多摩のイベント情報

■食と衣をとおして異文化交流の集い

2月12日13時半―15時半、多摩平の森ふれあい館(中央線豊田駅北口徒歩7分)。韓国の枝鼓(チャンゴ)の演奏、民族衣装チ マチョゴリや小物ポシャギの展示、占いコーナーなど。参加費300円。同集い実行委員会主催。 《問》042―584―2733日野市男女平等課。《申》6日までに参加人数、名前、住所、電話をメールhsyaraku@mail.hinocatv.ne.jp吉野へ。

■自転車の事故と対策

2月13日15時半-17時、国立オリンピック記念青少年総合センター・センター棟503号(小田急線参宮橋駅徒歩5分)。講師は、昨年4月から毎日新 聞で「銀輪の死角」シリーズを担当し、自転車による交通事故を取材している社会部記者の馬場直子さん。どんな事故が発生しているのか、事故の原因は何か、 事故を防ぐにはどうしたらいいのかなど、主に加害者としての自転車の事故のケースを話す。1000円(学生500円)。シルクロードの自転車旅行を主催す る「シルクロード雑学大学」(国立市)が開く。《問》042-573-7667同雑学大学。【http://www.geocities.co.jp/silkroad_tanken/

■TAMAとことんリレー討論会~地域発、多摩のごみ~

多摩地域のごみ問題をさまざまな切り口で取り上げてきた討論会の18回目。今回は3会場でリレー討論を開催。NPO法人東京・多摩リサイクル市民連邦など同討論会実行委員会が主催。

▼西東京市会場「ごみダイエットとリバウンド」=1月22日13-17時、コール田無(西武新宿線田無駅徒歩7分)。家庭ごみ有料化3年で、燃えるごみ 20㌫の減量に成功した西東京市を例に、リバウンドの防止、さらなる減量について参加者全員で話し合う。基調講演は、エッセイスト金子由紀子さんの「ごみ を出さない暮らしのすすめ」▼東村山市会場「東村山市のごみ問題と再生資源業界の現状」=1月30日13-17時、東村山市民センター(西武線東村山駅徒 歩12分)。リサイクルセンター建設の予定がある東村山市で、地域との連携、資源リサイクルの現状や今後について話し合う。基調講演は、同市資源循環部長 西川文政さんの「廃棄物中間処理施設のストックマネージメント」▼日野市会場「容器包装お返し作戦を考える」=2月27日13-17時、日野市役所(日野 駅徒歩15分)。ペットボトルやトレーなどの市の収集回収を減らして、品物を買った店に返す作戦を導入している日野市の取り組みを議論する。市民、行政、 市民会議メンバー、事業者らが報告。
参加無料。直接各会場へ。資料集や報告書がほしい人は各500円。《問》090―3818-7006同実行委員会。
https://www.renpou.org

■ 昭和の森レディースビッグバンド養成講座

1月17日、31日14-16時のほか、2-11月の月2回程度月曜日午後、フォレスト・イン昭和館(青梅線昭島駅北口徒歩8分)。クラリ ネット奏者・花岡詠ニさんの指導で、2011年11月のデビューコンサートに向けて練習中。サックス(アルト、テナー、バリトン)、トロンボーン(テ ナー、バス)、トランペット、ドラムス(楽器は主催者用意)のパートを募集。応募資格は、18歳以上の女性で、楽器を所有し、演奏経験があり(ジャズ未経 験者可)、楽譜が読めて、練習日程に参加でき、講座修了後も演奏活動に継続的な参加できる人。参加費1回3000円。《申》042-542-1234同館 企画部。

http://www.showakan.co.jp/

■ ココロに効くサプリ!〜現役ママが思わず笑顔になるココロのトレーニング

2011年1月11日-2月22日(毎週火曜、全7回)10-12時、立川市女性総合センター・アイム(立川駅北口徒歩3分)。子育て中の閉塞感やモヤ モヤ感、将来への不安を学び、講師や同じ受講生の仲間と一緒に解消していく講座。筆記用具持参。多摩地域に在住の子育て中の母親対象(おおむね45歳ま で)。30人。無料。1歳から未就学児の子どもの保育有り(15人程度、おやつ代1回70円)。《申》電話で名前、年齢、住所、電話番号(あればFAX も)、保育を希望する人は子どもの名前、年齢、希望日を伝える。042-528-6801アイムへ。《問》042-670-9190講座事務局・NPO法 人エンツリー。

■ 青梅市スケート連盟・アイススケート教室

前期=2011年1月15日、22日、29日、後期=2月5日、12日、26日。いずれも11時集合、11時半—12時半、東大和スケートセ ンター(西武拝島線東大和市駅前)で開催。誰でも参加OK。直進滑走からストップ、キャーリング、クロス、バック、ターンまで。D級からA級のバッチテス トをめざして練習する。4500円(1期3回、貸靴代込み)。1回限りのビジター料金(2000円)もある。長スポン、手袋、帽子を着用。2月19日11 —12時半に、青梅市スケート大会を開催。《申》0428—31—4349青木(ファクスも可)。

http://www.yuiyui.net

■公害裁判「イタイイタイ病」を語りつぐ-島林樹弁護士の闘い

2月12日13時半、国分寺労政会館(国分寺駅南口徒歩3分)。日本の四大公害病の一つ「イタイイタイ病」。岐阜県の三井金属鉱業神岡事業所(神岡鉱 山)が亜鉛加工の副産物であるカドミウムを神通川に垂れ流し続けたために、下流域の富山県で発生した公害病だ。1968年、患者・遺族は損害補償などを求 めて三井金属鉱業を提訴。4年後、裁判は原告の全面勝訴で終わった。被害者勝訴、大企業敗訴という日本の公害裁判の転換点となったこの訴訟に携わった島林 樹(たつる)さん(77=小平市)は「住民がどう闘ったか記録を残して、風化させたくない」と、昨年秋、「公害裁判」を出版した。島林さんがイタイイタイ 病裁判について話す。200円。「イタイイタイ病」島林弁護士講演会実行委員会主催。《問》042-395-8035福岡。

■みんなで考えよう活気に満ちた元気な街を

1月29日14時―16時半、青梅市役所2階(青梅線東青梅駅徒歩5分)。にぎわいと交流のある、青梅市中心市街地の将来について考えていく シンポジウム。基調講演は、中小企業基盤整備機構・中心市街地サポートマネジャーの土肥健夫さんの「中心市街地活性化について」。その後のパネルディス カッションは、まちづくりカンパニー・シープネットワーク代表取締役の西郷真理子さん、ぶらり青梅宿理事長の野嵜弘さん、明星大学理工学部専任講師の齊藤 哲也さん、河辺温泉梅の湯総支配人の大久保誠二さんが、パネリストとして参加。無料。直接。青梅市、青梅商工会議所主催。《問》0428―22―1111 青梅市企画調整課。

■すばる望遠鏡「第2の地球を探せ」

2月20日10―12時、羽村市生涯学習センターゆとろぎ(青梅線羽村駅東口徒歩8分)。日本の国立天文台がハワイ島山頂に設置しているすば る望遠鏡は、口径8.2㍍という世界最大級の1枚鏡を使った大型光学赤外線望遠鏡。この望遠鏡で何が見えるのか、宇宙の秘密がどれくらいわかってきたの か、国立天文台准教授で太陽系外惑星探査プロジェクト室長の田中元秀さんが話す。無料。対象は10歳以上だが、興味のある子どもの入場は可。先着500 人。《申》21日から042―570―0707ゆとろぎ(月曜休館)

2月2―4日10―17時、同展示室で、星の誕生や死、銀河の衝突、宇宙の膨張など、すばる望遠鏡が撮影した宇宙の姿がわかる関連展示がある。

■住まいの居心地を決める開口部 1月29日 町田市

1月29日15時、可喜庵(小田急線鶴川駅北口徒歩8分)。住まいの内と外をつなぎ、室内での視線を外に開放し、雨、風、光などの自然をコン トロールする開口部。建築家の永田昌民さんが家づくりのプロセスの中でどのように開口部を決め、デザインをしているのか、作例を通して語る。1000円 (学生無料)、懇親会1000円。《問・申》042—735—5771鈴木工務店。

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ