.tamashin.or.jp/gallery/

 

 

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ