5月2011

■森の撮影会

6月18—19日(1泊2日)東京都奥多摩都民の森(体験の森)に宿泊。初心者を対象に、デジタルカメラで、奥多摩都民の森周辺や山梨県光窪高原のツツジを散策しながら、撮影する。奥多摩周辺の山を知り尽くした指導員が案内。中学生以上15人。8700円(宿泊費、食事代4食分、保険料、教材費)男女別相部屋。
《申》6月6日までに、メールかはがきかFAXにイベント名を頭書きし、参加者の住所、氏名、年齢、電話・ファックス番号を書いて、体験の森管理事務所(〒198−0222奥多摩町境654。メールoku-mori@axel.ocn.ne.jp  FAX0428−83−3633)へ。ホームページからも申し込める。
《問》0428−83—3631同管理事務所
http://www.tomin-no-mori.jp/

■渓流釣り体験・第2回


6月18—19日(1泊2日)奥多摩都民の森(=体験の森)に宿泊。多摩川の源流域で、天然ヤマメ、イワナ釣りに挑戦する。地元出身のプロの釣り師杉山陸男さんが指導。高校生以上で胸までの深さの川を歩ける人対象。15人。1万200円(宿泊費、食事代4食分、保険料、体験料など)男女別相部屋。
《申》5月30日までに、メールかはがきかFAXにイベント名を頭書きし、参加者の住所、氏名、年齢、電話・ファックス番号を書いて、体験の森管理事務所(〒198−0222奥多摩町境654。メールoku-mori@axel.ocn.ne.jp  FAX0428−83−3633)へ。ホームページからも申し込める。
《問》0428−83—3631同管理事務所
http://www.tomin-no-mori.jp/

■森林セラピーツアー「新緑の奥多摩湖いこいの路全線ウオーク」


6月4日9時20分、青梅線奥多摩駅集合。奥多摩の森林を活用して科学的、医学的な視点から、健康増進やストレス緩和、りフリッシュなどをめざす。今回は、奥多摩湖畔にあるセラピーロード「奥多摩湖いこいの路」(写真、12㌔)をガイドウオークする。昼食はセラピー弁当。奥多摩式森林呼吸法、森のティータイムも。ガイドウオークの前後に健康チェックがある。16時45分、奥多摩駅で解散。5500円。21人(最少催行人数6人)。
《申》27日15時までに0428—83—8855おくたま地域振興財団。
http://okutama-therapy.com/

■多摩地区親と子のよい映画をみる会「ライヤンツーリーのうた」上映

6月12日10時20分、13時10分、16時、立川市女性総合センターアイム・ホール(立川駅北口、立川パレスホテル斜め前)。長編アニメーション映画「ライヤンツーリーのうた」を上映。上映前に、立川市児童合唱団のコーラス(指揮は佐藤公孝・音大名誉教授)、手作りアニメのワークショップ(11時50分—16時半)を開催。有原誠治監督の舞台挨拶予定。前売り800円、当日1000円(いずれも3歳以上)、障害者手帳持参者500円。
《問》042—535—2966岡野。

■二期会オペレッタ研究会10周年企画「歌を愛す—歌・響・輝」

6月10日18時半、国分寺いずみホール(中央線西国分寺駅南口)。6月11日15時、青梅市民会館(青梅線青梅駅徒歩5分)。6月12日14時、西東京市民会館(西武新宿線田無駅北口徒歩5分)。歌、踊り、笑い、涙ありのオペレッタ研究会のステージ。故郷、サウンドオブミュージック、ラデツキー行進曲などを演奏。黒田信也さんら出演。3000円、小中学生2000円。11日の青梅公演は、3年前にがんで亡くなった青梅市在住の会員三井桃子さんをしのぶメモリアルチャリティーコンサートとして実施(三井さんが東北・八戸市出身だったため、収益の一部を東日本大震災の義援金にする)。
《申》03−3237−6992オペレッタ座事務局。青梅公演は0428—23—2665窪田さんへ
http://ameblo.jp/operetta-za/

■トロンボーンとピアノによる名曲コンサート

5月27日19時、喫茶・白十字南口本店(国立駅南口徒歩2分)。スイスのチューリッヒ芸術大学コンチェルトディプロム取得のトロンボーン奏者・新山(あらやま)久志さん(写真=国立市)と、洗足学園音大卒業のピアニスト・中井葉月さんが出演。ヘンデル「オンブラ・マイ・フ」、ブラームス「ハンガリー舞曲第5番」などクラシックから「慕情」など映画音楽まで演奏。チケット前売り2500円(学生と60歳以上2000円)、当日各300円増し。チケットは白十字南口本店(042-572-0416)で販売。
《問》090-9972-3207くにたち音楽企画。

■2011東北関東大震災チャリティーコンサート「ソプラノ&ヴァイオリン&ピアノによるシューマンの音楽」

5月28日14時、西東京市保谷こもれびホール(西武新宿線田無駅北口、または西武池袋線保谷駅南口バス、保谷庁舎下車)。国立音大大学院修了のソプラノ歌手・稲森雅子さん、桐朋学園を経て英国ギルドホール音楽院学士課程首席卒業のバイオリニスト・小林倫子さん、国立音大大学院首席修了のピアニスト・佐藤惠美さんが出演。シューマン「子供の情景」「アダージョとアレグロ」「幻想小曲集」「リーダークライス」「女の愛と生涯」を演奏。チケット2000円(4歳以上中学生以下1000円)はこもれびホールでも販売。ハートミュージック主催。
《申》042-463-6168、6031、またはメールemisato@k4.ne.jpさとう

■緑の創作園オープンガーデン

5月28日(小雨実施)10時-12時半、同園(武蔵野市八幡町3-2=三鷹駅北口バス、関前三丁目下車)。同園は市有地を市民グループ「M,s Garden みどりの食いしん坊」が管理し、数百種類のハーブを中心に四季の花々やブルーベリーなどを育てている。ハーブ苗と花苗の配布、ハーブティーとケーキ(100円程度)の販売、ガーデニング相談など。
《問》0422-60-1863武蔵野市緑化環境センター。

■シビル市民講座「韓国併合101年-もっと知りたい、考えたい」

6月6日、13日18時半-21時、柴中会公会堂(立川駅南口徒歩3分)。講師は恵泉女学園大教員の李泳采(イ・ヨンチェ)さん。6日は「兵役ってなに?-韓国の軍隊と若者」、13日は「北朝鮮とどう向き合うのか-脱北者の人権から考える」のテーマで話す。定員25人。1回1000円(学生と生活困窮者800円)。
《申》042-524-9014(FAX兼)、またはciviltachikawa@yahoo.co.jp市民の学習・活動・交流センター・シビル。

■憲法を学ぶ会「中東・パレスチナから見える日本社会と天皇制」

5月30日19-21時、武蔵野市本町コミュニティセンター(吉祥寺駅東口、ヨドバシカメラ東)。講師の成蹊大学法学部非常勤講師の田浪(たなみ)亜央江さんは一橋大学言語社会研究科博士課程で学んだ後、イスラエルのハイファ大学留学。パレスチナ/イスラエル文化政策が専門で、著書「<不在者>たちのイスラエル 占領文化とパレスチナ」がある。参加費500円。 当初3月25日に開催予定だったが、東日本大震災の影響で延期となっていた。
《問》0422-55-2419斎藤。

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ