美術・展示

■ 第37回新春企画 林明日美銅版画展

 

1月7-16日(10日休廊)11-18時(最終日17時まで)アートスペース88(国立駅南口徒歩2分)。林さんが銅版画と映像を発表。

《問》042-577-2011同スペース。

https://artspace88.jimdo.com/

■ 武蔵野市制施行70周年記念・井の頭恩賜公園開園100年記念「見えた風景、見える風景」

12月24日まで10時-19時半、武蔵野市立吉祥寺美術館(吉祥寺駅北口徒歩5分、コピスA館7階)。武蔵野市を拠点に活動した日本画家・野田九浦(1879-1971)、版画家・織田一磨(1882-1956)、洋画家・江藤純平(1898-1987)、写真家・岡田紅陽(1895-1972)ら武蔵野市所蔵の作品を展示。また吉祥寺今昔(いまむかし)写真館委員会所蔵の市内と井の頭公園の写真も展示。

入館料300円(中高校生100円、小学生以下と65歳以上と障がい者無料)。

《問》0422-22-0385同美術館。

http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/

■ 湯浅由美子展

12月19日まで10-17時(最終日15時まで)たましんギャラリー(立川駅北口徒歩5分、多摩信用金庫本店9階)。新世紀美術協会会員の湯浅さん(八王子市)が抽象画を出品。

《問》042-526-7717同ギャラリー。

https://www.tamashin.or.jp/gallery/

■ 日高裕木版画展

 

 

12月23日まで(20日休廊)11-18時(最終日17時まで)アートスペース88(国立駅南口徒歩2分)。春陽会会友の日高さんが多摩川の風景や心象風景を出品。

《問》042-577-2011同スペース。

https://artspace88.jimdo.com/

 

■ 望月康介展 熔融-相変化

 

 

12月17日まで12-19時(最終日17時まで)ぎゃらりー由芽のつづき(三鷹駅南口徒歩8分)。美術家の望月さん(69)がスクリーンプリントによる作品を出品。

《問》0422-47-5241ぎゃらりー由芽。

http://galleryyume.web.fc2.com/

 

■ 渡辺一宏展 大理石のフォルム

 

12月17日まで12-19時(最終日17時まで)ぎゃらりー由芽(三鷹駅南口徒歩8分)。渡辺さんは1953年、宮崎県生まれ、東京芸大大学院修了。小品20点出品。

《問》0422-47-5241ぎゃらりー由芽。

http://galleryyume.web.fc2.com/

 

■有馬寛二水彩画展

12月3日まで11時-18時(最終日17時まで)、ギャラリー・スペースことのは(八王子駅南口から徒歩10分)。

有馬さんの水彩画17点が並ぶ。

≪問≫042-655-3351同ギャラリー。

【http://www.gs-kotonoha.jp/】

■ 木彫・はっきりと美しいⅡ

 

 

11月30日-12月5日11-18時(最終日17時まで)アートスペース88(国立駅南口徒歩2分)。中田直さん、澁谷龍之介さん、筑田聖さんが木彫と油彩画出品。

《問》042-577-2011同スペース。

https://artspace88.jimdo.com/

■ 福井きく江傘寿展-紅型・型染め・彫金-

 

 

11月26日-12月2日11-18時(最終日16時まで)画廊岳(国立駅南口徒歩3分)。福井さんがこの30年間に制作した作品を出品する。

《問》042-576-9909画廊岳。

http://kunitachi-gallery.net/members/gaku/

 

 

■ 柴田俊明展

 

 

12月5日まで10-17時(最終日15時まで)たましんギャラリー(立川駅北口徒歩5分、多摩信用金庫本店9階)。柴田さんは東京造形大学造形学部美術学科卒業、東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程美術専攻単位取得満期退学。現在、日本美術家連盟会員、多摩美術家協会事務局長、用賀アトリエ代表、武蔵野美術学園専任教員を務める。

《問》042-526-7717同ギャラリー。

https://www.tamashin.or.jp/gallery/

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ