5月2011

■革と遊ぶ〜黒澤正子 革創作人形とブローチ展

5月26−31日11−18時(最終日16時まで)コート・ギャラリー国立(国立駅南口徒歩1分)。黒澤さん(板橋区)が出品。
《問》042−573−8282同ギャラリー。
http://www.courtgallery-k.com/

■ViTRAiL MARiCO ステンドグラスパネル展

5月26日−6月1日12−18時(初日14時から、最終日17時まで)リベストギャラリー創(吉祥寺駅中央口徒歩5分)。今野満利子さんが主宰する「ヴィトゥライュ マリコ」の工房展。11人が「楽器」をテーマに、同じ寸法の額にそれぞれが工夫を凝らした絵付けパネルを並べた作品などを出品。
《問》0422−22−6615同ギャラリー。
http://www.libestgallery.jp/

■第7回陶好会作陶展

 5月28、29日10—17時(29日16時まで)昭島市公民館(青梅線昭島駅北口徒歩5分)。互いの個性を尊重しながら、作陶活動を続ける15人が、器、人形、仏像など、それぞれに作りたいものを作って発表。会員も募集している。
《問》042—541—1500川島。

■平塚良一展

5月28日−6月12日(木曜休廊)12-19時、ぎゃらりー由芽(三鷹駅南口徒歩10分)。平塚さんは日大理工学部卒業後、パリ国立美術学校絵画科ディプロム取得。国内のほかフランス、韓国など国内外で個展、グループ展を多数開催。写真「無題」はいずれも木製パネルに和紙を張り、墨で描いたもので、小品を数十点出展。
《問》0422−47−5241同ぎゃらりー。
http://www1.parkcity.ne.jp/g-yume/

■古布あそび展 矢萩陽子&萩の会

5月31日−6月5日11−18時(最終日16時まで)ギャラリーゆりの木(国立駅南口徒歩3分)。矢萩さん(国分寺市)と矢萩さんが主宰する会のメンバーが、着なくなった着物や帯を利用して作った洋服、バッグ、布絵、アクセサリーなどを出品。
《問》042−573−6663同ギャラリー。
http://www10.ocn.ne.jp/~yurinoki/

■2011青梅アート・ジャム

「アートがこの地でできること」を合言葉に、青梅市や周辺在住の作家らが市内5カ所の会場で、アートによる地域交流のイベントを開催。今回は「森から響く祈りとくらし」をテーマに、ワークショップなどを開く。
▼武蔵御嶽神社(青梅線御嶽駅からバスとケーブルカー)=展覧会(6月中の土日曜。彫刻家伊藤光治郎さん、日本画科杉本洋さんが出品。300円)、ワークショップ「神様を彫ろう」(6月6—7日)、山の神様を描くツアー(6月15—16日)、壁芝居朗読会(6月25日17時。能楽師中所宜夫さんが青梅の民話を朗読)。
▼煉瓦堂朱とんぼ(青梅線軍畑駅)=6月12日ワークショップ「祈りの形を作る」「祈りの言葉を書く」「お供えの器を作る」「木と竹で筆を作って絵を描こう」「日本伝統文化模様を切り抜く」ほか。参加費200—500円。《申》03—6411—7358青梅アート・ジャム事務局。
▼青梅市立美術館(青梅駅)=6月4—26日(月曜休館)参加作家の作品を展示。無料。
▼ゆずの里勝仙閣(青梅線御嶽駅)=6月4—26日(無休)重度心身障害児施設「光の家」と、参加作家による作品展。無料。
▼吉川英治記念館(青梅線二俣尾駅徒歩15分)=展覧会(6月4—26日。月曜休館。染織家スーパーポーンヘミンさん、型染作家塩野圭子さんが出品。500円)、パネルトーク「森から響く祈りとくらし」(6月5日14時、日本とタイの作家が語る。直接)、能楽らいぶ「平家物語—そして始まり」(6月25日14—16時、能楽師中所宜夫さん、薩摩琵琶荒井姿水さん。3000円。先着50人)。《申》42—550—4295中所。
《問》03—6411—7358青梅アート・ジャム事務局、0428—24—1195青梅市立美術館。

■くにたちどろまみれ!2011

5月29日(雨天決行)10−16時、国立市谷保の古民家(旧柳澤家住宅)前の田んぼ(南武線矢川駅徒歩10分)。田植え前の田んぼで遊びまくる一大イベント。都内にも水田があることを広く知ってもらおうと企画された。
▼一橋大世界プロレスリング同盟による田んぼどろレス王者決定戦!=12時−12時半。▼親子で参加!どろ舟レース=11時、14時。参加費1組200円。50組募集、事前予約も可。▼小学生対抗戦どろっじボール=10時半から。小学4−6年8人1チームで戦う。参加費1チーム1000円。要予約。▼親子でチャレンジしてみよう!ザリガニつり=終日。▼皐月(さつき)の空に溶ける音〜古民家コンサート=11時、11時半、13時半、15時。山根かずきトリオ、ウイッスル・ジン(口笛)ら地元ゆかりのアーティストが競演する。▼谷保の野菜屋さん=終日。谷保産の冷やしトマト、焼きそば、ビールなど。
このほか、6消防団対抗「どろんこビーチフラッグ」「どろで人間拓」やどろだんご作りなど、泥の中で自由に遊べる。どろんこになったら消防車の放水で洗い流してもらえる。更衣室あり。先着300人にこの田んぼで育てた米で作ったお握りを配布。国立市農産係主催。
《申・問》042−576−2111同係、原田。
http://kunitter.com/feature/doronko/

■多文化・環境共生型野外フリーイベント第4回みんなちがってみんないい

5月29日(雨天決行)10時半−16時、八王子市庁舎前、浅川河川敷広場(八王子駅北口バス、市役所入り口下車)。礒沼牧場(八王子市)によるミニ牧場で羊の毛刈り実演と子牛の散歩、みんなで打楽器をたたく「リズムサークル」、自転車発電、野点、タカパーチによる「人間ジュークボックス」などのほか、様々な民族舞踊と音楽、エスニック料理と雑貨の模擬店も。
食器は持参、またはレンタルで。車いすで来場する人のためにのみ駐車スペースあり。収益は東日本大震災の義援金に当てる。
《問》042−646−3277みんなちがってみんないい実行委主催。
http://homepage3.nifty.com/minnatigau/

■東日本大震災支援イベント コンサート&チャリティーマーケット

5月29日10−17時、まろにえホール・東久留米市立生涯学習センター(旧・中央公民館=西武池袋線東久留米駅西口徒歩15分。またはバス、中央図書館入口下車)。
▼みんなのクラシックコンサート=14時。ピアニスト・鈴木真理子さんら市内在住のプロの演奏家たちでつくる東久留米市演奏家協会の12人が出演。ベートーベン「弦楽四重奏曲ラズモフスキー第3番」、プッチーニ「ある晴れた日に」、ショパン「ワルツ作品64−2」ほかを演奏。無料(整理券を同センターで配布中)。▼東久留米の作家たちによるチャリティー・アート&クラフト展=陶器、アクセサリー、絵画、ポストカード、絵本、染物など販売。▼地元のお店や団体によるまろにえチャリティーマーケット=市内の名産品、野菜、手芸品、雑貨、ベビーグッズなど。▼生涯学習センター愛称セレモニー=11時半。市長から命名者へ表彰と記念品贈呈、記念植樹。東久留米市民吹奏楽団によるファンファーレと特別演奏も。▼ロビーコンサート&パフォーマンス=市民団体によるコーラス、スクエアダンス、邦楽、フラ&バンド、バトントワリングなど。▼市民団体による押し花&きりえ体験コーナー。
チャリティーマーケットの売り上げの一部を義援金として日本赤十字社に寄付する。
《問》042−473−7811同センター。

■青梅市吹上花しょうぶまつり

6月1—30日9—17時、吹上しょうぶ公園(青梅線東青梅駅北口徒歩15分)。霞丘陵の一角の谷戸に216種10万本のハナショゥブが植えられている。期間中はガイドボランティアが園内を案内。俳句の投稿や、ポット苗の販売も。入園料200円(小学生以下無料)。駐車料金300円。青梅線河辺駅北口からバスあり。
《問》0428—22—1111青梅市公園緑地課。
http://www.city.ome.tokyo.jp/koen/shobu_koen.html]】

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ