3月2012

■ 幕末史研究会「幕末の勤皇商人白石正一郎の謎と真実」

3月31日14-16時、武蔵野商工会館4階(吉祥寺駅中央口徒歩5分)。講師は「幕末薩長連合の真相」(新人物文庫)などの著書がある歴史作家・冨成博さん(89)。幕末期に諸侯、公卿、志士など400人の勤皇有志が出入りし、その支援者として全財産を傾けた白石とはどういう人物だったのか、謎に包まれている実像に迫る。定員90人。参加費1500円(大学生500円、高校生以下無料)。

《申》3月28日までにFAX0422-51-4807、またはEメールspqh4349@adagio.ocn.ne.jp 同研究会。

《問》090-6115-8068小美濃。

http://blogs.yahoo.co.jp/bakumatsushiken

 

■ 第三十四回 雪筍会書作展

3月29日-4月3日11-18時(最終日17時まで)アート・スペース88(国立駅南口徒歩2分)。石川陽竹さん(国立市西)が主宰する雪筍(せつじゅん)会の会員がかな細字から大字作品まで出品。

《問》042-577-2011同スペース。

http://www.courtgallery-k.com/artspace88.htm

 

 

 

 

■ 武蔵野美術大学卒業生による 四人展

3月29日-4月3日11-18時(最終日16時まで)コート・ギャラリー国立(国立駅南口徒歩1分)。2011年度に武蔵野美術大学通信教育学部を卒業する4人が、卒業制作の100号8枚など油彩、日本画、版画を出品。

《問》042-573-8282同ギャラリー。

http://www.courtgallery-k.com/

 

 

■ 第6回サロン・ド・マルディ展

3月29日-4月3日11-18時(最終日16時まで)コート・ギャラリー国立(国立駅南口徒歩1分)。独立美術協会会員・山内和則さんが指導する15人が主に油彩作品を出品。山内さんの賛助出品も。

《問》042-573-8282同ギャラリー。

http://www.courtgallery-k.com/

■ 佐藤保長遺作展

 

3月28日-4月2日11-19時(最終日17時まで)ギャラリー街角(国立駅北口徒歩1分)。13回忌を迎える佐藤さんの作品を展示。

《問》042-577-0370同ギャラリー。

http://kunitachi.shop-info.com/cgi/units/index.cgi?siteid=&areaid=36236&unitid=machikado

 

■ 田中歌浦「布絵・布小物作品展」

 

3月27日-4月1日11-18時(最終日17時まで)ギャラリーゆりの木(国立駅南口徒歩3分)。田中さんが布絵と縮緬細工を出品。

《問》042-573-6663同ギャラリー。

http://www10.ocn.ne.jp/~yurinoki/

 

■ 一ノ瀬智恵乎展「生きる-SURVIVE」

 

3月24日-4月8日(木曜休廊)12-19時、ぎゃらりー由芽(三鷹駅南口徒歩8分)。三鷹市出身で日本美術家連盟会員の一ノ瀬智恵乎(ちえこ)さんは多摩美大で日本画家の加山又造さんに師事。現在は現代美術家として個展を中心に抽象作品を発表する。洋紙に墨などモノクロで描いたドローイング約10点、水彩5~10点、油絵5~10点と小品など「生きるエネルギー」を表現した作品を出品。写真はキャンバスにアクリルと墨で描いたドローイング作品(2011年)。

4月8日までドイツ文化センターエントランス(地下鉄青山一丁目駅A4出口徒歩5分)でも「生きる-SURVIVE」を開催中。

《問》0422-47-5241同ぎゃらりー。

《問》03-3584-3201ドイツ文化センター。

http://www1.parkcity.ne.jp/g-yume/

 

 

 

 

 

■ 市民活動交流サロン「元気な年のとり方」

3月30日14-16時、小平市市民活動支援センターあすぴあ(西武線萩山駅徒歩5分)。ゲストスピーカーの「小平市女性のつどい」の浅見玲子さん、「楽しいクラシック音楽の会」の射水康夫さん、「パソコン復習塾」の会員らが、年を重ねても活動を続けられる秘訣を話す。小平紙芝居サークルともしびの演奏も。定員30人(要予約)。参加費無料。

《申》29日までに042-348-2104あすぴあ。

http://kodaira-shiminkatsudo-ctr.jp/

国営昭和記念公園で3月24日から「フラワーフェスティバル2012」開催

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

立川市と昭島市にまたがる国営昭和記念公園で、恒例の「フラワーフェスティバル2012」が3月24日から5月20日まで(期間中無休)開催される。人気のチューリップやポピーをはじめ、サクラやムラサキハナナ、ナノハナなど色とりどりの花畑が出現するほか、「春の見どころスタンプラリー」や「花の塗り絵葉書を楽しもう」など多彩なイベントも繰り広げられる。

昨年は東日本大震災の影響で中止となり、2年ぶりのフェスティバルとなるため、同園では今年100万人の入場者を見込んでいるという。

4月15日、4月29日はすべての人が入園無料に、5月5日は小中学生が入園無料となる。

 

期間中は、桜の園の200本を含む園内の1500本のサクラが4月上旬から咲き始めるのを皮切りに、150種180万株のチューリップと14万球のムスカリが4月中旬から、20万株のナノハナと18万株のムラサキハナナ、30万株のアイルランドポピー、6500株のシバザクラが4月中旬から下旬にかけて、180万株のシャーレーポピーが5月中旬から下旬にかけて咲き誇る予定だ。

 

【イベント】

■    春の見どころスタンプラリー

期間中毎日。園内の花畑近くの5カ所に設けられたチェックポイントでスタンプを押しながらウオーキングを楽しむ。参加費無料。

■    記念撮影スポット

期間中毎日。花畑の近くにオリジナル顔出し看板などを設置。利用無料。

■    花の塗り絵葉書を楽しもう

期間中毎日。見ごろの花を観賞しながら絵はがきの彩色を楽しむ。専用ポストに投函すると、後日、選ばれた作品が花みどり文化センターに展示される。参加費無料。

■    パフォーマンスショー

4月1日12、14時、立川口ゲートと西立川口ゲート。足長おじさん、ピエオロ、玉乗り小僧が登場。

■    こどもの森・草笛教室

4月1日、21日、5月5日、6日、19日(いずれも雨天中止)13-15時、こどもの森・森の家前。草笛ボランティアの指導で、園内の草木の葉を使って草笛を作って吹く。参加費無料。

■    ペタンク探球講座

4月1日、5月6日(いずれも雨天中止)10時半-15時(受付は14時半まで)ペタンクコート。ペタンクボランティアが球の投げ方やゲームの進め方などを指導。参加費無料。

■    お茶を楽しむ会

4月8日、5月13日11時、13時、14時、日本庭園の歓楓亭広間。4月4月8日は「春のお点前」、5月13日は「端午の節句」がテーマ。抹茶と菓子を楽しむ。参加費500円。各回先着30人。

■    こどもの森教室「チューリップキーホルダーを作ろう」

4月14日、28日10時半-15時(受付14時半まで)こどもの森火の広場(雨天の場合、木工房)。園内の間伐材で作る。定員は中学生以下200人(小学生未満は保護者同伴)。参加費無料。

■    山野草展

4月14-15日、5月12-13日、5月19-20日10-16時、花木園展示棟。1期はむさしの野草会、2期は大多摩山草会、3期は東京山草会が出品。

■    サンデースポーツ教室

4月15日、5月20日(雨天中止)10時半-15時(受付14時半まで)スポーツエリア、渓流広場、一輪車乗り場。スポーツボランティアがディスクゴルフ、ペタンク、クロッケー、ホースシューズ、ローンボウルス、ターゲットバードゴルフ、一輪車を指導。参加費無料。

■    野鳥観察会

4月22日(雨天中止)9時半-10時、西立川口ゲート内で受け付け。10-12時、園内全域で実施。野鳥ボランティアが観察マナーや観察用具の扱い方を解説した後、園内を散策しながら観察する。定員50人程度。参加費無料。

■    バードカービング展

4月28日-5月6日10-16時(最終日15時まで)花木園展示棟。

■    緑のフィールドコンサート

4月29日(雨天中止)11時-14時半、ふれあい広場。航空自衛隊・航空中央音楽隊がクラシックからご当地ソングまで演奏。

■    春のアートバザール

5月2-6日(雨天中止)9時半-16時、みんなの原っぱ中央売店付近。「たちかわアートマーケッツ実行委員会」の協力で、地元で活躍するアーティストの手作り作品を展示販売。

■    春のコンサート

5月4-6日(雨天中止)11時45分、12時45分、13時45分、14時45分から各回15分間、ふれあい広場特設ステージ。

■    こどもの日スポーツフェスティバル

5月5日(雨天中止)10-15時(受付14時半まで)スポーツエリア。中学生以下対象。参加費無料。

■    こどもの森教室「竹とんぼを作ろう」

5月12日10時半、12時半、13時半、こどもの森木工房。小中学生各回10人。参加費無料。

■    こどもの森教室「原っぱ竹とんぼ大会」

5月13日(雨天中止)10-15時、みんなの原っぱ。滞空時間と距離を競う。定員小中学生150人。参加費無料。

■    草笛コンサート

5月20日(雨天中止)10-15時、さざなみ広場。草笛ボランティアが童謡や歌謡曲を演奏。

 

【花みどり文化センターで開催するイベント】

■    瀬戸豊彦写真展

4月1-22日、4月28日-5月20日9時半-17時。風景写真家・瀬戸さん(昭島市)が前期は「東京春紀行」のテーマで、後期は「昭和記念公園の花、丘、雲」と「東京のバラ」のテーマで出品。

 

■    松川佳代パステル風景画展~昭和記念公園の四季・おりおり~

4月1-5月6日9時半-17時。パステル画家・松川さんが描いた公園の四季約40点を展示。

 

■    春の楽市~まち・こころ 花めかそう!~

4月22日(荒天中止)10-16時。「みどり・はな・環境の交流フェスタ2012」と題して、地域企業や周辺都市団体が出展し、ステージを行なう。

■    ボタニカルアート教室

4月12、26日、5月10、24日10時半-12時半(午前の部)、13時半-15時半(午後の部)。細密な植物画の描き方を紹介。園内の植物を描く。参加費8000円、新規参加者は材料費2000円も。要予約。《申》042-528-7005(3月31日まで)、042-528-1751(4月1日から。電話自動応答システム)。

■    「昭和の日」におけるビデオ上映と講演の会

4月29日。11時=ビデオ「森のちから」シリーズ上映。13時=歴史学者で昨年、「昭和天皇」でサントリー学芸賞を受賞した古川隆久さんの講演「昭和天皇と平和への取り組み」。14時=ビデオ「皇室の伝統文化」上映。定員100人程度。無料。

 

《問》042-528-1751同公園。

http://www.showakinenpark.go.jp/2012_flower_festival/index.html

 

 

■宮城美智子教室の作品展

 

3月24日-28日10-17時、陵北窯ぎゃらりー(高尾駅バス、陵北大橋下車徒歩2分)。
着物地を使い、キルトやパッチワークなどの技法で遊び心たっぷりの服、小物を制作。展示即売する。素材となるアンティークの布、着物も展示する。
《問》042―651―0628同ギャラリー。
http://www.ac.auone-net.jp/~r.ishida/

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ