多摩のイベント情報

■みんなで考えよう活気に満ちた元気な街を

1月29日14時―16時半、青梅市役所2階(青梅線東青梅駅徒歩5分)。にぎわいと交流のある、青梅市中心市街地の将来について考えていく シンポジウム。基調講演は、中小企業基盤整備機構・中心市街地サポートマネジャーの土肥健夫さんの「中心市街地活性化について」。その後のパネルディス カッションは、まちづくりカンパニー・シープネットワーク代表取締役の西郷真理子さん、ぶらり青梅宿理事長の野嵜弘さん、明星大学理工学部専任講師の齊藤 哲也さん、河辺温泉梅の湯総支配人の大久保誠二さんが、パネリストとして参加。無料。直接。青梅市、青梅商工会議所主催。《問》0428―22―1111 青梅市企画調整課。

■すばる望遠鏡「第2の地球を探せ」

2月20日10―12時、羽村市生涯学習センターゆとろぎ(青梅線羽村駅東口徒歩8分)。日本の国立天文台がハワイ島山頂に設置しているすば る望遠鏡は、口径8.2㍍という世界最大級の1枚鏡を使った大型光学赤外線望遠鏡。この望遠鏡で何が見えるのか、宇宙の秘密がどれくらいわかってきたの か、国立天文台准教授で太陽系外惑星探査プロジェクト室長の田中元秀さんが話す。無料。対象は10歳以上だが、興味のある子どもの入場は可。先着500 人。《申》21日から042―570―0707ゆとろぎ(月曜休館)

2月2―4日10―17時、同展示室で、星の誕生や死、銀河の衝突、宇宙の膨張など、すばる望遠鏡が撮影した宇宙の姿がわかる関連展示がある。

■住まいの居心地を決める開口部 1月29日 町田市

1月29日15時、可喜庵(小田急線鶴川駅北口徒歩8分)。住まいの内と外をつなぎ、室内での視線を外に開放し、雨、風、光などの自然をコン トロールする開口部。建築家の永田昌民さんが家づくりのプロセスの中でどのように開口部を決め、デザインをしているのか、作例を通して語る。1000円 (学生無料)、懇親会1000円。《問・申》042—735—5771鈴木工務店。

■チャペルコンサート「二胡とピアノの響き~パレンタインデーにお届けする『二胡』と『ピアノ』の共演」

2月14日14時、フォレスト・イン昭和館(青梅線昭島駅北口徒歩8分、または無料シャトルバス)。北京出身の二胡奏者の王霄峰(ワン・シャオフォ ン)さんと、国立音大大学院卒業で国立音大講師のピアニスト、榎本潤さんが出演。「我が四季」「豫北叙事曲」、カッチーニ「アヴェ・マリア」、ヘンデル 「オンブラ・マイ・フ」ほかを演奏。100人。2500円。要予約。未就学児の入場はできない。《申》042-542-5555同館宴会予約係。 【http://www.showakan.co.jp/event/event_0196.html

■アミュ―オペラ・ビゼー作曲歌劇「カルメン」全4幕

2月12日13時、立川市市民会館アミューたちかわ(立川駅南口徒歩13分)。立川市民オペラの会企画のオペラ公演。オーケストラ演奏はないが、 ピアノ伴奏に演出・照明をつけ、ソリストと演出の魅力が際立ち、全幕を通したストーリーが楽しめる。カルメンは森山京子さん、ホセは永澤三郎さん。合唱は 立川市民オペラ合唱団。芸術監督は砂川稔さん。S3000円、A2000円。学生割引各席1000円引き。《問》042-526-1312立川市地域文化 振興財団。

http://www.tachikawa-chiikibunka.or.jp/opera/

■ La Traviata

2011年1月23日17時半、府中の森芸術劇場ウィーンホール(京王線東府中駅徒歩7分)。声楽研究会の第55回公演。歌劇「椿姫」のピア ノと合奏による字幕付き原語上演。演出・指揮は升水弘之さん、ピアノは坂本知加子さん。合唱はアンサンブル・バッカナーレ、合奏はアンサンブル・バッカ ナーレ合奏団。1500円(チケットは府中の森芸術劇場チケットセンターで販売。042-360-4044)。 問い合わせは【http://homepage3.nifty.com/opera/

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ