多摩のイベント情報

■ 東京雑学大学12月講座

▼3日14時、西東京市市民会館(西武新宿線田無駅北口徒歩7分)=元日本航空国際線客室乗務員・大空メイさんの「パネルシアター英語落語」。

▼10日14時半、多摩交流センター(京王線府中駅北口徒歩3分、府中第二庁舎6階)、武蔵野市かたらいの道市民スペース(遠隔視聴会場=三鷹駅北口徒歩3分)=宇都宮大学地域連携教育研究センター準教授・佐々木英和さんの「 改めて『生涯学習とは何か?』という問いを考える」。インターネットライブ中継(http://zsgn.dp-21.net/tsgn/)も。

▼17日14時、西東京市田無公民館(西武新宿線田無駅南口徒歩3分)=舞台女優で演出家の志賀澤子さんの朗読「おきなわの小説」。

▼24日14時、西東京市市民会館(西武新宿線田無駅北口徒歩7分)=日本自分史学会会長で元帝京学園短期大学教授の土橋寿さんの「童句のすすめ-みんなむかしは子供だった」。

 

受講料は各回500円(10日無料)。

《問》042-465-3741浅田、0422-52-0908菅原。

http://tzatudai.ec-net.jp/

 

■ 一ノ関悠子 第4回ステンドグラス作品展~心に灯るあかり~

 

 

12月3-8日11-18時(最終日14時まで)アートスペース88(国立駅南口徒歩2分)。ステンドグラスの「あとりえ 悠」を主宰する一ノ関さんが、四季折々の植物や自然をモチーフにした「灯り」など約120点出品。

《問》042-577-2011同スペース。

http://artspace88.jimdo.com/

http://you3113.hatenablog.jp/

 

■松尾隆司 油絵展

 

 

11月30日-12月7日11-18時(最終日16時半)画廊岳とキャラリーコロン(国立駅南口徒歩3分)。ヨーロッパの風景を中心に出品。写真はカルカッソンヌ(P10)。

《問》042-576-9909画廊岳。

http://kunitachi-gallery.net/members/gaku/

■ シビルフェスティバル

11月29日10-17時、市民の学習・活動・交流センター シビル(モノレール立川南駅徒歩1分)。ステージではボイストレーニング講座受講生による歌(13時から)、二胡教室による演奏(13時半から)、マトリョーシカの会によるロシア民謡(14時から)、三線教室による三線の演奏と歌(14時半-15時) 。シビルを利用している人の作品展示、古本市も。

《問》042-524-9014シビル。

http://space.geocities.jp/sudajuku_tachikawa/civil/

■昔きものと今きもの展

琉球紅型(左)と総柄小紋(ともに大正時代)

琉球紅型(左)と総柄小紋(ともに大正時代)

11月28日-12月2日10時-17時、陵北窯ぎゃらりー(高尾駅北口バス、陵北大橋下車)。
江戸期から明治・大正時代の着物を展示。現代のものもある。着物のほか、帯、羽織、コートなど150点。リメイク用の生地も。
≪問≫042-651-0628同ギャラリー。
http://2nd.geocities.jp/rishidaaspect/

 

■ 馬場利明さんのNPO会計講座

11月28日と12月5日13時半-16時、小平元気村おがわ東(西武線萩山駅南口徒歩5分)。馬場さんは税務署勤務の後、現在、小金井市内で馬場税理士社労士事務所を開き、NPO会計税務専門家ネットワーク理事を務める。小平市民30人募集(1回の受講も可)。無料。

《申》27日までに042-348-2104、またはEメールinfo@kodaira-shiminkatsudo-ctr.jp小平市民活動支援センターあすぴあ。

http://kodaira-shiminkatsudo-ctr.jp/

■ 憲法を学ぶ会「国家が戦争に向かって行く時-ドイツと日本の戦争と戦後、そして現在-」

11月27日19-21時、武蔵野市本町コミュニティセンター(吉祥寺駅東口徒歩4分、ヨドバシカメラ裏)。千葉大教授(ドイツ文化論・比較文化論)の三宅晶子さんが話す。資料代500円。

《問》0422-22-5687二見。

■ みずき会展

11月27日-12月1日11-18時、白い画廊ポラン(高尾駅北口徒歩15分)。元小学校長の荒井淳吉さん(89=多摩市)を中心とした元教職員のグループの作品展。絵画や書、木工作品などを出品。

《問》042-663-8683同画廊。

http://poran-art.la.coocan.jp/

■ 細田早苗油絵個展

 

 

11月26日-12月1日11-18時(最終日17時まで)アートスペース88(国立駅南口徒歩2分)。写真は「花風」(6号楕円)。

《問》042-577-2011同スペース。

http://artspace88.jimdo.com/

■ 生誕210年/没後140年 私の中のアンデルセン

 

 

12月6日まで(月、火曜休廊。ただし23日は開廊)12-19時(最終日17時まで)ギャラリー惺SATOORU(吉祥寺駅公園口徒歩7分)。19人のアーティストがアンデルセン(1805-1875)の作品を一つ取り上げて、絵画、版画、木彫、ガラス、陶で表現。

御子柴大三さんと、同ギャラリーオーナーの島田夏於(かお)さんの共同企画。「吉祥寺北欧WALK」参加イベント。

《問》0422-41-0435同ギャラリー。

http://gallerysatoru.com/

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ