多摩のイベント情報

■ 堀尾貞治展-あたりまえのこと-

 

昨年の展覧会より

 

6月19日まで(木曜休廊)12-19時(最終日16時まで)ギャラリー由芽とギャラリー由芽のつづき(三鷹駅南口徒歩8分)。堀尾さん(兵庫県)は1965年から1972年まで具体美術協会会員。85年ごろから「あたりまえのこと」のテーマで年間100回に及ぶ個展、グループ展、パフォーマンスなどで活動中。

《問》0422-47-5241同ぎゃらりー。

http://galleryyume.web.fc2.com/

■ 東京雑学大学6月講義(後半)

▼16日14時、西東京市市民会館(西武新宿線田無駅北口徒歩7分)=NPO法人終活支援センター代表・有馬将由さんの「自分の終活を見つめる」。

▼30日14時、西東京市市民会館(西武新宿線田無駅北口徒歩7分)=元「暮らしの手帖」編集部員・加川厚子さんが「『暮らしの手帖』創始者 大橋鎭子さんのこと」の題で「とと姉ちゃん」のモデルについて話す。

 

受講料各回500円。

《問》042-465-3741浅田、0422-52-0908菅原。

http://tzatudai.ec-net.jp/

■ 脱原発と平和を求める市民デモ

6月19日(雨天決行)13時半、吉祥寺西公園(吉祥寺駅公園口徒歩10分、スーパー「紀ノ国屋」北側)集合。同公園-井の頭通り-西口交番-吉祥寺通り(東急デパート前)-吉祥寺新道(コピス前)-吉祥寺大通り(ヨドバシカメラ前)-井の頭通り(東急イン前)-武蔵野公会堂-南公園(ルネ吉祥寺前の小公園=吉祥寺駅公園口徒歩5分)で15時ごろ解散。途中参加、途中離脱可。

プラカード、ノボリ旗、ゼッケンなど持参。脱原発と平和を武蔵野市からすすめる市民の会主催。

《問》0422-36-0415砂川。

■ 冨田江里子さん帰国報告会「フィリピンの小さな産院から」

6月21日15時-16時半、オーガニックカフエ「はちのみいこっと」(武蔵境駅南口バス、大沢下車)。冨田さんはフィリピンで緑化支援のNGOメンバーとして活動していたが、女性たちの死産が多いことから助産施設を開院して19年になる。未婚の10代の女性や貧しい地域住民の駆け込みクリニックとして忙しい日々を語る。

参加費1000円とカフェで一品注文。定員15人。要予約。

《申》0422-34-5498、またはEメールhachinoko@ba2.so-net.ne.jpピナット~外国人支援ともだちネット事務局。

https://www.facebook.com/events/749280878547876/

 

■ 気配のある部屋-室内で描くということ

6月26日まで(月曜休館)10-18時(入館17時半まで)たましん歴史・美術館(国立駅南口前、たましん国立支店6階)。静物をテーマとした作品、モデルにポーズをさせて描いた作品など、「室内画」と総称される作品を展示。出品作家は武者小路実篤、倉田三郎、関頑亭、鈴木亜夫ほか。

入館料100円(中学生以下無料)。

《問》042-574-1360同館。

http://www.tamashin.or.jp/r_bijutsu/exhibition.html

■夏の景色展

6月21日-26日11時-18時(最終日17時まで)、ギャラリー・スペースことのは(八王子駅南口徒歩10分)。
北平幸男さんの陶(明り、器)、北平淑子さんのベスト・アクセサリー、箱田友眞さんの鞄、皮小物、林きよ子さんの染、紡ぎ、織の作品が並ぶ。
≪問≫042-655-3351同ギャラリー。
http://www.gs-kotonoha.jp/

■ アトリエグレープフルーツ2人展

 

 

6月30日まで(第1・3月曜休廊)9時-21時半(最終日15時まで)ゆう桜ケ丘ギャラリー(京王線聖蹟桜ヶ丘駅バス、桜ケ丘4丁目下車、多摩市桜ケ丘コミュニティセンター内)。アトリエグレープフルーツ(小島顕一さん主宰=練馬区)で創作を始めて7年になる田村明日香さんが平面作品を、12年になる井坂奈津子さんが立体を出品。

《問》042-338-7121同コミュニティセンター。

https://tanemakuhito.wordpress.com/

■ 山本紀久米寿個展

6月14日まで10-17時(最終日15時まで)たましんギャラリー(立川駅北口徒歩5分、多摩信用金庫本店9階)。山本さん(88=立川市)が太い油性の色鉛筆や流木を削ったものを使って、独自の画法で描いた作品を出品。

《問》042-526-7717同ギャラリー。

https://www.tamashin.or.jp/gallery/

■ スペインとポルトガル・サイクリング旅写真展

6月5日まで9-18時(最終日17時まで)国立市公民館(国立駅南口徒歩5分)。4月18日から5月5日まで、61歳から79歳までの13人(うち女性2人)が、約400年前にヨーロッパに渡った支倉常長をはじめとした慶長遣欧使節、天正少年遣欧使節の足跡を自転車でたどった。旅の様子を伝える写真を展示。

《問》042-573-7667シルクロード雑学大学。

■ Life with Dog

 

 

6月5日まで12-19時(最終日17時まで)ギャラリー惺SATORU(吉祥寺駅公園口徒歩8分)。ペットは人間にとって、生活に喜びを与えてくれる大切な存在。犬と人とがより良い関係を築け、ペットに優しい社会になっていくようにとの願いを込めた企画展で、現代アーティスト12人が犬をモチーフにした絵画(ペインティング・イラストレーション・版画等)、立体などを出品。

《問》0422-41-0435同ギャラリー。

http://gallerysatoru.com/

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ