多摩のイベント情報

■ 近藤ミミ子の世界-猫と花-

 

 

3月30日まで11-18時(最終日16時半まで)画廊岳(国立駅南口徒歩3分)。近藤さんが猫の立体、版画、ガラス絵などを出品。写真は「City Cat」(左=版画シルクスクリーン)と「卓上の花」(ガラス絵)。

《問》042-576-9909同画廊。

http://kunitachi-gallery.net/members/gaku/

 

■ 池内佑衣-花と肖像の日本画展-

 

 

3月28日まで11-18時(最終日15時まで)アートスペース88(国立駅南口徒歩2分)。池内さんが花、人物、ペット、風景などを描いた日本画を出品。写真は「桜」。

《問》042-577-2011同スペース。

https://artspace88.jimdo.com/

 

■ 第3回むさしの平和のための戦争展「日中戦争80年 写真が語る侵略戦争 村瀬守保写真展」

3月31日-4月3日10-21時(初日17時から、最終日19時まで)武蔵野プレイスギャラリー(武蔵境駅南口徒歩2分)。村瀬さん(1909-1988)は1937年、輜重兵(しちょうへい)補充兵二等兵として召集され、中国大陸へ。40年に召集解除になるまで2年半にわたり、中国各地で日本兵の日常を撮影し、家族に送っていた。

【関連イベント】

▼ドキュメント映画「陸軍登戸研究所」=4月1日14時-19時半。戦争を裏で支えた影の兵器開発基地を関係者が証言する。上映後、楠山忠之監督と小岩昌子さんのトークがある。鑑賞券1000円(高校生以下と障がい者500円)。

▼講演会「南京百人斬り訴訟の顛末」=4月2日14時-16時半。弁護士・穂積剛さんが話す。参加費500円(高校生以下無料)。

「むさしの平和のための戦争展」実行委員会、むさしの科学と戦争研究委主催。

《申》080-3157-1858鳥居。

https://m.facebook.com/musashinoantiwar

■ 韓国のいま、私たちの未来第2回

3月26日14-17時、市民の学習・活動・交流センター「シビル」(モノレール立川南駅徒歩1分)。同志社大学嘱託講師・藤井幸之助さんが「猪飼野セッパラム文庫をなぜつくったのか?-在日朝鮮人の歴史と文化を学び伝える」の題で話す。受講料1000円(学生800円)。

《申》042-524-9014シビル(平日13-19時)。

http://space.geocities.jp/sudajuku_tachikawa/civil/

■ 市民がつくる 小平市長選挙立候補予定者の公開討論会

3月28日19時-20時45分、小平市中央公民館(西武多摩湖線青梅街道駅、または一橋学園駅徒歩7分)。4月に行われる小平市長選挙の立候補予定者を招いて公開討論会を開く。参加費無料。手話通訳、乳幼児の保育(要予約、無料)あり。

主催する「政治・知りたい 確かめ隊」(森野やよい代表)は小平市中央公民館が2002年に開催した「女性のための政治学」の受講生有志で結成。小平市議会を定期的に傍聴し、傍聴だより「議会ウォッチングしました」を年4回発行している。市長選挙と市議会議員選挙の立候補予定者の公開討論会を開くのは今回で6回目になる。

《問》seijishiritai@gmail.com 金子。

■ 平埜佐絵子-いつかの死

 

 

4月2日まで(月、火曜休廊)12-19時(最終日17時まで)ギャラリー惺SATORU(吉祥寺駅公園口徒歩8分)。平埜(ひらの)さんは2001年、筑波大学大学院修士課程芸術研究科美術専攻洋画分野修了。これまで「人をつくるもの」である食べ物や自然をモチーフに、生命の艶やかさや生々しさ、命のエネルギーを感じさせる作品を制作してきたが、今回、10年ぶりの個展では死の側から命の循環を見つめた作品を制作。3号から120号までの油彩と紙によるドローイングの計17点を出品。写真は「風景」(キャンバスに油彩、ボールペン)。

《問》0422-41-0435同ギャラリー。

http://gallerysatoru.com/

■ 吉田祐子展

3月28日まで10-17時(最終日15時まで)たましんギャラリー(立川駅北口徒歩5分、多摩信用金庫本店9階)。秀

《問》042-526-7717同ギャラリー。

https://www.tamashin.or.jp/gallery/

 

■ 生活を飾る・彩る・創作家展 vol.1

 

 

3月21日まで12-18時(最終日16時まで)アートスペース88(国立駅南口徒歩2分)。伽楽潤一さん、佐俣敏郎さん、さとうるいさん、竹内義人さん、佃喜翔さんが、牙彫、彫金、天然石、木彫、ジュエリー&アクセサリー、無垢材木工家具、日本画(絹本画)、水彩、油画を出品。

《問》042-577-2011同スペース。

https://artspace88.jimdo.com/

■ 市民公募夢美エンナーレ入選作品展

3月23日まで(月曜休館。3月20日は開館し、21日休館)10-19時(入館18時半まで)八王子市夢美術館(JR八王子駅北口徒歩15分)。今年で7回目。八王子市在住、在勤、現在または過去に在学した人を対象に公募した作品の中から審査で選ばれた入選作70点を展示。

入館料300円、小学生以上の学生と65歳以上150円。

《問》042-621-6777同美術館。

http://www.yumebi.com/

■ 第23回2017八王子陶芸クラブ展

3月19日まで10-18時(最終日16時まで)八王子市芸術文化会館いちょうホール(JR八王子駅北口徒歩13分)。陶芸家・工藤孝生さんが主宰する「八王子陶芸クラブ」の会員31人が「パスタ皿」をテーマに出品。

《問》042-661-1591工藤。

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ