美術・展示

■ 第15回 沢井草木染友の会作品展

10月23日まで11-17時(最終日16時まで)なみき画廊(立川駅北口徒歩3分、立川郵便局隣)。草木染の第一人者の染織家・山﨑桃麿さん(91)が長年指導してきた「沢井草木染友の会」(山崎進子会長)の作品展。19人が植物の根や樹皮、実などから採取した染液で染めたストール、テーブルセンター、ベストなどを出品。桃麿さんの賛助出品も。

《問》042-523-1775同画廊。

■ しぜんと遊ぶ さとうますよ

 

 

10月19日-24日11-19時(最終日17時まで)ギャラリーゆりの木(国立駅南口徒歩3分)。さとうさんが葉、実、ツル、草木染めのナチュラル雑貨を出品。

会期中毎日13時と16時に「木の実アクセサリーワークショップ」を開催(材料費700円から)。

《問》042-573-6663同ギャラリー。

http://glass-yurinoki.com/

■ 中村富夫水彩画展

 

 

10月19日-24日11-18時(最終日16時まで)アートスペース88(国立駅南口徒歩2分)。昨年傘寿を迎えた中村さん(国分寺市東元町)の4年振りの個展。都内や旅先の風景画を展示する。写真は「奈良 吉野山参道」。

《問》042-577-2011同スペース。

https://artspace88.jimdo.com/

■ 東洋古陶磁展

 

 

11月12日まで(月曜、祝日休館)10-18時(入館17時半まで)たましん歴史・美術館(国立駅南口徒歩3分、たましん国立支店6階)。日本、中国、朝鮮の古陶磁の中から伊万里・鍋島など日本古陶磁、越州窯・景徳鎮など中国古陶磁、朝鮮王朝時代の朝鮮古陶磁を41点展示。また、たましんコレクション絵画展を併設し、日本画を中心に11点を展示。

19日14時から学芸員によるギャラリラートークを開催(申し込み不要。要入館料)。入館料100円(中学生以下無料)。

《問》042-574-1350同館。

http://www.tamashin.or.jp/r_bijutsu/

■ 杣雅司展

 

 

10月22日まで11-18時(最終日16時半まで)画廊岳(国立駅南口徒歩3分)。杣(そま)さんが油彩画、素描画を出品。写真は「沈黙」。

《問》042-576-9909画廊岳。

http://kunitachi-gallery.net/members/gaku/

■ 宮下泉展-ムサシノARTプロジェクト-

10月24日まで10-17時(最終日15時まで)たましんギャラリー(立川駅北口徒歩5分、多摩信用金庫本店9階)。武蔵野美術学園講師の宮下さんは1948年生まれ。都立駒場高校美術科、東京造形大学美術学科卒業。97年に東京展優秀賞、02年にTAMA・デ・アート2002ロータリークラブ賞(準大賞)、06年に東京展東京展賞受賞。キャンバスにリキテックスで描いた作品などを出品。

《問》042-526-7717同ギャラリー。

https://www.tamashin.or.jp/gallery/

 

■ 土屋裕正…い展

 

 

10月17日まで11-18時(最終日17時まで)アートスペース88(国立駅南口徒歩2分)。土屋さんがインドネシアのジョクジャカルタなど旅先で描いたパステル絵画を出品。

《問》042-577-2011同スペース。

https://artspace88.jimdo.com/

■ コンサベーション_ピース ここからむこうへ PartA 青野文昭展

 

「なおす・代用・合体・連置(東京・井の頭自然文化園で使われていた自転車の復元から)2016」

 

10月15日まで10時-19時半、武蔵野市立吉祥寺美術館(吉祥寺駅中央口徒歩5分、コピスA館7階)。

青野さん(宮城県仙台市)は1968年生まれ。宮城教育大大学院在学中の1990年から「修復」をテーマに作品制作を続け、東日本大震災の被災物を用いたシリーズで注目を集めた。今回は戦前、祖母が暮らしていた吉祥寺周辺での収拾活動に基づき、地域全体の記憶を「復元」するという作業に1年がかりで取り組んだ大作を発表している。

入館料300円(中高生100円、小学生以下と65歳以上と障がい者は無料)。

《問》0422-22-0385同美術館。

http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/

■ 第7回池田洋子洋画展~花たちよ~

 

10月13日まで11-18時(最終日16時半まで)画廊岳(国立駅南口徒歩3分)。池田さんは女子美術大学卒業。フランスのル・サロン永久会員、日本美術家連盟会員。花を描いた作品を出品。写真は「花たちよ」(変形10号、油絵)。

《問》042-576-9909画廊岳。

http://kunitachi-gallery.net/members/gaku/

 

■ 届かない場所 高松明日香展

 

 

10月22日まで(月曜休館)10-20時(入館19時半まで)三鷹市美術ギャラリー(三鷹駅南口前、コラル5階)。

身近な風景や映画のワンシーンを描き続けている画家・高松明日香さんの作品展。高松さんは1984年生まれで、高松市を拠点に活動し、平成28年度香川県文化芸術新人賞を受賞している。164点の作品を27組に構成して展示する。

入館料600円(65歳以上と高校大学生300円、中学生以下と障がい者手帳持参無料)。

《問》0422-79-0033三鷹市美術ギャラリー

http://mitaka-sportsandculture.or.jp/gallery/

 

 

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ