5月2011

■江戸糸あやつり人形〜糸し糸しと言ふ心〜

6月1日−7月3日(月曜休館)10−17時(入館16時半まで)中村研一記念小金井市立はけの森美術館(武蔵小金井駅南口徒歩15分)。三百七十年余の歴史を持ち、国記録選択無形民俗文化財及び東京都無形文化財の指定を受けている糸あやつり人形劇団「結城座」(小金井市)。同座の歴史を紹介するとともに、同座が演ずる古典作品と現代作品、それぞれの舞台や装置、人形を展示して芝居空間を出現させる。
観覧料400円(小中学生200円、未就学児と障害者手帳を持っている人無料)。
▼いとをかし人形ばなし=6月11日13時−15時半。結城座人形遣いの結城千恵さんが、座の歴史のほか、人形の歴史全体を江戸文化を通して話す。中学生以上30人(申し込み順)。参加無料(観覧券必要)。▼いとをかし人形あそび=6月26日13時−15時半。講師は結城座座長の十二代目結城孫三郎さん。人形の着替えなど舞台では分からない人形の秘密を楽しむワークショップ。小学生以上(ただし小学4年生以下は保護者同伴)20人(申し込み順)。参加無料(観覧券必要)。

《申・問》042−384−9800同美術館。
http://www.city.koganei.lg.jp/kakuka/shiminbu/shiminbunkaka/hakenomori/hakenomori_top.html

■第6回 増田良一個展−小さな仲間達

6月2−7日11−18時(最終日17時まで)グリーングラス喫茶(南武・京王線分倍河原駅徒歩4分)。油絵ひまわり会に所属して30年になる増田さん(76=立川市栄町)がピエロや猫、人形などを描いた油彩を出品。
《問》042−366−4705同店。

■2011新世紀美術協会多摩支部会員展

6月2−7日11−18時(最終日16時まで)コート・ギャラリー国立(国立駅南口徒歩1分)。40人が人物、静物、風景などを描いた油彩など40点出品。
《問》042−573−8282同ギャラリー。
http://www.courtgallery-k.com/

■Streamline XⅧ 井上陽介展

6月2−8日12−18時(最終日17時まで)リベストギャラリー創(吉祥寺駅中央口徒歩5分)。金属工芸家の井上さんが銀に色揚げを施して多彩な色に仕上げたアクセサリーや器などを出品。
《問》0422−22−6615同ギャラリー。
http://www.libestgallery.jp/

■第37回立川平和美術展

6月7−12日11時−18時半(最終日17時まで)立川市市民会館展示室(立川駅南口徒歩10分)。「平和で民主的な社会の発展こそ、より豊かな文化を生み出す源であり、これをまもり育てていくための努力が、芸術の生命である表現の自由を守ることにつながる」という考えに立つ44人が、絵画、立体などを出品。同展実行委員会主催。
《問》042−583−5787高原。

■新田繁夫日本画展

6月9—21日(土、日曜休館)10—17時(最終日15時まで)たましんギャラリー(立川駅北口徒歩3分、たましん本店9階)。あきる野市草花に住む日本美術院研究会員の新田さんの作品展。写真は「朝霧」。
《問》042-526-7717同ギャラリー。

■公募第2回アンデパンダン展

6月15—19日10—17時、府中市美術館市民ギャラリー(京王線東府中駅徒歩15分)。多摩地域の人ならだれでも自由に出品できる無償無審査の公募展。絵画、立体、陶工芸、写真、書など。入場無料。▼出品希望者は6月4日までに事務局へ(出品料5000円)。美術集団多摩アンデパンダン主催。
《問》042—738—7459同事務局・赤羽。

■“身近ないきもの探検” 参加者募集

7月3日10−15時、井の頭自然文化園(吉祥寺駅公園口徒歩10分)。園内でトカゲやカエル、昆虫など野生の生き物を探したり、採集したりして、身近な生き物の興味深い姿形や暮らしを観察する。小学3−6年15人募集(応募者多数の場合は抽選)。無料。
《申》往復はがき(応募は1人1枚まで)に、住所、氏名(ふりがな)、学年、性別、電話番号、返信先を書いて、〒180−0005武蔵野市御殿山1−17−6、井の頭自然文化園「観察会 身近ないきもの探検」係へ、6月10日消印有効。
《問》0422−46−1100同園。
http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ino/

■第28回東京都市町村軟式野球決勝大会(成人の部)

6月5、12、19日9—17時頃、国立市、小平市、稲城市、多摩市、国分寺市の野球場。予選を勝ち抜いた多摩地域の28市町村の代表チームがたたかう。東京都市町村軟式野球協会主催。
《問》042—564—3353高橋。

■野生動物を守るための獣医師の仕事

6月26日13時−15時45分、井の頭自然文化園本園彫刻館(吉祥寺駅公園口徒歩10分)。「動物のお医者さん」というイメージが強い獣医師だが、動物の治療以外に様々な役割がある。中でも野生動物の保全につながるような獣医師の役割について、同園園長・成島悦雄さんが「動物園獣医師のかかわり」の題で、東京都獣医師会野生動物対策委員の高橋恒彦さんが「開業獣医師のかかわり」の題で話す。高校生以上60人募集(応募者多数の場合、抽選)。
《申》メールinokashira_park_zoo@tzps.or.jpに、件名「獣医師の仕事講演会」、本文に希望者全員の氏名、年齢、代表者の住所、氏名、電話番号を書いて6月10日までに送る(同園からのメールが受けられるよう、事前に迷惑メールフィルターやメールソフトを設定しておくこと)。または往復はがきに希望者全員の氏名、年齢、代表者の住所、氏名、年齢、電話番号、返信面に代表者の住所、氏名を書いて、〒180−0005武蔵野市御殿山1−17−6、井の頭自然文化園「獣医師の仕事講演会」係へ、6月10日までに(消印有効)送る。
《問》0422−46−1100同園。
http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ino/

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ