9月2011

■ 渡井眞季+益永梢子 二人展

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月8-23日(火曜休廊)12-19時、ギャラリー・フェイストゥフェイス(吉祥寺駅公園口徒歩4分)。陶芸家の渡井(わたい)さんは女子美短大を卒業後、グラフィックデザイナーを経て2000年から作陶を開始。きめの細かい白い陶土白い釉薬を使った作品約25点出品。美術家の益永さんは成安造形短大を卒業後、ドローイングやインスタレーション、オブジェを制作。今回は古い書物のページを折って作るオブジェ約10点を出品。

《問》0422-70-0885同ギャラリー。

http://ftf2000.com/gallery

■声を出すのは気持ちがいい「話芸の会」

 

10月11日、25日、11月8日、22日、12月13日、2012年1月17日、31日、2月14日、28日、3月13日の全10回13-15時、アクティブ立川(モノレール立川南駅徒歩1分、シビル内)。講師の田家左和子さんは女流義太夫として社団法人義太夫協会所属。女優、活弁映画弁士として活動していたこともある。発声と短い文章の朗読、紙芝居の語りを練習し、来春には簡単な発表会も計画。入会金4000円、受講料全10回2万円。

《申》042-524-9010アクティブ立川。

【http://www1.ttcn.ne.jp/~active/

■石黒あき子作陶展&藤野民子透明水彩画展

 10月2日まで10―16時半、澤乃井ガーデンギャラリー(青梅線沢井駅下車徒歩5分、小澤酒造売店隣)。青梅市内で陶芸教室講師を務める石黒さんと、西多摩地域で活動する藤野さんの二人展。

《問》0428―78―8210同ギャラリー。

【http://www.sawanoi-sake.com】

■青少年の地域での育てと居場所づくり

 10月22日14時、あきる野ルピア3階情報研修室(五日市線秋川駅北口)。青少年の地域での育てと居場所づくりをテーマに、本気で向き合ってきた人たちのレポートと討論会。主催する「流域“学び”の会」は、秋川流域のあちこちから上がった「教育はみんなで手をつないでやりましょうよ」の声に押されて平成17年に発足。例会、フォーラム、視察、講演会などで学び合いを続けている。無料。

《問》事務局042-597-1839同事務局(大串)

■ 第20回記念 恒河沙書展

10月6-11日11-18時(最終日16時まで)コート・ギャラリー国立(国立駅南口徒歩1分)。田端推雲さん(八王子市長房町)と教え子の古城麗紅さん、小野﨑香苗さん、筒木忍さん、前田史さん、山内光さん、柳瀬佐代子さんが出品。

《問》042-573-8282同ギャラリー。

http://www.courtgallery-k.com/

■ すずきすずよ人形展 Return To Innocence Ⅱ~Twice Born~

10月6-11日11-18時(最終日17時まで)コート・ギャラリー国立(国立駅南口徒歩1分)。創作球体関節人形作家のすずきさん(立川市錦町)が近作を出品。

《問》042-573-8282同ギャラリー。

http://www.courtgallery-k.com/

■四人展

 

10月6-12日12-18時(最終日16時まで)リベストギャラリー創(吉祥寺駅中央口徒歩5分)。陶芸家の翁長優(おながあつし)さん、城田領さん、島田敦夫さん、児玉知幸さんが器をはじめ、万華鏡、スプーン、文具など生活の中で活躍する作品を出品。

《問》0422-22-6615同ギャラリー。

http://www.libestgallery.jp/

■中村富夫水彩画展

 

10月6-11日11-18時(最終日16時まで)アートスペース88(国立駅南口徒歩2分)。中村さん(国分寺市東元町)が都内や旅行先の風景を描いた水彩画を出品。写真は「夕焼け小焼けの里」。

《問》042-577-2011同スペース。

http://www.courtgallery-k.com/artspace88.htm

■ Felt  Works  Exhibition 小門富美子  藤井恵

 

10月4-9日11-18時(最終日17時まで)ギャラリーゆりの木(国立駅南口徒歩3分)。小門さんがドット+ボタンやビーズを付けたバッグ、レザー作家・木村ペケさん制作の革のアクセサリーをアクセントにしたバッグなどフェルトのバッグを出品。イラストレーターの藤井さんがデザインしたフェルト・パネルも出品。

《問》042-573-6663同ギャラリー。

http://www10.ocn.ne.jp/~yurinoki/

■ツシマヤマネコへの手紙を書いて長崎県対馬に行こう!

 

井の頭自然文化園では絶滅の危機にひんしているツシマヤマネコの飼育下繁殖に取り組むとともにツシマヤマネコの暮らしや現状を伝える様々な普及活動を行なっていて、小学4~6年生を対象にしたイベントを開催する。

▼ヤマネコミニ講座  10月15日13-15時、16日10-12時。飼育しているツシマヤマネコを飼育係と一緒に観察し、対馬市市民生活部環境政策課の玖須博一さんから対馬における保全活動についての話を聞き、自分たちに何ができるかを考える。小学4~6年生各回20人(多数の場合、抽選)。

《申》10月8日までに、住所、氏名(ふりがな)、学年、性別、電話番号を、0422-46-1100(またはEメール inokashira_park_zoo@tzps.or.jp)へ。

▼ヤマネコへの手紙募集  ミニ講座の参加者から手紙(作文)を募集(10月24日消印有効)。応募作品の中から「対馬市長賞」4人を選び、副賞として対馬体験ツアー(11月26日-27日。保護者は参加できない)に招待。また「井の頭自然文化園賞」5人には副賞としてツシマヤマネコグッズが贈られる。

▼ヤマネコ先生に聞いてみよう  10月15日10-12時、16日13-15時、本園。玖須博一さんのスポットガイド。生息地での取り組みや対馬の自然環境、人々の暮らしなどを話す。

《問》0422-46-1100同園。

http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ino/

Page 1 of 6 1
1 / 712345...最後 »
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ