美術・展示

■藤原正行作陶展

3月8-13日11-18時(最終日16時半まで)画廊岳(国立駅南口徒歩3分)。藤原さんが3年間作りためた染付と黄瀬戸の普段使いの器を出品。《問》042-576-9909同画廊。
http://kunitachi.shop-info.com/cgi/units/index.cgi?siteid=kunitachi&areaid=36236&unitid=gaku

■ゆりの木テーブル展「野村洋子展」

3月6-12日11-19時、ギャラリーゆりの木(国立駅南口徒歩3分)。ガラス作家の野村さん(西東京市)が、卓上のガスバーナーで色とりどりのガラス棒やガラス管を溶かして作った指先サイズから手のひらサイズの動物を出品。《問》042-573-6663同ギャラリー。
http://www10.ocn.ne.jp/~yurinoki/

■望月通陽4つのP vol.4 Partenza 出発

3月5-27日(21日休み)11-19時、松明堂ギャラリー(西武国分寺線鷹の台駅前)。12月から2011年3月までの4カ月間、月替わりで、 望月通陽(みちあき)さん(57)の作品展を開いてきた。今回は聖書の中の風景から題材を取り、新作の型染め作品(額装)約20点とペン画約15点を発表。《問》042-341-1455同ギャラリー。 【http://www.shomeido.jp/gallery/

■世界を繋ぐキルト展Ⅳ 和、洋、韓のパッチワーク

3月4-8日11-17時、白い画廊ポラン(高尾駅南口バス、御陵前下車)。小野澤宏子さんの和風、洋風のパッチワーク作品、韓国のポシャギの技法で作った作品など10点余りを展示。インターネットで世界中のキルターと作品交換をして制作した作品も。小野沢さんの友人で下薗しおりさんの裂織の展示もある。《問》042―663―8683同画廊。

■第46回ツバキ展

3月4-6日9時半-16時半(入館16時まで、最終日15時まで)町田市フォトサロン2階展示室(町田駅バス、薬師池下車徒歩3分)。生け花と写真を展示して、ツバキの美しさや育てる楽しさを紹介する。また苗木の販売、ツバキ愛好家による説明も。同サロンがある薬師池公園内にあるツバキ園に足を運んで今の様子を眺めることもできる。入館料無料。
《問》042―736―8281同サロン。

■アートサイト府中2010「いきるちから」

3月6日まで(月曜日休館)10−17時(入館16時半まで)府中市美術館(京王線府中駅からちゅうバス多磨町行き、府中市美術館下車)。開館10周年を迎えた同館が「生きていること」のすばらしさに気づかせてくれる作家を紹介する。流転する生命の身体感覚を呼びさます大巻伸嗣さんのインスタレーション、劇的な人生の肖像を克明に鉛筆で動き出す木下晋さんの絵画、日々の生活から飛び出した人物たちが舞う菱山裕子さんの立体作品(写真)を展示。2月6日14時から菱山さん、2月19日14時から大巻さんのアーティストトーク。観覧料600円(高大生300円、小中学生150円、未就学児と障害者手帳など持参の人無料)。
関連イベント ▼講座「生きづらい時代の切り札としてのアート」=2月27日14時、同館。同館学芸員・武居利史さんが話す。無料。▼菱山裕子・サテライト展示=2月20日まで、専門店街フォーリス・光と風の広場(府中駅北口。10−22時)、府中市中央図書館(同駅北口徒歩10分、ルミエール府中内。9−22時)、生涯学習センター・アトリウム(同市浅間町。7日、11日、16日、17日除く。9−22時)。▼大巻伸嗣≪Memorial  Rebirth≫=20日14時から30分ほど、専門店街フォーリス・けやき広場。大量のシャボン玉を飛ばす。《問》03−5777−8600ハローダイヤル。
http://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/

■「100かいだてのいえ」のどうぶつたち

4月10日まで(12月29日−1月1日と毎週月曜日休園。月曜日が祝日の場合、翌日休園)9時半-17時(入園16時まで)井の頭 自然文化園資料館(吉祥寺駅公園口徒歩10分)。岩井俊雄さん作の絵本に登場するハツカネズミ、ヨツユビハリネズミ、ニホンアマガエルなどの興味深い姿形 や行動を、生体展示や写真、映像などで紹介。入園料400円(65歳以上200円、都内在住の中学生以下無料)。《問》0422-46-1100同園。

http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ino/index.html

12月10日−1月30日(12月31日と1月1日休館)9時半−16時半、国営昭和記念公園花みどり文化センター(立川駅北口徒 歩15分)。葉画家・群馬さん(立川市)が葉や野菜をありのまま、見たままに描いたテンペラ画を出品。会期中、会場で群馬さんがほぼ毎日(水曜と12月 28日−1月4日除く)、作品を公開制作する。入場無料。
また、1月22日13−14時、群馬さんと一緒に展示作品を見て回る「ギャラリー散歩」を開催(当日受け付け、30人、無料)。《問》042−526−8787花みどり文化センター。
http://www.wood.jp/konoha/

■武藤直美個展


3月3−9日12−18時(最終日16時まで)リベストギャラリー創(吉祥寺駅中央口徒歩5分)。武藤さんが羽の生えた花、水底に漂う花、夢想する花など幻想の花を描いた油彩画を中心に水彩画も出品。《問》0422−22−6615同ギャラリー。
http://www.libestgallery.jp/

■それぞれのかたち3人展・版画と陶芸

3月2−7日11−18時(初日12時から、最終日17時まで)ギャラリー街角(国立駅北口徒歩1分)。川端みち子さんが版画を、木村智子さんと滝柳るみ子さんが陶芸作品を出品。初の3人展。《問》042−577−0370同ギャラリー。

■ビエンナーレOME2011

3月5—27日(月曜休館。21日は開館、22日は休み)9—17時(入館16時半まで)青梅市立美術館(青梅線青梅駅徒歩5分)。同美術館が主催する新人作家の発掘を目指す2回目の公募展。応募があった86点の作品の中から、入選作品32点を展示する。大賞作品は、小平市の鄭奉龍さんの「夏の湯浴み」(油彩=写真)、佳作3点は、国分寺市の平千賀子さんの「虚偽の壁」(油彩)、昭島市の冨永之廣さんの「流れの図 薄氷」(ミクストメディア)、福生市の牧野光葉さんの「空がこぼれる」(日本画)。
観覧料200円(小中学生50円)。《問》0428—24—1195青梅市立美術館。
http://www.ome-tky.ed.jp/bijutsu/bijutsukan_top.html

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ