5月2012

■上村隆志 ガラス展-自然に魅せられた器たち-

6月2日-6日12時半-16時半、ギャラリー ヴァン テ アン(八王子駅北口バス、団地東下車徒歩3分)。

上村さんの器、花入れ、アクセサリーなど。約60点。

≪問≫042-651-7458同ギャラリー。

 

■ 平野要展

 

5月27日-6月2日11-18時(最終日16時まで)画廊岳とギャラリーコロン(国立駅南口徒歩3分)。平野さん(小平市学園東町)が油彩を出品。写真は「冬山/富士山」(2012年)。

《問》042-576-9909同画廊。

http://kunitachi.shop-info.com/cgi/units/index.cgi?siteid=kunitachi&areaid=36236&unitid=gaku

■ 福生で「福島」の話を聞こう

5月27日14-17時、喫茶店「レ・トロワ・アヌー」(青梅線福生駅西口徒歩3分、銀座通りカーブス2階)。元・福島民友新聞論説委員の小林正明さん(63)が、大震災、津波、原発事故を福島の地元紙はどう報じたのか、地元記者たちはどう立ち向かったのかを話す。小林さんはブログ「笑う犬の独白」(http://ameblo.jp/massara-kenke/)で日々の様子を発信している。

参加費500円(飲み物は別途各自注文)。

《問》042-551-8906遠藤。

■ 植松美早展-DROPS-

 

5月26日-6月10日(木曜休廊)12-19時、ぎゃらりー由芽(三鷹駅南口徒歩8分)。現代美術造形作家の植松美早(みさ)さんは、1963年から平面による創作活動を始め、日仏現代美術展準大賞、京都美術展優秀賞など多数受賞。97年以降、立体造形表現に移行。今回は「soft sculpture=やわらかい彫刻」と自称する生成り綿布を縫い上げた立体造形約10点を出品。写真は雫(しずく)型の布立体。

「メモリアル3.11」として、3.11×3.11㌢のコラグラフ版画も展示する。

また6月6日まで、壁、天井、床、窓のすべてを一体に縫った四畳半の「布茶室」を展示し、5月27日、28日、29日14時と15時、茶席体験ワークショップを行なう。参加費500円。

《問》0422-47-5241同ぎゃらりー。

http://www1.parkcity.ne.jp/g-yume/

■夏の陶来展

6月1日-8日(月曜休み)11時-18時(最終日17時まで)、ギャラリー・スペースことのは(八王子駅南口徒歩10分)。

陶の作品を石田順子さん、大森良子さん、小久保公子さん、沢柳綾子さん、三橋乙揶さんが出品。また植物画を木村笑美子さん、油彩画を小久保泰男さんが出品する。約60点。

≪問≫042-655-3351同ギャラリー。

http://www.gs-kotonoha.jp/

■ 第36回シビルバザー

5月26日10-15時、市民の学習・活動・交流センター・シビル(須田学習塾)駐輪場(多摩モノレール立川南駅徒歩1分)。雑貨、衣類、漫画、日用品などのほか、知的障害者小規模通所授産施設「ワークセンターまことくらぶ」(立川市)のメロンパンの販売も。収益はシビルの運営のために使われる。当日の有償ボランティア募集。

《問》042-524-9014シビル。

http://space.geocities.jp/sudajuku_tachikawa/civil/

■ 第7回 絞 京の手技展

5月25-28日11-18時(初日13時から、最終日16時まで)エスパスダール西の木(国立駅南口、富士見通り徒歩12分)。1000年の歴史を持つ京鹿の子絞の技を受け継ぐ伝統工芸士・松田美津雄さんが主宰する「音布(おんぷ)工房」(京都市)の作品展。松田さんと若き後継者のコラボレーション作品を展示。

《問》042-577-2744西の木。

■ -坂本由起子-銀のジュエリー展

 

5月24-29日11-18時(最終日16時まで)アートスペース88(国立駅南口徒歩2分、ファッションコージブランコ内)。アトリエ由紀(川崎市)を主宰する坂本さんが、指輪、ブローチ、ペンダント、イヤリングなどを出品。

《問》042-577-2011同スペース。

http://www.courtgallery-k.com/artspace88.htm

■昔きものと今きもの展

 

 

5月23日まで10時-17時、陵北窯ぎゃらりー(高尾駅バス陵北大橋下車、徒歩2分)。

麻の訪問着、絽の小紋などを展示。

メーンはリサイクルの着物。気軽な着物のおしゃれを提案できたら、と同ギャラリー。

《問》042―651―0628同ギャラリー。

http://www.ac.auone-net.jp/~r.ishida/

■ 小早川宏・順子 天と地の二人展

 

 

 

5月24-30日12-18時(最終日17時まで)リベストギャラリー創(吉祥寺駅中央口徒歩5分)。4年前に亡くなった小早川宏さんが残した絵と、妻・順子さんが描いた花やスケッチを展示。

《問》0422-22-6615同ギャラリー。

http://www.libestgallery.jp/

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ