10月2011

■ 堀尾貞治展-あたりまえのこと(物、場所、時間)-

 

10月22日-11月6日(木曜休廊)12-19時、ぎゃらりー由芽(三鷹駅南口徒歩8分)。現代美術家の堀尾さん(72)が画廊の空間を全部使ってインスタレーションを制作展示。

《問》0422-47-5241同ぎゃらりー。

http://www1.parkcity.ne.jp/g-yume/

■ 思いっきり歌!~エンジョイ ボイストレーニング&コーラス~

10月26日-11月16日の毎週水曜19時-20時半、東京YWCA武蔵野(三鷹駅北口徒歩3分)。ソプラノ歌手・新藤昌子さんの指導で、「追憶(スペイン民謡より、日本語訳詩)」「サウンド・オブ・ミュージック(英語)」を歌う。定員20人。参加費8000円。

《申》0422-52-3881東京YWCA武蔵野。

■ ドキュメンタリー映画「カタロゥガン!ロラたちに正義を!」上映会&竹見智恵子監督のお話

10月28日19時半-21時半、はちのこ保育園(武蔵境駅南口バス、大沢下車)。太平洋戦争中、フィリピンでは若い女性たちが日本軍に捕らえられて「慰安婦」にされたり、集団レイプされたり、性暴力の被害に遭った。元「慰安婦」たちは90年代に入って長い沈黙を破って日本政府相手に謝罪と補償を求める運動を始めたが、現在も問題は解決せず、このままでは自分たちの正義は回復されないと80歳を過ぎた今も、街頭デモに参加し、闘い続けている。映画はそんなロラ(タガログ語で「おばあさん」の意味)たちをマニラ首都圏、ルソン島マパニケ村、レイテ島山間部で追い、30人以上のロラや元日本兵らのインタビューを記録している。21時からは監督の竹見さんが話す。参加費500円。なるべく予約を。

《申》0422-32-3081すぺーすはちのこ。

http://www007.upp.so-net.ne.jp/hachinoko/index.html

 

■ 冨永之廣展-花・流・風 季節の移ろい

 

10月27日-11月1日11-18時(最終日16時まで)コート・ギャラリー国立(国立駅南口徒歩1分)。新世紀美術協会委員で日本美術家連盟会員の冨永さん(昭島市つつじが丘)の作品展。写真左は「流れの図『霜枯れ・厳冬』」(ビエンナーレOME2009佳作賞)、同右は「流れの図『薄氷』」(ビエンナーレOME2011佳作賞)。

《問》042-573-8282同ギャラリー。

http://www.courtgallery-k.com/

■ シビル市民講座歴史散歩「武蔵野はどこからひらけたのか 狭山丘陵の谷戸田を歩く」

10月30日10時、八高線箱根ケ崎駅改札口集合。江戸時代の初めまでほとんど人が住んでいなかった武蔵野台地に比べ、狭山丘陵の山ふところには古くから人が住み、小さな谷戸に田んぼを作ってきた。小平の小川村を開いた小川九郎兵衛の出身地、狭山丘陵の岸村を歩く。都立野山北・六道山公園内の宮野入谷戸に江戸時代の民家を再現した「里山民家」で昼食をとる。

案内人は中学校教員で「玉川上水 武蔵野 ふしぎ散歩」(農文協刊)の著書がある福田恵一さん。飲み物、軽食持参。参加費1000円(高校生500円)。

《申》042-524-9014市民の学習・活動・交流センター「シビル」。

http://space.geocities.jp/sudajuku_tachikawa/civil/shimin-koza.html

■ 宇田泰子ドールハウス教室第一回作品展

 

10月25-29日11時-18時半(最終日15時まで)カーサノーヴァギャラリー(地下鉄丸の内線大手町駅A2番出口徒歩3分)。「アトリエ・ブルー・ルーフ」(武蔵野市吉祥寺東町)を主宰するドールハウス作家の宇田さんが吉祥寺、国立、あきる野、東陽町で開く教室の生徒有志16人が出品。

《問》03-5256-5700同ギャラリー、0422-22-5971アトリエ・ブルー・ルーフ。

http://www.kaedeya.co.jp/gallery.html

http://www.blueroof.ecweb.jp/

 

 

 

 

■ 高野陽介日本画展「水晶のきらめき」

 

10月23-30日11-18時(最終日17時まで)画廊岳、ギャラリーコロン(国立駅南口徒歩3分)。高野さん(33)は東京芸大絵画科日本画専攻卒業後からヨーロッパ、中国、米国、カナダなどを毎年取材。写真は「希望」(8号)。

《問》042-576-9909同画廊。

http://kunitachi.shop-info.com/cgi/units/index.cgi?siteid=kunitachi&areaid=36236&unitid=gaku

■いしいやすよ 作品展-お話の中の動物たち-

 

10月27日-11月1日11-18時(最終日17時まで)アートスペース88(国立駅南口2分)。石井泰代さん(日野市神明)が創作童話から題材を得たアクリル画、パステル画、創作絵本原画を出品。

《問》042-577-2011同スペース。

http://www.courtgallery-k.com/artspace88.htm

 

■冬の御岳山でとことんムササビ観察

12月3―4日(1泊2日)。青梅市御岳山上の武蔵御嶽神社の宿坊に泊まって、恋の季節を迎えて動きが活発になったムササビたちをとことん観察、御岳山の自然と文化を満喫する。東京都御岳ビジターセンターに3日14時集合、4日9時解散。40人(多数抽選)。小学生は保護者同伴で。8400円、子ども6300円(宿泊、食事代、保険代など)。

《申》往復はがきかメールに、参加者全員の住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号を書いて、同ビジターセンター・冬の御岳山でとことんムササビ観察係(〒198―0175青梅市御岳山38―5)へ。11月14日消印有効。

《問》0428―78―9363同ビジターセンター(月曜休館)。

 イベント申し込み専用メール【mitake-vc@mail.goo.ne.jp】

■友永詔三展「ZIZIランド物語」

 10月12―31日9時半―17時、国営昭和記念公園・花みどり文化センターギャラリー3(立川駅北口徒歩10分、モノレール立川北駅徒歩8分)。あきる野市深沢の山の中にアトリエを設けて、木彫による女性像などのほか、版画、灯りなどの作品を創作している造形作家、友永さんの作品展。ZIZI(ジィージィー)は、四季の自然に恵みに感謝しながら森を守る樹の精霊として、友永さんが生み出したキャラクター。端材や廃材などを活用して製作、木のいのちを甦らせている。

《問》042―526―8787同センター。

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ