5月2013

■ ヨーコ・ゼッターランド監督講演

 

嘉悦大学女子バレーボール部

 

6月1日9時半-10時15分、小平市民総合体育館(西武国分寺線鷹の台駅徒歩2分)。ヨーコ・ゼッターランドさんはバレーボールの元米国代表で1992年、バルセロナオリンピックで銅メダリスト。今季、昨年、5年ぶり6度目の大学女子日本一に輝いた嘉悦大学(小平市)女子バレーボール部の監督に就任した。定員400人(当日先着順)。参加費無料(室内履き持参)。

10時20分-12時には嘉悦大学女子バレーボール部が中学、高校のバレーボール部を対象にバレーボール教室を開催。見学もできる。

《問》042-343-1611小平市教育委員会体育課。

■ 井上真由美・丸橋正幸・星野環 Three Piece~それぞれのカタチと彩り~

 

 

5月30日-6月5日12-18時(最終日16時まで)リベストギャラリー創(吉祥寺駅中央口徒歩5分)。井上さんが陶の作品を、丸橋さんが絵画を、星野さんがガラス作品を出品。

《問》0422-22-6615同ギャラリー。

http://www.libestgallery.jp/

■ 川崎愛子展「水平線と奥行き」

 

5月30日-6月11日(6月5日休廊)11-18時(最終日17時まで)アートスペース88(国立駅南口徒歩2分)。風景などを描いた日本画を出品。

《問》042-577-2011同スペース。

http://artspace88.jimdo.com/

■ 黒澤正子 革創作人形展“革と遊ぶ”

 

 

5月30日-6月4日11-18時(最終日16時まで)コート・ギャラリー国立(国立駅南口徒歩1分)。自然をテーマにした人形と猫、ブローチなどを出品。

《問》042-573-8282同ギャラリー。

http://www.courtgallery-k.com/

 

■ 光羊会墨画展

 

 

5月30日-6月4日11-18時(最終日16時まで)コート・ギャラリー国立(国立駅南口徒歩1分)。鈴木缶羊(ふよう)さんが講師を務める国分寺市光公民館墨画教室の第6回作品展。12人が出品する。

《問》042-573-8282同ギャラリー。

http://www.courtgallery-k.com/

 

■高師あつこ展

6月6日―18日(土、日曜休み)9―17時(最終日16時まで)たましんギャラリー(立川駅北口徒歩3分、多摩信用金庫本店9階)。小平市の高師さんは1980年女子美大洋画専攻卒業。2012年フランス芸術最高勲章受章、2013年ルーブル美術館ランス分館黄金の翼芸術大賞受賞。

《問》042―526―7717同ギャラリー。

■森山藪夫展

5月23日―6月4日(土、日曜休み)10―17時(最終日15時まで)たましんギャラリー(立川駅北口徒歩3分、多摩信用金庫本店9階)。武蔵村山市の森山さんが油彩(10―100号)と、水彩スケッチを展示。

《問》042―526―7717同ギャラリー。

■夏休みピンホールカメラ教室参加者募集

13.5サンケイリビング
7月25、26日1回目9時半-11時半、2回目12時45分-14時45分、町田市フォトサロン(町田駅バス、薬師池か薬師が丘下車、徒歩5分)。
ピンホールカメラ教室の参加者を募集。小学生以上が対象で子どものみ、大人のみの参加も可。各回定員12人(多数の場合、抽選)。1500円(材料費、保険料他。当日徴収)。写真はピンホールカメラで撮影した作品。
≪申≫往復はがきに住所、参加者氏名(学年)、電話番号、第1・第2希望の日時を書いて〒195-0063町田市野津田町3272、薬師池公園内、町田市フォトサロン「ピンホール」係へ7月13日必着で送る。
≪問≫042-736-8281同サロン。
http://www.phmuse.com/

「道具とあそぶ 素材であそぶ」をテーマに、青梅アート・ジャム開催

6月1日―7月7日、「アートがこの地にできること」を合言葉に青梅市内の作家が中心となって、「道具とあそぶ 素材であそぶ」をテーマに、作品展示を中心にワークショップ、パネルトークを青梅市立美術館(青梅線青梅駅徒歩5分)で開催する(9―17時、入館16時半まで。月曜休館)。

出品作家は、伊藤光治郎さん(木彫)、江見高志さん(彫刻)、大川真実子さん(インスタレーション)、押元一敏さん(日本画) 、児玉そよぎさん(版画)、塩野圭子さん(型絵染)、杉本洋さん(日本画)、鈴木寿一さん(陶芸)、髙橋朋子さん(日本画)、田島環さん(絵画)、前田純平さん(版画)、山口幹也さん(木彫)ら18人と、光の家療育センター入所者(絵画、織物)。制作に使った道具、素材も展示する。

◆ワークショップ「ぺタぺタはんが~素材を切って、貼って、刷って、版画作品をつくろう!」=6月9日、23日10―12時。20人(小学3年以上)200円。汚れても良い服装で。製作した作品は会期中に展示する。《申》03-6321-3424青梅アート・ジャム事務局。

◆ギャラリートーク「道具とあそぶ 素材であそぶ」=6月15日14時―16時。司会進行はJT-ART-OFFICE代表の勅使河原純さん。

200円、小中学生50円(障がい者、青梅市内の65才以上無料。青梅市内の小・中学生は土曜無料)。

■吉川英治記念館でも展覧会、ワークショップ「アマミ舞」(6月16日)、トーク「道具であそぶ、素材とあそぶ」(6月22日)、パフォーマンス公演「送り狼と迎え狼―ニホンオオカミ・おいぬさま・大口真神―」(6月29日、30日)、能楽らいぶ特別編「舞の型で遊んでみよう」(7月7日)、ゆずの里・勝仙閣では展覧会 、ワークショップ「御岳渓谷を描こう」(6月29日、30日)を、武蔵御嶽神社では、ワークショップ「法螺貝を吹こう」(6月16日)を開催。

NPO文化交流機構「円座」、青梅アート・ジャム実行委員会主催。

《問》03-6321―3424同実行委員会。

http://www.ome-tky.ed.jp/bijutsu/schedule_2013exhi03.html

 

■和太鼓音楽集団・鼓代神公演

6月2日14時半、青梅市民会館(青梅駅徒歩5分)。元警察官から太鼓奏者に転身した伊藤芳男さん率いる太鼓集団の旗揚げ20周年記念公演。青梅マラソンで毎年、応援太鼓を演奏するなど知られている。曲はすべてオリジナルで、現代的な要素を積極的に取り入れた独自の世界を創り上げている。前売り2800円、当日3000円。

《問》0428-74―4506鼓代神事務局。

Page 1 of 6 1
1 / 712345...最後 »
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ