6月2012

■ 身近ないきもの探検in飯能

 

6月24日(雨天中止)、天覧山(埼玉県飯能市)。10時、西武池袋線飯能駅北口バスターミナル集合、同所で16時解散。里山を歩きながら雑木林や水辺の生き物を観察する。小学3-6年生とその保護者30人募集(応募者多数の場合は抽選)。

《申》往復はがきに住所、氏名(ふりがな)、学年、性別、電話番号、返信先を書いて、〒180-0005武蔵野市御殿山1-17-6、井の頭自然文化園「身近ないきもの探検in飯能」係へ、6月8日消印有効。

《問》0422-46-1100同園。

http://www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=event&inst=ino&link_num=20845

■ 村田エミコ木版画展-あした天気になあれ-

 

6月4-10日11-19時(最終日17時半まで)ギャラリーゆりの木(国立駅南口徒歩3分)。木版画家・村田さんの新作25点を展示。

《問》042-573-6663同ギャラリー。

http://www10.ocn.ne.jp/~yurinoki/

■ 第24回群炎武蔵支部展

6月7-12日11-18時(最終日16時まで)コート・ギャラリー国立(国立駅南口徒歩1分)。群炎美術協会(事務局・八王子市)の武蔵支部の会員が油彩、水彩、人形など約15点出品。

《問》042-573-8282同ギャラリー。

http://www.courtgallery-k.com/

■ 障がい者施設の製品を障害のある方が販売

6月4-8日9時半-16時、小平市役所1階ロビー(西武多摩湖線青梅街道駅徒歩5分)。小平市内にある障がい者施設の製品を、作り手の障がい者たちが販売。製品はクッキーやビスケットなどの菓子類、エプロンやバッグなどの布製品、木工パズルや組み木などの木工製品など。

《問》042-346-9542小平市健康福祉部障害者福祉課サービス支援係。

■ 井上陽介展

 

6月7-13日12-18時(最終日17時まで)リベストギャラリー創(吉祥寺駅中央口徒歩5分)。ジュエリーと金属工芸作家の井上さんの20回目の個展。

《問》0422-22-6615同ギャラリー。

http://www.libestgallery.jp/

 

■ 初夏の女性の雅な創作展

 

6月7-12日11-18時(最終日16時まで)アートスペース88(国立駅南口徒歩2分)。工房ぱぱら(札幌市)を主宰する吉岡由美子さんが、手ぬぐいと浴衣生地で作った婦人服と雑貨、天然素材の創作婦人服、トンボ玉とビーズのアクセサリーを出品。

《問》042-577-2011同スペース。

http://www.courtgallery-k.com/artspace88.htm

 

■ 桜田晴義展

 

6月5-15日11-18時(最終日16時半まで)画廊岳(国立駅南口徒歩3分)。桜田さん(66)は武蔵野美大油彩科卒業。1973年にヨーロッパリアリズムを学びにスペイン・マドリッドに渡って以来、スペインを拠点に活躍してきた。油彩を出品。

《問》042-576-9909同画廊。

http://kunitachi.shop-info.com/cgi/units/index.cgi?siteid=kunitachi&areaid=36236&unitid=gaku

■紗楽展―着物を身近に絹遊び―

 6月1―5日11―16時、ギャラリーとちの実(武蔵村山市大南5―9―1、大南公園駐車場前)。箪笥に眠ったままの着物や帯を素材に、洋服やバッグ、小物などによみがえらせているグループ(小林万里子さん、中島良子さん)の作品展。販売も。

》042―565―5233とちの実。

■ 東京雑学大学6月講義

▼    7日14時、西東京市市民会館(西武新宿線田無駅北口徒歩7分)=占いの館代表でアンリミテッド・サクセスクラブ代表の原本進治さんの「メンタルケアは人を変える」。

▼    14日14時、小金井市民交流センター小ホール(武蔵小金井駅南口前)と武蔵野市西久保コミュニティセンター(三鷹駅北口徒歩7分=遠隔視聴会場)=「多摩発・遠隔生涯学習100回記念講演」。観世流能楽師・青木一郎さんと青木健一さんによる祝賀能「高砂」上演。航空宇宙技術研究所(現・JAXA)の元副所長・松木正勝さん、元ジェットエンジン技術研究センター長・柳良二さん、元熱流体力学部長で全国生涯学習ネットワーク会長の高原北雄さんの鼎談(ていだん)「知的機械による新しい産業革命」。

▼    21日14時、国分寺労政会館(国分寺駅南口徒歩3分)。日本文化チャンネル桜キャスター・三輪和雄さんの「民主党政権の総括」。

▼    24日13時45分-16時半、武蔵野スイングホール11階レインボーサロン(武蔵境駅北口徒歩2分)=フォーラム「水を学ぶ-地球の水 多摩の水」。賢治の会の斉藤禎範さん、良子さんが「宮沢賢治の語りと歌」と題して、「雨ニモマケズ」「星めぐりの歌」「稲作挿話」「よだかの星」を上演。首都大東京教授・河村明さんが「地球は水で病んでいる」、専修大講師・角田清美さんが「多摩地方の河川と自由地下水」、東京経済大准教授・尾崎寛直さんが「環境汚染の戦後史から市民による水環境再生の時代へ」の題で講演。

受講料各回500円。

《問》042-465-3741浅田、0422-52-0908菅原。

http://www5.ocn.ne.jp/~tzu61017/

Page 1 of 6 1
6 / 6« 先頭...23456
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ