多摩のイベント情報

森づくりプログラム 2月12日、3月20日、4月17日、5月15日 檜原村

檜原村を拠点に活動するNPO法人フジの森が、市民に向けて、間伐体験とログハウスキットのモデルハウスの組み立て体験を実施。使用材木は、檜原村で天 然乾燥中。  2月12日、3月20日、4月17日(いずれも間伐体験)、5月15日(間伐材で9平方㍍のログハウスを組み立てる)。いずれも10−15時、フジの森 (檜原村南郷5990。五日市線武蔵五日市駅数馬行バスで南郷下車)。講師は、西多摩自然フォーラム代表の久保田繁男さんら。500円、小学生200円 (昼食代、保険料含む)。20人。《申》氏名、住所、年齢、電話番号を、ファクス042−598−3098フジの森へ。 【http://www.fujinomori.net/

■「辺野古を考える」上映の会・三多摩

2月19日10時、日野市七生公会堂(京王線、多摩モノレール高幡不動駅徒歩5分)。上映作品は「また、また、辺野古になるまで」(10時 10分と14時15分の2回)、「One Shot One Kill」(10時55分15時の2回)「IVAW(反戦イラク帰還兵)日本で訴える」(13時40分)の3本。辺野古、沖縄、海兵隊をテーマにした作 品。13時と17時05分から藤本幸久監督の話がある。前売り999円(当日1200円、18歳以下600円)。《問申》042-592-3806古荘。

http://henoko3tama.web.fc2.com/

■東村山市写真連盟会員募集

昨年11月22日に設立された写真展示サークル。東村山市中央公民館を拠点に作品を展示する(実費必要)ほか、ウェブページ「ギャラリー東村山(http://members3.jcom.home.ne.jp/hpc/)」にいつでも作品を無料掲載できる。市民以外も参加可。入会金、年会費無料。@申@ウェブページで。@問@042-395-3850横井時信。

■玉川学園・3丁目はらっぱアートまつり ワークショップ・出展者募集

3月27日に開かれる「玉川学園・3丁目はらっぱアートまつり」(玉川学園さくらまつり主催)。芝生の上で音楽イベントを開いたり、ものづく り実演やワークショップ(制作体験)を中心とした野外展示を行ったり、玉川大芸術学部アーティストとコラボレーションしてアート作品を作り上げたりする。 現在、ワークショップの出展者を募集している。環境に優しい提案であることと、オリジナルであることが参加の条件。1ブース(3×3メートル)で2000 円(当日の制作体験費用は500円から3000円の範囲で)。この催しは町田さくらまつりのイベントのひとつ。申し込みは「玉川学園さくらまつりブロ グ」(http://buraburayu.exblog.jp)で応募用紙をダウンロードし、必要事項を記入後、玉川学園さくらまつり事務局(〒194-0041町田市玉川学園5-21-4)へ2月20日までに郵送。選考後、出店者に通知する。詳細は同まつりブログで。

■多摩フレッシュ音楽コンサート2011出場者

参加資格は、多摩地域在住、在勤、在学、出身者で、ピアノ部門が1983年4月2日―96年4月1日生まれ、声楽部門が1981年4月2日―96 年4月1日生まれの人。選考会(ピアノ=3月23日東大和ハミングホール、声楽=3月24日立川市市民会館)を実施。選考会参加費5000円を振り込み、 所定の応募用紙に必要事項を記入して、送付か持参する。応募締め切りは3月8日。コンサートはピアノ6月28日、声楽6月29日に立川市市民会館で開催 (参加費1万5000円)。各部門の優れた演奏者に最優秀賞、優秀賞授与(奨学金あり)。顧問は音楽評論家の渡邊學而さん、審査員は国立音大など音大指導 者。東京多摩公立文化施設協議会など主催。《問》042―526―1312立川市地域文化振興財団。

http://www.tachikawa-chiikibunka.or.jp/

■ 第14回吉川英治記念館写真コンテスト

三つのテーマの中から思い浮かぶ情景を写真にした作品を募集。①「日本」、②「淋しさは叱ってくれる人がない」、③「酒の味二十五年でややわかり」(②③ は吉川英治の川柳作品)。2010年5月以降撮影の未発表作品で、キャビネ以上四つ切り以下。モノクロ、カラーいずれも可。応募写真の裏に、選択したテー マ、作品名、住所。氏名、電話番号、撮影日時、歳影場所、撮影状況などを明記した自作の応募票を添付する。応募は5点まで。金賞10万円、銀賞5万円、銅 賞3万円ほか。選考委員は写真家の熊切圭介さんら。応募は2011年5月31日までに、〒198—0064青梅市柚木町1—101—1、吉川英治記念館 (電話0428—76—1575)へ。
http://www.kodansha.co.jp/yoshikawa/youkou.htm

■ 劇団「き楽座」団員募集

地域を題材にした演劇をめざす市民の劇団。08年発足。現在までに、日本人初のナイチンゲール記章受賞者の萩原タケ(あきる野市出身)の物語を7回公 演。月2回、あきる野市平沢の農業会館で活動。会費1000円。現在の団員は12人(あきる野市、青梅市、日の出町、瑞穂町、檜原村、足立区から参加)。 年齢問わず。《問》042—559—0470小川(代表)

■ よさこい鳴子踊り「踊り屋1zen」メンバー募集

よさこい鳴子踊りの市民グループ「踊り屋1zen」は、地域の祭り、商店街のイベント、自主イベント、保育園などにボランティアで演舞を行ってい る。年数回の市外での遠征も。同グループでは、一緒に踊る仲間を募っている。毎週水曜18時半−21時、成瀬クリーンセンター(横浜線成瀬駅徒歩10 分)、高ケ坂ふれあいセンター(町田駅バス、熊野神社前下車)で練習。月会費500円。《問》090−4426−2347齊藤(http://www.1zen.info

■ マジッククラブ魔法ランド会員募集

マジックを学んで、地域の子ども会や施設などで仲間と一緒に披露しませんかと会員を募集中。毎月第1・2・4水曜19−21時、町田市民 フォーラム(横浜線町田駅徒歩5分)で活動。講師はプロマジシャンの亜羅仁さん。入会金3500円、月会費3500円(タウンズウェブを見たと言った方は 入会金無料)。町田市及び近隣に在住・在勤している人が対象。《問》090—7830−6456ダンジィ加茂。

■食と衣をとおして異文化交流の集い

2月12日13時半―15時半、多摩平の森ふれあい館(中央線豊田駅北口徒歩7分)。韓国の枝鼓(チャンゴ)の演奏、民族衣装チ マチョゴリや小物ポシャギの展示、占いコーナーなど。参加費300円。同集い実行委員会主催。 《問》042―584―2733日野市男女平等課。《申》6日までに参加人数、名前、住所、電話をメールhsyaraku@mail.hinocatv.ne.jp吉野へ。

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ