3月2012

■ 福祉作業所見本市~調布市内福祉作業所商品の試食・商談・展示即売会~

3月18日10-16時(入場15時半まで)調布クレストンホテル・クレストンルーム(京王線調布駅北口前、調布パルコ8階)。「クッキングハウス」「しごと場大好き」など調布市内9カ所の福祉作業所が参加。パン、手作りクッキー、ケーキ、かぼちゃプリンなどの試食(先着100人)、ペーパーフラワーやみつろうキャンドルなどの試供品の提供あり。商品改良、開発の参考にするため、アンケートへの協力を求める。参加費無料。オフィスONLY ONE主催。

《問》044-767-5336同オフィス。

 

■ 『Phantasmon』 樹乃かにの「幻創動物たち」展

 

3月17日-4月1日(月、火曜休廊。ただし3月20日開廊)13-19時、ギャラリー・フェイス トゥ フェイス(吉祥寺駅公園口徒歩5分)。Phantasmon(ファンタズモン)とはファンタスティック・モンスターの略。動物と猫を描くイラストレーター、樹乃(じゅの)さんが、どこにもいなそうで、きっとどこかにいる幻想の動物たちをテーマに手描きとデジタルを組み合わせた約20点を発表。ポスター、ポストカード、カレンダーなども展示。

《問》0422-70-0885同ギャラリー。

http://ftf2000.com/gallery/

 

■ 鈴木武展

 

3月15-21日12-18時(最終日17時まで)リベストギャラリー創(吉祥寺駅中央口徒歩5分)。1968年、ドイツに渡って以来、日本と往復する鈴木さんが、絵の具を重ね、混ぜ、塗り、削った作品を出品。

《問》0422-22-6615同ギャラリー。

http://www.libestgallery.jp/

■ 第4回 スタジオSetsu 生徒による作品展

 

3月15-17日11-18時(最終日15時まで)コート・ギャラリー国立(国立駅南口徒歩1分)。野村節子さんが主宰する「スタジオSetsu」(立川市羽衣町)の生徒34人が、生花を中心としたアレンジメントを出品。

《問》042-573-8282同ギャラリー。

http://www.courtgallery-k.com/

 

■ 大木ミツ子水彩画展

3月15-20日11-18時(最終日17時まで)アートスペース88(国立駅南口徒歩2分)。大木さん(70=八王子市)は2009年、八王子市夢美術館主催の市民公募夢美エンナーレで準大賞受賞。バラ、クリスマスローズ、人物、風景を描いた水彩画を出品。

《問》042-577-2011同スペース。

http://www.courtgallery-k.com/artspace88.htm

http://milky.geocities.jp/dragonmouse203ch/

■ machikado /collection

 

3月14-26日(20日休み)11-19時(最終日17時まで)ギャラリー街角(国立駅北口徒歩1分)。陶芸家の島田敦夫さん、喜如嘉(きじょか)克昌さん、西村圭介さんの作品を展示。写真は左から喜如嘉さんの「クジラの蓋物」、西村さんの「幾何学文香炉」、島田さんの「魚紋瓶」。

会期中、陶器の絵付け体験ができる(費用1500円)。

《問》042-577-0370同ギャラリー。

http://kunitachi.shop-info.com/cgi/units/index.cgi?siteid=gallery&areaid=36236&unitid=machikado

■ 第22回八王子市美術・工芸チャリティー展

3月14-18日10-18時(最終日16時まで)八王子市芸術文化会館いちょうホール1階展示室(八王子駅北口徒歩15分)。絵画、陶芸作品など約200点出品。八王子アンデパンダン・八王子市芸術家協会主催。

《問》042-661-1591工藤。

■ 絆~被災地から学び、小平を考えるつどい~「あの時を振返り、今を見つめ、これからを考える」

3月17日13時半-16時半、小平市福祉会館(西武多摩湖線青梅街道駅徒歩6分)。講師の福島県相馬市社会福祉協議会事務局次長の今野大さんは、東日本大震災発生後、避難所を運営し、その後、災害ボランティアセンターを立ち上げ、県外からの多くのボランティアを受け入れながら、現在も町の復旧、復興に尽力している。今野さんから普段からできる備え、住民同士のつながりの大切さを学ぶ。

また、相馬市災害ボランティアセンターの立ち上げの際、一緒に奮闘した東京都社会福祉協議会(東京ボランティア・市民活動センター)統括主任の高山和久さんも出席し、小平市社会福祉協議会が現地に派遣した職員をまじえ、3人で話す。

小平市社会福祉協議会主催、災害ボランティアネットワーク「チーム小平」協力。

《申》042-346-1424こだいらボランティアセンター。

http://kodaira.main.jp/

■アクティブ市民塾3月講座「3・11東日本大震災から1年 八王子からの発信、ホントの話を聞いて!」

3月18日10時半-12時半、八王子市市民活動支援センター(八王子駅北口徒歩5分、ファルマ802ビル5階)。テーマは「八王子に住む避難住民の今を知り、話し、そしてつながるためのファーストステップ」。大震災から1年経つが、地震・津波・原発と、未曾有の被害のつめ跡は深く、復興はまだまだ先が見えない。八王子市では300人を超える被災者が避難生活を送っている。避難者の支援をしている「つながろう八王子で」代表の佐藤喜彦さんから被災者の思い、現状を聞き、今後どのように繋がっていけるのか、支援や交流についてとことん話し合う。

定員30人。参加費無料。

《申》042-646-1577、またはFAX042-646-1587、メールnpo802@ shiencenter-hachioji.org八王子市市民活動支援センター。

http://www.shiencenter-hachioji.org/

 

■ 事故再現型交通安全講習会

3月15日(雨天の場合は当日14時までに実施の可否を決定)15時、小平市役所平置き駐車場(西武多摩湖線青梅街道駅徒歩8分)。小平警察署交通課による話の後、東京都二輪安全普及協会が自転車や自動車を使って交通事故をなどを再現し、交通事故が起こりやすいパターンや自転車のマナーなどを実演しながら指導する。誰でも参加可。無料。小平市主催。

《問》042-346-9511小平市総務部総務課。

 

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ