9月2013

多摩地域最大の国際交流フェス    9月22日 井の頭公園西園で

毎年数万人が参加する多摩地域最大規模の国際交流の集い「三鷹国際交流フェスティバル」が、9月22日(小雨決行)10時から15時半まで井の頭恩賜公園西園(三鷹駅南口、または吉祥寺駅公園口徒歩15分)のグラウンドで開催される。主催するのは公園財団法人三鷹国際交流協会。三鷹青年会議所が共催し、三鷹市が後援する。

 

24回目を迎える今年のテーマは「手をつなごう、世界はひとつ」。グラウンドの芝生をぐるりと囲む名物のテントショップエリアは、アメリカ、オセアニア、南アジア、東・東南アジア、西・中央アジア、ヨーロッパ、アフリカの七つのゾーンに分け、世界各国の大使館やNGOなど約80の団体が出店。カレーやチヂミ、小籠包などご自慢の郷土料理と染織品や木工品など手作りの民芸品を販売するほか、ダンスやゲーム、ミニコンサートなどアトラクションを多彩に繰り広げる。毎年行列が絶えないキッチンカーは、エスニック料理などこれまで最多の13台が出店する。

ステージではアンデス舞踊、サンバ、和太鼓、バグパイプ、カポエイラ、アフリカンミュージックなどが披露され、最後はエイサーで観客を巻き込んで盛大に盛り上げる予定だ。

このほかビンゴラリーやキックターゲットなどが楽しめる子どもエリア、フェアトレードエリア、地域交流エリア、主催者の活動を紹介する三鷹国際交流協会エリアがあり、家族ぐるみで一日中楽しめる。

入場無料。箸や食器を持参すると割引が受けられる店もある。

《問》0422-43-7812同協会。

http://www.mishop.jp/

■ 第25回 脱原発と平和を求める市民デモ

9月22日(雨天決行)16時、吉祥寺西公園(吉祥寺駅中央口徒歩10分、スーパー「紀ノ国屋」北側)集合。同公園-井の頭通り-西口交番-吉祥寺通り(東急デパート前)-本町新道(コピス前)-吉祥寺大通り(ヨドバシカメラ前)-井の頭通り(東急イン前)-武蔵野公会堂-南公園(ルネ吉祥寺前の小公園=吉祥寺駅公園口徒歩5分)で解散。途中参加、途中離脱可。プラカード、ノボリ旗、ゼッケンなど持参。脱原発と平和を武蔵野市からすすめる市民の会主催。

《問》0422-36-0415砂川。

■ シルバー教室Ⅳ「歩行障害・転倒を予防する!~足と爪の適切なケア~」

10月2日、16日14時半-16時半、調布市東部公民館(京王線仙川駅徒歩8分)。講師は、爪切り屋メディカルフットケアJF協会フットケアワーカーで保健師の川﨑美織さん。しっかりと歩き、転倒を予防するための足指と爪の正しい手入れ法、外反母趾と内反小趾の悪化予防法、むくみ解消のための足の体操、筋力アップ法、足に合った靴の選び方などを指導する。

おおむね60歳以上の方20人。教材費400円。タオル、飲み物持参。裸足になれる、動きやすい服装で(スカート不可)。

《申》03-3309-4505同公民館。

 

■ 陶・四人展

 

児玉さんの作品

 

9月19-25日12-18時(最終日17時まで)リベストギャラリー創(吉祥寺駅中央口徒歩5分)。陶芸家の城田領さん、児玉知幸さん、島田敦夫さん、翁長優さんが、食器やテープカッターなど暮らしの器を中心に発表。

《問》0422-22-6615同ギャラリー。

http://www.libestgallery.jp/

■ 歌のひととき~語り歌を集めて~

9月29日14時、アートスペースわとわ(国立駅南口徒歩10分)。二期会と東京室内歌劇場会員のソプラノ歌手・内田もと海さん、二期会会員のバリトン歌手・宮本哲朗さん、ピアニスト・木住野睦子さんの国立市民3人が出演。

おとぎ話から落語一口噺まで歌で物語の世界を表現。主な曲目は「うさぎとかめ」「ももたろう」「月の砂漠」「あわて床屋」「鬼の子守歌」「狐がだまされた話」「オオカミの大しくじり」ほか。

画家・田浦信勝さんの作品展示も。

入場料3500円(スリランカ紅茶、パティシェ・伝由美子さん製作の菓子付き)。

《問》042-573-0710宮本、042-572-8808木住野。

http://www.watowa.com/

■ カンボジア料理講習会

9月23日10時半-15時、小平市中央公民館実習室(西武多摩湖線青梅街道駅徒歩5分)。一橋大学大学院生のチア・ポーレンさんの指導で、カンボジアの家庭料理を作る。メニューは冷製チキン・チンゲン菜、春雨サラダ、牛肉スープ、タピオカかぼちゃ。会費2000円。エプロン、ふきん、筆記具持参。

国際交流市民グループ「地球クラブ」(小平市)主催。

《申》090-2730-2828、またはEメール TmKEIKO@aol.com 大友。

■ 宇野信哉展 よみがえる江戸の情景

 

佐藤雅美著「町医北村宗哲 口は禍いの門」(2009年、角川書店)

 

9月14日-10月10日(9月25日休館)10時-19時半、武蔵野市立吉祥寺美術館(吉祥寺駅中央口徒歩5分、コピスA館7階)。時代小説の挿画、装丁画で活躍するイラストレーターの宇野さんは、1974年、北海道に生まれ、デザイン学校を卒業後、札幌のデザイン事務所を経て独立した。表紙絵原画約80点のほか、2012年5月から日経新聞朝刊に連載された浅田次郎の歴史小説「黒書院の六兵衛」の挿絵原画全330点を全国の美術館で初めて展示する。

入館料100円(小学生以下、65歳以上、障がい者の方無料)。

《問》0422-22-0385同館。

http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/

■ ヤスロウと歌おう~合唱を原点から見直そう!!!~

9月20日10時半-11時50分、国立市富士見台第一団地内、KFまちかどホール(南武線谷保駅北口徒歩5分。または国立駅南口バス、富士見台第一団地下車)。合唱指導者の清水泰郎さん(武蔵野市)は井之頭合唱団の創立者で、武蔵野市高齢者センターで30年間にわたって合唱を指導してきた。童謡、唱歌から始める。参加費500円。

《申》0422-22-0758、090-4201-6069清水。

■ ATSUSHI(Dragon Ash/POWER of LIFE)“ODORI”at RUNE KODAIRA PARTⅡ 本番公演

9月16日13時、ルネこだいら(西武線小平駅南口徒歩3分)。ロックバンド「Dragon  Ash」でダンサーと振り付けを担当するATSUSHIは小平市出身。市内の中学校を卒業後、17歳からダンスを始め、2003年、「Dragon  Ash」に加入。2006年からはソロ・ダンサーとしても活動している。

今回の公演は「ルネこだいら」開館20周年記念企画で、ATSUSHIと共演するダンスチームを一般公募し、4月27日に行われた公開審査会で選ばれたコンテンポラリー、タップ、ヒップホップなどの9チームが出演する。

全席自由1000円。

《問》042-345-5111ルネこだいら。

http://www.runekodaira.jp/

 

■ いいね!新・小平かるた~天井のない美術館で謎探し~

9月15日(雨天中止)10-15時、西武新宿線花小金井駅北口・南口ロータリーと小平駅南口ロータリー。「クール&アート」をテーマに、小平市民が読み句を作り、武蔵野美術大学(小平市)の学生がデザインして2012年に完成した「新・小平かるた」(小平青年会議所制作)。そのかるたを拡大した巨大版(縦84×横118㌢)を50枚展示。プレゼントが当たるクイズも実施。

《問》042-343-4855小平青年会議所。

http://www.kodairajc.ne.jp/

Page 1 of 6 1
1 / 3123
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ