1月2012

■ 平松輝子「ギリシャ神殿・屋久島」

 

1月28日-2月12日の木-日曜13-17時、宇フォーラム美術館(国立駅南口から東循環バス、三小前下車)。現代美術家の平松輝子さん(90)が描いた高さ3㍍の水墨画の大作8点(写真)と、屋久島の自然を描いた10点を展示。また夫の故・平松和太留さんの大作「構成」も展示している。

入館料500円(学生と高齢者200円、障がい者無料)。

《問》042-580-1557同美術館。

http://u-forum.jp/

■ 紬と友禅 私の遊び心、手しごと展

 

1月31日-2月5日11-19時(最終日17時まで)ギャラリーゆりの木(国立駅南口徒歩3分)。染色作家・佐藤ひろよしさんと、「紬のきむら」を主宰する木村茂さんが、染め帯、染色画、きものなど90点を出品。

《申》042-573-6663同ギャラリー。

http://www10.ocn.ne.jp/~yurinoki/

■ もりのなか展

1月26日-2月10日(日曜、祝日休み)10-16時、東京YWCA武蔵野センターロビー(三鷹駅北口徒歩3分)。ユニットrisurisuによる「森」をテーマにしたイラスト、立体の作品展で、ダンボールの木で作った森やお菓子の家などを展示。東京YWCA子育て支援プログラム「バンビーニの会」主催。

《問》0422-52-3881東京YWCA武蔵野センター。

http://www.tokyo.ywca.or.jp/article/article.cgi?kid=1287

■みんなで作る手仕事展

 

1月28日―2月1日10―17時、陵北窯ぎゃらりー(高尾駅バス、陵北大橋下車徒歩2分)。ヤマブドウの蔓を使ったかご、加賀指抜き、布小物、人形、つるし雛(びな)、木のおもちゃなど。
≪問≫042―651―0628同ギャラリー。
http://www.ac.auone-net.jp/~r.ishida/

■ アクティブ市民塾「声の読書のお手伝い 音訳ボランティア体験!」

1月28日10時半-12時半、八王子市市民活動支援センター(八王子駅北口徒歩5分)。講師は、対面朗読や録音図書の製作などの活動をしている「南大沢音訳の会・こだま」代表の遠藤由利子さんと会員。声出しトレーニングや音訳と朗読の違いなどを体験する。定員30人(申し込み先着順)。参加費無料。

《申》042-646-1577同センター。

http://www.shiencenter-hachioji.org/

■ 写真展「気仙沼から石巻へ 地震から7カ月、三陸で見た津波」

1月24-29日9-18時(初日13時から。最終日17時まで)国立市公民館(国立駅南口徒歩5分)。毎年、シルクロードを自転車でたどっている「ツール・ド・シルクロード20年計画」(シルクロード雑学大学主催)の第19次遠征隊(2011年6月)は、ブルガリアやセルビアで日本語を学ぶ大学生や市民たちが東日本大地震の被災者に向けて書いた応援メッセージを預かり、10月24日から11月4日まで気仙沼市内の二つの小学校で展示した。その帰路、気仙沼から石巻まで太平洋岸を自転車で走り、津波による被災状況を目の当たりにした。今回の写真展では、海外からの応援メッセージと、三陸海岸で撮影した津波のつめ跡の写真を展示する。

《問》042-573-7667シルクロード雑学大学。

http://www.geocities.jp/silkroad_tanken/

■ 第4回ミニブルーム交流カフェin調布

1月26日14時-16時半、調布市市民プラザあくろすホール(京王線国領駅北口、アクティー3階)。多摩地域で創業を目指す人対象。第1部講演会「創業した先輩から学ぶ」は、株式会社月笛クリエイションズ代表取締役・松田純さんによる「あなたのライフワークをビジネスに~『ワクワク』と『喜ばれ』の社会起業」。第2部は地域交流会。定員20人(要予約)。交流会参加費500円。

《問》0120-778-265たましん事業支援センター。

《申》23日17時までに  http://www.bloom-c.biz/

■ 本間哲郎油絵展

 

1月24-31日11-18時(最終日16時半まで)画廊岳(国立駅南口徒歩3分)。白日会会員の本間さんは1972~83年、86~87年、スペインに在住し、その後もスペインをたびたび取材。88年に画廊岳で第1回個展を開催して以来、今回が10回目となる。アンダルシアの風景を描いた油彩を出品。写真は「村の入口」(F20)。

《問》042-576-9909同画郎。

http://kunitachi.shop-info.com/cgi/units/index.cgi?siteid=kunitachi&areaid=36236&unitid=gaku

■ 憲法を学ぶ会「東日本大震災報道を考える」

1月26日19-21時、武蔵野市本町コミュニティセンター(吉祥寺駅東口徒歩3分、ヨドバシカメラ裏)。講師は毎日新聞社会部記者・臺(だい)宏士さん(45)。東日本大震災発生以来、報道各社は「被災者に寄り添う」報道を掲げ、全社を挙げての取材、報道を続けてきた。一方で、原発事故を巡る報道はどうであったのか。読者、視聴者の知る権利に奉仕するための報道はどうあるべきなのか。その問題点は何なのか。また最近の政府による表現規制の動きにも触れる。参加費500円

《問》0422-55-2419斎藤。

 

 

「A・A・S!アートフル・アクション・サミット!」 1月29日から3月31日まで小金井市で開催

 

 

小金井市民と小金井市(行政)、同市内の大学が協力して2009年4月に立ち上げた「小金井アートフル・アクション!」が、これまでの活動の成果を発表し、今後の展望を示すイベント「A・A・S!アートフル・アクション・サミット!」を、1月29日から3月31日まで小金井アートスポットシャトー2F(武蔵小金井駅南口徒歩5分、シャトー小金井2階)を中心に開催する。

小金井市では2009年4月、「誰もが芸術文化を楽しめるまち-芸術文化の振興で人とまちを豊かに」という理念を10年間かけて実現することを目指して「小金井市芸術文化振興計画」がスタート。「小金井アートフル・アクション!」は同計画を推進する事業として始まった。

http://artfullaction.net/aas/top.html

 

■A・A・S!シンポジウム~過去・現在・未来~

1月29日17-19時。パネリストはアートプロジェクトディレクター・芹沢高志さん、小金井アートフル・アクション!チーフディレクター・緒方恵一さん、東京学芸大准教授・正木賢一さん、東大大学院准教授・小林真理さん。司会はアート・センター・オンゴーイング/テラトテラの小川希さん。参加費無料。

■企画展覧会「小金井アートフル・ジャック!バミューダトライアングル」

2月4-12日12-20時。アーティストの有賀慎吾さん、泉太郎さん、小林史子さんの作品を展示。入場無料。

【イベント】

▼    オープニングパーティー=2月4日19時。参加費1000円(軽食、1ドリンク付き)。

▼    アートフル・ジャック! スペシャルパフォーマンス〔a〕=2月5日20時。パフォーマンス集団「鉄割アルバトロスケット」出演。100人(要予約)。入場2000円。《申》イベント名、人数、住所、氏名、電話番号を artfullaction@gmail.com へ。

▼    バミューダトライアングル・アートパフォーマンス=2月11日20-21時。作品を出展している3人か出演。入場無料。

▼    アートフル・ジャック! スペシャルライブ〔b〕=2月12日20時。歌手・児玉奈央さんとギタリスト・長久保寛之さんが出演。100人(要予約)。入場2000円。《申》イベント名、人数、住所、氏名、電話番号を artfullaction@gmail.com へ。

■    パフォーマンス+展示「Redzone parking“Adventures of practice~実践の冒険”」=2月18日-3月3日12-20時。参加予定アーティストは増本泰斗、小鷹拓郎、和田昌宏、WEAST(田中良+村上裕)、voppivoppi、カリン・ピサリコヴァ。入場無料。東京都、東京文化発信プロジェクト室(東京都歴史文化財団)、小金井アートフル・アクション!実行委員会主催。

【イベント】申し込みはシャトー小金井2階へ。

▼    Redzone パフォーマンスリレー=2月25日12-22時。入場料500円。

▼    フルーツバスケット 増本泰斗(The Academy of Alter-Grobalization+CAMP)=2月26日(時間未定)。

▼    クロージング+トーク=3月3日18-22時。小鷹拓郎さんがスカイプ中継で出演。

■    ダンス公演「ほうほう堂@小金井のあちこちの窓」

3月10日(雨天の場合11日)15時、小金井アトスポットシャトー2階集合。「ほうほう堂」は新鋪美佳さんと福留麻里さんによる身長155㌢のダンスデュオ。小金井市内数カ所の建物をめぐって窓を通して野外でのダンスを鑑賞する。定員40人(要予約)。参加費1500円(小学生以下無料)。東京都、東京文化発信プロジェクト室(東京都歴史文化財団)、小金井アートフル・アクション!実行委員会主催。

《申》090-9614-6372ほうほう堂(大川)、または http://hohoachikochi.blogspot.com

 

ダンスデュオ「ほうほう堂」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ドキュメント展示「森になった白線@小金井展

3月6-13日12-20時。小金井市内の横断歩道用の白線を使って美術家・浅井裕介さんとワークショップ参加者が制作した「植物」の写真、制作過程の様子を紹介。入場無料。東京都、東京文化発信プロジェクト室(東京都歴史文化財団)、小金井アートフル・アクション!実行委員会主催。

■    展覧会「イミグレーション・ミュージアム・東京/岩井成昭」

3月17-31日12-20時。岩井さん監修のもと、小金井市民を中心としたプロジェクトスタッフが同市と周辺に住む外国人とテーマを決めてコミュニケーションしたプロセスと成果を作品として発表する。入場無料。

 

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ