3月2013

■ 市民がつくる 小平市長選挙立候補予定者の公開討論会

3月15日19時-20時半、小平市中央公民館ホール(西武多摩湖線青梅街道駅徒歩7分)。4月に行われる市長選の立候補予定者を招く。

主催する「政治・知りたい、確かめ隊」は、小平市中央公民館で2002年に開講された「女性のための政治学」の受講生有志が「自分の住んでいるまちをもっと知りたい」と結成。小平市議会を定期的に傍聴し、傍聴だより「議会ウォッチングをしてみました」を年4回発行するほか、市長選挙、市議会議員選挙の時に立候補予定者の公開討論会を開催している。

参加費無料。

《問》042-315-0917森野(FAX兼)、またはseijishiritai@gmail.com

 

■ 第28回 油絵ひまわり会展

3月13-18日11-18時(最終日17時まで)司画廊(国分寺駅北口徒歩3分)。1980年に結成された油絵ひまわり会は、国分寺市民を中心とした油絵制作を目的としたグループ。17人の会員が出品。

《問》042-325-5300同画廊。

http://members3.jcom.home.ne.jp/op-himawari/

 

■講座「死の不安の解消…自力と他力」

3月30日14時-16時、八王子市生涯学習センター・クリエイトホール(八王子駅北口徒歩4分)。

死の不安の解消方法を自力と他力の両面から考える。講師は死生学研究会代表・日本臨床死生学会会員の内田誠さん。

参加費無料。定員63人(先着)。

≪問・申≫042-624-1355死生学研究会。

http://www2.ocn.ne.jp/~siseiken/

 

 

■ 第2回 上島覚英遺作展

 

 

3月12-19日11-18時(最終日16時半まで)画廊岳(国立駅南口徒歩3分)。41歳で夭折した画家・上島覚英の遺作展。写真の作品は絶筆(2011年作、水彩)。

《問》042-576-9909同画廊。

■ 忘れない3.11展~こだいらの被災地支援と防災の取組み~

3月12-17日9-22時(初日12時から)小平市中央公民館(西武多摩湖線青梅街道駅徒歩5分)。小平市内の22団体・機関の合同展示会。

《問》042-341-0861小平市中央公民館。

■ 乳幼児を持つ外国人ママ交流会

3月14日10時-11時半、三鷹市西児童館(武蔵境駅南口バス、西児童館入口下車)。日本で子どもを育てていて、困ったこと、びっくりしたこと、楽しいことなどを話し合い、情報交換する。参加費無料。

また、当日のボランティア(9時半-12時)募集。子ども向けのプログラム(ゲーム、読み聞かせなど)の手伝いができる人、日本語または英語とほかの言語(中国語、韓国・朝鮮語、タガログ語、タイ語、ベトナム語など)の通訳ができる方、写真撮影をする人、事前に知りあいの外国人ママにこのイベントを紹介できる人。

《問》0422-34-5498ピナット日本語教室。

http://www007.upp.so-net.ne.jp/hachinoko/pinat/japanese/momsgroup.html

■ フクシマを思うシリーズ8「脱原発で新しい社会経済システムへ」

3月11日19時、吉祥寺・光専寺本堂(吉祥寺駅中央口徒歩8分)。お話は慶應義塾大学経済学部教授・金子勝さん。俳優でアーティストの金子あいさんの朗読、アンディ・ベヴァンさん(サキソフォン、ディジュリドゥなど)とクリストファー・ハーディさん(パーカッション)、彩愛玲さん(ハープ)による演奏も。

吉祥寺ライブチャリティイベント「フクシマを思うシリーズ」は、金子さんとディレクター・鎌内啓子さんが、東日本大震災2カ月後から開催している。入場料1500円(大学生500円、高校生以下無料)。

《申》FAX0422-55-7351フクシマを思う実行委員会。

《問》090-2474-7911鎌内。

■ 雫石知之-私の「内なる子供」の声を聴く-

 

3月9-24日(月曜休廊)12-19時、ギャラリー・フェイス トゥ フェイス(吉祥寺駅公園口徒歩5分)。雫石さん(24)は2009年、中央美術学園を卒業し、卒業制作展最優秀賞受賞。同年、中央美術協会展で新人賞受賞。写真の作品は木製バネルに油彩で描いたもの。約15点出品。

《問》0422-70-0885同ギャラリー。

http://ftf2000.com/gallery/

■ 満窪篤敬 油彩画・水彩画展

 

 

3月7-13日12-18時(最終日17時まで)リベストギャラリー創(吉祥寺駅中央口徒歩5分)。満窪篤敬(あつよし)さんが猫、女性像、パリの風景などを描いた新作旧作を出品。

《問》0422-22-6615同ギャラリー。

http://www.libestgallery.jp/

■ 橋本とも子展-綺麗の刻へ-過ぎた季節

 

 

3月7-19日(13日休廊)11-18時(最終日16時まで)コート・ギャラリー国立(国立駅南口徒歩1分)。日本美術家連盟会員の橋本さんは2000年に文化庁派遣芸術家在外研修。帰国以降に団体展に出品した60号から 200号の作品、2010年以降の小品油彩「-綺羅に還る-」シリーズ、2012‐2013年に制作した「-華経-春夏秋冬素描巻物」10本 など約50点を展示。同ギャラリー開設19周年企画。

《問》042-573-8282同ギャラリー。

http://www.courtgallery-k.com/

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ