8月2013

■ 狩野裕子展「軌跡・2004-2013」

 

「水に咲く」(100S)2012年制作

 

8月29日-9月3日11-18時(最終日16時まで)コート・ギャラリー国立(国立駅南口徒歩1分)。一創会、日本美術家連盟会員の狩野さん(神奈川県寒川町)は、30代半ばで画家を目指し、武蔵野美術学園油絵科修了。97年から公募展に出品し、個展を重ねる。油彩を出品。

《問》042-573-8282同ギャラリー。

http://www.courtgallery-k.com/

 

■みんなの笑顔が集まるコミュニティカフェの作り方

8月31日14時-16時、Cafeこすもす(横浜線片倉駅から徒歩5分)。

世代、立場の違う人々が集い、誰もがホッとできる場所を作りたいとCafeこすもすがオープン。その思いと、共に働くということについて聞く。講師はNPO法人こすもす代表、佐久間寛子さん。おいしいコーヒーのいれ方の実演も。参加費500円(コーヒー、スイーツ代)。申し込み先着20人定員。八王子市市民活動支援センター主催。

≪問&申≫042-646-1577同センター(FAX042-646-1587。Eメールnpo802@shiencenter-

hachioji.org)。

http://www.shiencenter-hachioji.org/

■ 日本語&学習支援「いちごの部屋」ボランティア基礎研修講座

9月5日、19日、10月3日10時半-12時半、東京YWCA武蔵野センター(三鷹駅北口徒歩3分)。東京YWCAでは日本語を母語としない親を持つ子どもたちへの日本語&学習支援をする「いちごの部屋」の活動を行なっている。

▼ 9月5日=元武蔵野市教育委員会帰国・外国人教育相談室日本語指導担当の野崎斐子さん「なぜ日本語&学習支援が必要か~子どもはすぐに言葉をマスターすると言うけれど…~」。

▼    9月19日=麗澤大学名誉教授・八代京子さん「異文化コミュニケーションとは~異文化シミュレーションを通して理解しあうために~」。

▼    10月3日=ピナットこども日本語・学習支援教室スタッフ・出口雅子さん「子どもと家族と学校 日本語&学習支援の現場から~事例に学ぶ~」。

 

いちごの部屋活動希望者、同部屋の活動に関心のある人、同部屋のボランティア対象。原則として3回要出席。研修費3000円

《申》0422-52-3881(またはEメールmusashino@tokyo.ywca.or.jp)東京YWCA武蔵野センターいちごの部屋研修担当。

 

 

■ もののけワークショップ~妖怪工作と闇夜の動物園ツアー

9月7日16時半-19時半、井の頭自然文化園(吉祥寺駅公園口徒歩10分)。

9月1日まで行なっているスタンプラリー「動物園怪談画劇~井の頭百物語~」にちなみ開催。ラリーブックのイラストを担当していて、日本物怪観光を主宰する天野行雄さんを講師に工作教室を開き、「筒がえし」という不思議なおもちゃを作るほか、閉園後の園内を探索する。

小学4年以上(小学生は保護者同伴)30人(大人だけの参加可)募集(応募者多数の場合は抽選)。懐中電灯、水筒、虫除け持参、長ズボン着用。

《申》往復はがき(またはEメールで件名を「もののけワークショップ参加」として)に代表者の住所、電話番号、参加者全員の氏名(ふりがな)、年齢(学年)、性別を書いて、〒180-0005武蔵野市御殿山1-17-6井の頭自然文化園「もののけワークショップ」係へ、またはmononoke2013@tokyo-zoo.net へ、9月2日必着。
申し込みの際は@tokyo-zoo.net からのインターネットメールを受信できるよう、迷惑メールフィルターやメールソフトを設定すること。

《問》0422-46-1100同園。

http://www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=event&inst=ino&link_num=21711

 

■ 景観街づくりセミナー基礎編「これからの『まちづくり』の話をしよう」

8月28日と9月11日19-21時、小平市中央公民館(西武多摩湖線青梅街道駅徒歩5分)、9月21日(雨天の場合、22日)10-13時、小平市内。

講師は元世田谷区都市整備公社まちづくりセンター勤務で現在、武蔵野美大教授の齋藤啓子さんと、元小平市史編さん調査専門員で現在、一橋大非常勤講師の小酒井大悟さん。8月28日は「江戸時代から現代までの小平の景観の移り変わり」、9月11日は「建物を規制してまちをつくる」のテーマで講義。9月21日は「まちあるきから見える昔と今の小平市」のテーマで歩く(この回のみ要予約)。

定員25人、参加費不要。

《問・申》042-346-9554小平市都市開発部まちづくり課。

 

あきる野市と日の出町の私立幼稚園が一堂に 「あきる野子育て教育フェア」 8月31日開催

あきる野市と日の出町の私立幼稚園が一堂に会する初のイベント「あきる野子育て教育フェア」が、8月31日(雨天決行)10-15時、秋留野広場(五日市線秋川駅北口徒歩3分、あきる野ルピア横、噴水広場)で開催される。7園がブースを出店して子育て情報を提供するほか、スタンプラリーなど各種イベントや富士宮焼きそばなど飲食の模擬店もあり、親子で一日楽しむことができる。入場無料。

あきる野市私立幼稚園協会が主催し、秋川総合開発公社(あきる野ルビア)が共催するもので、たまがわようちえん、くさばなようちえん、すもも木幼稚園、日の出幼稚園、秋川幼稚園、ほうりんじ幼稚園、秋川文化幼稚園が参加。各ブースではゲームや紙芝居、工作などを楽しめる。

ステージでは西秋留小金管バンド、るのママ吹奏楽団、キララバンドが演奏するほか、ヨガ体験ができる。

周辺のタイムズパーキングの無料割引もある。

《問》042-550-4700あきる野ルピア。

http://rupia.co.jp/

 

■ 身近にできる国際協力ひろば

8月20-25日9-17時(初日12時から、最終日15時まで)小平市中央公民館(西武多摩湖線青梅街道駅徒歩5分)。小平市公民館主催の市民講座から誕生した「こだいら国際協力プロジェクト Seed」が援助を必要とする国々への支援を目的に開催。国際協力に関する展示、切手やはがきなどの寄付品集め、フェアトレード商品(コーヒー、紅茶、カレーの壷、ドライフルーツなど)の販売など。

《問》042-341-0861同公民館。

■ 夕暮れ身近ないきもの探検

8月31日17-20時、井の頭自然文化園(吉祥寺駅公園口徒歩10分)。閉園後の園内を回って、夕方から夜にかけて活動する野生のコウモリやトラップに集まってくる生き物、セミの羽化などを観察する。

小学4年生以上(小学生は保護者同伴)30人募集(応募者多数の場合、抽選)。懐中電灯、水筒、虫除け持参、長ズボン着用で。

《申》往復はがき(またはEメールで件名を「いきもの探検参加」として)に代表者の住所、電話番号、参加者全員の氏名(ふりがな)、学年、性別を書いて、〒180-0005武蔵野市御殿山1-17-6、井の頭自然文化園「身近ないきもの探検」係へ、またはikimono2013@tokyo-zoo.net へ、8月26日必着。
申し込みの際は@tokyo-zoo.net からのインターネットメールを受信できるよう、迷惑メールフィルターやメールソフトを設定すること。

《問》0422-46-1100同園。

http://www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=event&inst=ino&link_num=21712

■ 東京造形大学キッズサイズデザイン展

 

 

8月22-28日12-18時、リベストギャラリー創(吉祥寺駅中央口徒歩5分)。子どものためのデザイン研究家である東京造形大学教授・春日明夫さんと、キッズサイズデザイン研究ゼミの学生たちが、木や布や紙などの自然素材を使って制作した玩具、遊具、絵本、インテリア、雑貨などを出品。触ったり、動かしたりできる作品もある。

《問》0422-22-6615同ギャラリー。

http://www.libestgallery.jp/

■ 丸山浩明-木の家具・小物展-

 

 

8月20日-9月1日11-19時(最終日17時まで)ギャラリーゆりの木(国立駅南口徒歩3分)。長野県上高井郡高山村で「家具工房 蒼-soh-」を主宰する丸山さんが、ダイニングチェア、アームチェア、ハイバッグチェアをはじめ新作のハーソナルチェアや厨子、花生けなどを出品。

《問》042-573-6663同ギャラリー。

http://www10.ocn.ne.jp/~yurinoki/

Page 1 of 6 1
2 / 41234
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ