7月2011

■憲法を学ぶ会「原発と憲法第9条の関係」

7月29日19-21時、武蔵野市本町コミュニティセンター(吉祥寺駅東口徒歩1分、ヨドバシカメラ裏)。講師の小倉志郎さんは慶応大学大学院修了後、日本原子力事業(後に東芝に吸収合併)に入社し、2002年に定年で退職するまでの35年間、一貫して原子力発電所の見積もり、設計、建設、試運転、定期検査、運転サービス、電力会社社員教育などに携わった。現在、「コスタリカに学ぶ会(正式名称・軍隊を捨てた国コスタリカに学び平和をつくる会)」の世話人を務める。参加費500円。

《問》0422-55-2419斎藤。

■ご自慢Tシャツを作ろう!!

8月7日13時-16時、18時-21時、くらしアート無名庵(八王子駅南口徒歩5分)。 絵の具と筆で好きな絵を描いたり、ハンコを用いた柄作りや刺しゅうを施すなどをして、Tシャツを作る。Tシャツまたはブラウス1枚を持参する。2000円(中学生以下1000円)。申し込みはメールまたはFAXで。住所、氏名、電話番号、希望する回を書く。7月31日締め切り。各回10人定員。

《申・問》メールmomoishikikaku@gmail.com。FAX042―628―0402百石企画。 【http://momoishi.web.fc2.com/index.html】

■八代繁広・遊木展

 

7月28日-8月3日12-18時(最終日17時まで)リベストギャラリー創(吉祥寺駅中央口徒歩5分)。静岡県のキャンプ場内に伊豆稲取ストーンチェア工房を開く八代さんが、海や山、川で集めた流木で作った家具、アート作品を出品。

《問》0422-22-6615同ギャラリー。

http://www.libestgallery.jp/

http://stonechair2.iinaa.net/

■シビル市民講座「歴史散歩 玉川上水と分水、そして新田を歩く」

7月30日9時半、西武国分寺線鷹の台駅改札口集合。玉川上水は江戸市中に飲み水を供給するために1653年に開削された。武蔵野台地の一番高いところを通るため、途中から多くの分水を分け、さらに徳川吉宗の新田開発政策によって飲用、生活用水、田用水、水車の動力としてあちこちに分水が引かれ、そこに新しい村が誕生した。中学校社会科教員・福田恵一さんの案内で、小平市内に残る野中分水、田無分水、鈴木分水のほか、鈴木街道沿いに残る新田集落の地割、町並みなどをめぐり、14時ごろ小平ふるさと村付近で解散する。昼食はふるさと村付近で店を利用。参加費1000円。

《申》042-524-9014市民の学習・活動・交流センター・シビル。

■スタンプラリー「日本の動物と妖怪 Part3 東北編」

 

7月16日-8月31日(毎週月曜休園。ただし7月18日と8月15日開園、7月19日休園)9時半-17時(入園券販売16時まで)井の頭自然文化園(吉祥寺駅公園口徒歩10分)。

日本人は昔から身近な自然や動物と親しみ、その豊かな感性から妖怪たちが生まれてきた。今回のラリーは、岩手県の河童や福島県の岩魚坊主など、東北地方に伝わる怪異談とそこに登場する動物がテーマ。本園の正門先と分園の表門先で「日本の動物と妖怪」ブック(東北妖怪図鑑付き)をもらい、園内10カ所をめぐる。

入園料400円(65歳以上200円、都内在住在学の小中学生無料)。

《問》0422-46-1100同園。

http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ino/

■なかまたち展

 

7月21-26日11-18時、アートスペース88(国立駅南口徒歩2分、フッションブランココージ)。日本画、油彩、水彩、鉛筆画を出品。

《問》042-577-2011同スペース。

http://kunitachi.shop-info.com/cgi/units/index.cgi?siteid=gallery&areaid=36236&unitid=artspace

■佐瀬智恵 トンボ玉展

 

7月26-31日11-19時(最終日17時まで)ギャラリーゆりの木(国立駅南口徒歩3分)。佐瀬さんが様々なトンボ玉を出品。

《問》042-573-6663同ギャラリー。

http://www10.ocn.ne.jp/~yurinoki/index.html

■神わざ・江戸切子 名工 南端久司

 

7月23日-31日10時半-18時、フォトギャラリー福田(小田急線玉川学園前駅南口徒歩9分)。
江戸切子作家、南端さんの個展。南端さんは平成13年に現代の名工に認定された。菓子鉢、花瓶、グラス、皿など約50点。
《問》042―726―7173同ギャラリー。
http://gfukuta.exblog.jp/

■フィルハルモニア多摩 第9回定期演奏会~ベートーヴェン交響曲シリーズ第8回~団員によるコンチェルト・シリーズ

7月23日19時、稲城市立iプラザホール(京王相模原線若葉台駅北口徒歩2分)。フィルハルモニア多摩は2004年結成のプロフェッショナル・オーケストラ。音楽監督・指揮は、ポーランド国立歌劇場常任指揮者で国立音大講師の今村能(ちから)さん。バイオリン独奏は国立音大卒業の高原久実さん、合唱は多摩フィルハルモニア合唱団。曲目はカンタータ「海の静けさと幸福な航海」、「バイオリン協奏曲ニ長調」、「交響曲第5番ハ短調『運命』」。

チケット全席自由3000円は国立楽器各店、宮地楽器小金井店ショールームなどで販売。

《問》090-5425-9128多摩フィルハルモニア協会。

http://homepage3.nifty.com/tama-fil/

■市民活動パワーアップ講座「市民活動を広げるヒント『寄付』」

7月23日10-12時、小平市民活動支援センターあすぴあ(西武線萩山駅徒歩5分)。「NPOまちづくりセンターかながわ・アリスセンター」理事、「国際青年環境NGO A SEED JAPAN」理事の土谷和之さん(33)が、団体の活動資金を積極的に増やすと会員が増える「ワケ」、寄付集めは団体アピールの大切な手段になるということなどを話す。

無料。申し込み先着30人。

《申》7月22日までに042-348-2104あすぴあ。

http://kodaira-shiminkatsudo-ctr.jp/

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ