美術・展示

■ 鶴岡義詮油彩展

6月16日まで11-18時(最終日17時まで)画廊岳(国立駅南口徒歩3分)。二科会会員の鶴岡さんが優美な女性像を描いた油彩を出品。

《問》042-576-9909同画廊。

http://kunitachi-gallery.net/members/gaku/

■ 前川ともみ リトグラフ展 Flowing Slowly

 

 

6月12日まで11-18時(最終日17時まで)アートスペース88(国立駅南口徒歩2分)。前川さんがリトグラフを出品。

《問》042-577-2011同スペース。

https://artspace88.jimdo.com/

■「Glass×Geibun Project 2018 スローモーション 光を内包するガラス」展

6月15日まで10-18時(最終日16時まで)同大9号館6階apmg・606教室同大9号館6階apmg・606教室(西武国分寺線鷹の台駅徒歩18分。または「国分寺駅北入口」からバス、「武蔵野美大」下車)。

武蔵野美術大学芸術文化学科の学生のプロデュースで、同大工芸工業デザイン学科クラフトコースガラス専攻4年生8人が制作したガラス作品を展示する。両学科によるコラボレーション「Glass×Geibun Project」は2013年度から始まり、今年で6回目になる。

《問》042-342-6712武蔵野美術大学芸術文化学科研究室。

http://apm.musabi.ac.jp/ggp/2018/

■ 堀本俊樹展「単位」

 

6月2-17日(木曜休廊)12-19時(最終日17時まで)ぎゃらりー由芽(三鷹駅南口徒歩8分)。造形作家の堀本さんは1948年生まれ。86年からガラスを素材とした立体作品を発表している。今回はテラコッタとガラスで構成された作品約20点を出品。

《問》0422-47-5241同ギャラリー。

http://galleryyume.web.fc2.com/

■ 松下サトル HOME MADE

 

 

6月10日まで(月曜、火曜休廊)12-19時(最終日17時まで)ギャラリー惺SATORU(吉祥寺駅公園口徒歩8分)。日本版画家協会会員の松下さんは東京芸大大学院修了後、版画家として国内外で作品を発表。同時に複数の美大で版画を指導している。木彫作品も制作していて、今回は版画14点、立体6点を出品。

《問》0422- 41-0435同ギャラリー。

http://gallerysatoru.com/

 

■ 中村 未来 展

 

 

5月31日-6月5日11-18時(最終日17時まで)アートスペース88(国立駅南口徒歩2分)。中村さんがリトグラフを出品。

《問》042-577-2011同スペース。

https://artspace88.jimdo.com/

 

■ 浅井竜介展

5月29日-6月5日11-18時(最終日17時まで)画廊岳(国立駅南口徒歩3分)。陶芸家の浅井さんが茶道具、日用雑器、書画などを出品。

《問》042-576-9909同画廊。

http://kunitachi-gallery.net/members/gaku/

 

■ 第2回 赤塚香彩 閃書展

 

Scan案内はがき 絵柄面

 

5月25-28日11-18時、スペースYOU(国立駅南口徒歩2分)。還暦を迎えた書道家の赤塚さんの個展。閃くままに楽しむ書ということで「閃書」と名付けた。大小さまざまな諸作品を出品。

《問》042-576-0410同スペース。

http://kunitachi-gallery.net/members/spaceyou/

 

■ 高野陽介日本画展 水晶のきらめき

 

「遥かな海」(8号)

 

5月26日まで11-18時、画廊岳(国立駅南口徒歩3分)。高野さんは1978年生まれ。東京芸大絵画科日本画先行卒業。世界各地を取材して、作品展を発表している。

《問》042-576-9909同画廊。

http://kunitachi-gallery.net/members/gaku/

■ 齋藤鐡心展

5月24日-6月5日10-17時(最終日15時まで)たましんギャラリー(立川駅北口徒歩5分、多摩信用金庫本店9階)。東京展美術協会運営委員の齋藤さんが空間表現「空間知覚」を発表。

《問》042-526-7717同ギャラリー。

https://www.tamashin.or.jp/gallery/

 

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ