4月2011

■50代、60代のためのスマートエイジング入門「地域プレーヤー実践講座」

5月14日13-16時、府中駅北第2庁舎第2会議室(京王線府中駅北口から徒歩3分)、29日13-16時、東京工学院専門学校312教室(武蔵小金井駅南口または京王線府中駅北口からバス、東京自治会館下車)。ビジネスの手法を活かして街の問題を解決する「コミュニティビジネス(CB)」を学ぶ。講師は、多摩CBネットワーク世話人で内閣官房地域活性化伝道師を務める堀池喜一郎さんと、調布CB推進委員会「調布アットホーム」副代表の杉山裕子さん。初日は「地域で信頼される活動と失敗を乗り越える方法」のテーマで、シニアが活動することの意味、地域事業立ち上げと情報発信について学ぶ。2日目は「コミュニティつくりに役立つICT」のテーマで、地域発信の体験と習得を通してできること、やりたいことを明確にする。おおむね50~70歳で、主に府中市内で今後、継続的に市民活動・CBなどを始めたいと思っている人、またはそのことについて学びたいと思っている人が対象。定員18人(抽選)。参加費1000円(パソコン使用料、テキスト代含む)。

《申》往復はがきに講座タイトル、住所、氏名(ふりがな)、電話番号、返信先を書いて、〒183-0055府中市府中町1-1、府中グリーンプラザ1階、府中NPO・ボランティア活動センターへ、5月7日必着で送る。

《問》042-335-5793同センター。

http://www11.ocn.ne.jp/~fnpov/

■第26回吉祥寺音楽祭

4月29日-5月5日、吉祥寺駅周辺。▼公園コンサート=4月29日13時-16時40分、井の頭公園野外ステージ。武蔵野交通少年団、藤村女子高校吹奏楽部、武蔵野ジュニアジャズアンサンブル、nutmeg、ヤマノミュージックサロン吉祥寺アコーディオンクラス&ゴスペルクラスが出演。▼吉音ストリートライブ=30日12-17時、コピス吉祥寺(旧・伊勢丹)ふれあいデッキこもれび。▼吉音コンサートvol.10決勝大会=5月3日15時、吉祥寺シアター。▼スーパーステージ=4日と5日12-18時、北口駅前野外特設ステージ。持田浩嗣&吉祥寺ヤングオールスターズ、黒岩トキオほか出演。

このほか駅周辺の大型店前やライブハウス、映画館などで自主企画を開催。 4月29日に予定されていた「ホコ天ダンス」は中止、ストリートライブは会場変更に。また5月1日のジャズコンサートはチケットが完売に。 出演者、入場料などはHP参照。
《問》0422-23-5900武蔵野市観光推進機構。
http://www.kichion.com/

■もの作りの楽しさを知る「みどりに遊ぶ工房展」(八王子・上恩方)



5月7日から15日までの10—18時(最終日17時まで)、八王子市上恩方町にある「工房・野の人」を会場に、さまざまな工房で物作りに励む作家たちが集まって作品を展示する。物づくりの体験イベントもあり、緑に囲まれた山の中の工房で、アットホームな時間が過ごせそう(写真はいずも昨年撮影)。


工房・野の人は、陣馬街道沿いにある「高尾野草染組紐(たかおやそうぞめくみひも)」を創作する峯史仁さんの自宅工房。この9日間だけはオープンギャラリーとして開放し、峯さんも含めて6人の作家がそれぞれの作品を展示する。10年前から毎年春と秋に行われており、年々人気を集めている。


今回は、峯さんが組みひもの帯締め、和装小物を、「工房土(とぅ)」森屋由美さんが普段使いのシンプルな器を、「遥工房」藤井智佳子さんが自然素材の服、ストールなどを、草木染め「林工房」主宰、林きよ子さんが藍染めのれん、間仕切り、藍の麻糸などを、「工房ガラ」高嶋真理さんがメタルクラフト、ネックレス、指輪、ブローチを、岡田泰弘さんが木のうつわ、漆の作品、椀などを出品する。
また期間中にイベントも開催。林きよ子さんの原毛からの糸紡ぎ講習会(8、10、12、14日の11時から随時。1000円)、棕櫚の葉のバッタ作り(15日の11時から随時。無料)、組みひものストラップ作り体験(毎日)など。また炭焼き「無限窯」の大谷おさむさんの竹炭のほか、手動式機械で焙煎した炭火コーヒー豆、天然酵母パンを販売する。

 



中央線高尾駅北口から「陣馬高原」行きバス、黒沼田(くるみた)下車。八王子市上恩方町556—6。
《問》090—5536—4891工房野の人

■安田れい子ガラス展−ガラスの絵画的表現

5月2−8日11−19時(最終日17時まで)ギャラリーゆりの木(国立駅南口徒歩3分)。ガラス作品制作の技法の一つ、パート・ド・ヴェールの額作品を中心に展示。
《問》042−573−6663同ギャラリー。
http://www10.ocn.ne.jp/~yurinoki/index.html

■片桐翠展

5月5−10日11−18時(最終日17時まで)アートスペース88(国立駅南口徒歩2分、ファッションコージブランコ)。片桐さん(32)は青山学院女子短大を卒業後、渡英し、ウェストミンスター大学で映画とアニメーションを学ぶ。2006年、創形美術学校造形科卒業後、在学中に受賞したパリ賞の副賞としてパリのシテ・インターナショナル・デ・ザールに8カ月滞在する。紙に水彩で描いた作品などを出品。
《問》042−577−2011同スペース。
http://kunitachi.shop-info.com/cgi/units/index.cgi?siteid=gallery&areaid=36236&unitid=artspace

■女流9人私たちにできること展

5月5−11日12−18時(最終日17時まで)リベストギャラリー創(吉祥寺駅中央口徒歩5分)。石原京子さん(水彩)、碓井斎子さん(版画)、小林幸子さん(水彩)、CORNELIAさん(版画)、永井美名さん(日本画)、松川佳代さん(パステル)、向平真由美さん(ファインアート)、村上亜紀子さん(水彩)、森田りと子さん(ファインアート)が出品。売り上げの一部を東日本大震災の被災地に義援金として送る。
《問》0422−22−6615同ギャラリー。
http://www.libestgallery.jp/

■工藤政秀展−絵画の体温

5月7−22日(木曜休廊)12−19時、ぎゃらりー由芽(三鷹駅南口徒歩10分)。工藤さん(58)は東京造形大学絵画科卒業。国内外で多数の個展、グループ展を開催。タブロー(油彩、キャンパス、紙)とドローイング(鉛筆、紙)を15点ほど展示。写真は「通り過ぎる時間」(油彩・ギャンバス)。
《問》0422−47−5241同ギャラリー。
http://www1.parkcity.ne.jp/g-yume/

■小川榮子展「般若心経に遊ぶ」

4月28日—5月3日11—17時、NMCギャラリー&スタジオ(西武線小川駅西口徒歩2分)。武蔵村山市の小川榮子さんが、般若心経を描いた絵画、書などを展示。
《問》042—346—7300同ギャラリー

■河尻隆次個展

5月12—24日(土、日曜休み)10—17時(最終日16時まで)たましんギャラリー(立川駅北口徒歩3分、多摩信用金庫本店9階)。国立市の独立美術協会会員で、青少年の更生教育を長年続けている河尻さんが、東日本大震災で受けた突き動かされる思いをもとに、大作を含めた8点の新作油彩画などを発表。
《問》042-526-7717同ギャラリー。

■美しい日本の籠展

5月12−25日10時半−18時、フォトギャラリー福田(小田急線玉川学園前駅南口徒歩9分)。大橋郁子さんの籐で編んだ籠と、原始布・古代織参考館「出羽の織座」(米沢市)の山村洋子さんが手がけた「しなふ」にアイヌ模様を施したクラッチバッグ、山ブドウの籠など約60点を展示。
《問》042—726—7173同ギャラリー。
http://gfukuta.exblog.jp/

Page 1 of 6 1
1 / 101234510...最後 »
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ