2月2011

■午後にはお茶を!コーヒーカップ、ティカップ、マグカップ展

3月5日まで(2月27日休み)11−18時(土曜13−19時、最終日13−18時)ギャラリーウェアミー(小田急線玉川学園前駅北口徒歩3分)。池田大介さん、岡洋美さん、音屋nakagawaさん、久野真琴さん、椿敏幸さん、徳田吉美さんの湯のみ、コーヒーカップ、急須などを展示。《問》042—729−0079同ギャラリー。
http://wearme.exblog.jp/

■色紋 

3月1日まで11−17時(最終日16時まで)可喜庵(小田急線鶴川駅北口徒歩8分)。東京工芸大アニメーション学科2010年度渡辺・小柳ゼミ展。萱ぶき屋根の古民家を改修し、暮らしのサロンとして開かれている同庵で、学生が制作したアニメーションを映す。《問》042—735—5771同庵。
http://www.suzuki-koumuten.co.jp/indexkakian.htm

■奥多摩登山第1回「棒ノ嶺」

4月2—3日、東京都奥多摩都民の森(奥多摩体験の森)に宿泊して、棒ノ嶺山(969㍍)の登山をめざす。1日目は9時55分、青梅線奥多摩駅前集合、2日目は16時40分、青梅駅前解散。9700円(宿泊代、食事代、保険料など)。中学生以上30人。《申》3月14日までに、メールかファクス、はがきに、住所、氏名、年齢、電話・ファクス番号を書いて、体験の森管理事務所(奥多摩町境654。ファクス0428—32—3633)へ。《問》0428—83—3631同管理事務所。
http://www.tomin-no-mori.jp/

■シビル市民講座「歴史散歩 滝山城址を歩く」

3月13日9時、青梅線拝島駅改札口集合、15時ごろ同駅解散。戦国時代、北条氏が甲斐の武田に対する城として築城した滝山城。日本最大級の中世の山城の遺構を訪ねた後、拝島大師、大日堂の金剛力士像と大日如来像(いずれも鎌倉期の作)を見学する。案内人は中学校社会科教諭・福田恵一さん。コースの一部はバス利用。20人。要予約。1000円(学生、生活困窮者800円)。《申》042−524−9014市民の学習・活動・交流センターシビル。
http://www.geocities.jp/sudajuku/civil/shimin-koza.html

■早春の「武蔵野の路」と廃線跡を歩こう

3月9日(雨天決行)9—11時、西武拝島線武蔵砂川駅で受付。残堀川沿いから、狭山湖建設のため敷設された軽便鉄道廃線跡に残るトンネル、多摩湖を貫け、西武球場前駅へ。約12㌔、3時間20分。西武鉄道ウィークデーハイキング。無料。《問》04—2926—2222西武鉄道スマイル&スマイル部。

■西武・京王合同ウオーク「早春の神社・お寺を訪ねて」

2月26日(雨天決行)9時半—11時、西武新宿線東伏見駅で受付。東伏見稲荷、武蔵野中央公園、三鷹・禅林寺、調布・深大寺、布多天神社をめぐり、京王線調布駅へ(15時までにゴール)。13㌔。約3時間。自由参加。無料。《問》04—2926—2888西武鉄道お客さまセンター。

■フィリピンで出会った戦争被害者たち〜「KATARUNGAN」撮影こぼれ話

3月6日13時半−16時半、三鷹市消費者活動センター3階(三鷹駅南口徒歩5分)。「フィリピン元『慰安婦』支援ネット・三多摩」は2011年5月の完成を目指して、ロラ(フィリピン語でおばあさんの意味)たちの記録映画「KATARUNGAN−ロラたちに正義を!」を制作している。この映画が初監督作品となるジャーナリスト、竹見智恵子さんが「フィリピンで出会った戦争被害者たち」の題で現地での発見、フィリピン戦の進行に伴い被害が拡大した状況などを話す。同作品の予告編(20分間)上映も。500円。ピナツボ復興むさしのネット(ピナット)主催。《申》0422−34−5498、またはメールhachinoko@ba2.so-net.ne.jpピナット。
http://www007.upp.so-net.ne.jp/hachinoko/pinat/pinat_index.html

写真家・鍔山英次さんを迎えて 26日に公開講座

「トップリーダーの話を聞いてみよう」と、学術・文化・産業ネットワーク多摩が昨年5月から、連続公開講座「花と緑と知のミュージアム」を、昭和記念公園花みどり文化センターで開催。

7回目の2月26日は、元報道カメラマンで、武蔵野の野川など自然を題材とする写真を撮り続けている写真家・鍔山英次さん(80)が講師。鍔山さんの水を巡る写真は幻想的な美しさだけでなく、その環境をしっかり見据えた作品として名高い。今回は「多摩の湧水群と世界の水事情」というテーマで、都市化がもたらす河川の影響、気候変動と川霧の関係などについて話す。聞き手は、日本樹木医会副会長の椎名豊勝さん。


26日13時半—15時半。120人。無料。花みどり文化センターは、立川駅北口徒歩7分。《問》042—591—8540同ネットワーク多摩。

■上映とお話の会「ドキュメンタリー辺野古不合意」名護の14年とその未来へ 3月13日、国分寺

3月13日13時半、国分寺労政会館(国分寺駅南口徒歩5分)。1997年の基地移設をめぐる市民投票から14年たった現在の沖縄・名護の状況と声を、全国の人に問いかけたいと作られたドキュメンタリー映画。90分。監督で、名護市で予備校経営をするじんぶん企画主宰・輿石正さんの話も。800円。うちなんちゅの怒りとともに!三多摩市民の会主催。《問》042−592−3806古荘。

■カノド山物語  26日、調布

2月26日15時、19時、調布市せんがわ劇場(京王線仙川駅徒歩3分)。後藤幸三さん作の朗読劇を「民話を語る会」が上演。津軽のお寺の先にある小さな山での心温まる物語を、子どもたちのわらべ歌、劇、音楽、映像を交えて演じる。1000円、小学生以下600円。《問》042−488−3192阿部。

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ