3月2014

■ むさしの「平和のための戦争展」~日本は中国で何をしたのか~

4月3-7日10-21時(初日15時から、最終日19時から)武蔵野プレイス1階ギャラリー(武蔵境駅南口前)。「戦争と医学・科学の関わりを問うパネル展」として、「731部隊」「人骨問題」「毒ガス問題」「その他、戦争関係の雑誌や書籍」のテーマで、パネルや模型、実物、関連資料など展示。

「むさしの平和のための戦争展」実行委員会、むさしの科学と戦争研究会主催。

《問》080-3157-1858鳥居。

■ 東京雑学大学4月講義

▼3日14時、西東京市市民会館(西武新宿線田無駅北口徒歩7分)=行政書士の原孝雄さんの「賢い相続・贈与」。

▼10日14時半、多摩交流センター(京王線府中駅北口徒歩3分、府中駅北第二庁舎6階)と武蔵野市かたらいの道市民スペース(三鷹駅北口徒歩3分=遠隔視聴会場)。新撰組のふるさと歴史館初代館長・村瀬彰吾さんの「土方歳三の愛人花魁高尾太夫と土佐山内容堂」。

▼17日14時、西東京市市民会館(西武新宿線田無駅北口徒歩7分)=金沢学院大学客員教授・川口順啓さんの「光源氏は暗殺されたのか」。

▼24日14時、西東京市市民会館(西武新宿線田無駅北口徒歩7分)=㈱ワイン総合研究所取締役・藤原正雄さんの「ワインと飲みごろ温度」。

 

10日を除き、各回500円。

《問》042-465-3741浅田、0422-52-0908菅原。

http://www5.ocn.ne.jp/~tzu61017/

■ 所蔵作品展「日々の花々」

 

 

3月29日-6月1日(月曜と5月7日休館。5月5日は開館)10-17時(入館16時半まで)中村研一記念小金井市立はけの森美術館(武蔵小金井駅南口徒歩15分)。

洋画家・中村研一(1895-1967)が好んで描いた「花」をモチーフにした絵画、陶芸作品を展示。また小特集「中村研一と光風会」では、研一が理事を務めた美術団体「光風会」が4月16-29日、国立新美術館で「第100回記念光風会展」を開催するのにちなみ、所蔵作品の中から出品作品や関連作家の作品、資料を展示する。

【関連企画】

▼親子で美術館を楽しもう!~おはなしのへや~=4月26日、5月5日14-16時。幼児・小学生と保護者対象。参加費無料(観覧料不要)。申し込み不要。こごうちぶんこ ことりのへや協力。

▼“けんぼしゃん”とあそぼう!~コラージュでつくる花便り~=5月3日13時半-15時。花をモチーフにしたメッセージカードを作る。15人募集(多数の場合抽選。小学4年以下保護者同伴)。参加費無料(観覧券必要)。《申》氏名、年齢(学年)、電話番号、返信先(EメールアドレスまたはFAX番号または住所)を書いて、Eメールmailto:s030999@koganei-shi.jp、またはFAX042-381-5281、または〒184-0012小金井市中町1-11-3、小金井市立はけの森美術館へ、4月25日必着。1通につき3人まで。

 

入館料200円(小中学生200円、障害者手帳持参者無料。5月11日は無料観覧日)。

《問》042-384-9800同美術館。

http://www.city.koganei.lg.jp/kakuka/shiminbu/shiminbunkaka/hakenomori/hakenomori_top.html

 

■ 後町せつ子展

 

 

3月27日-4月1日11-18時(最終日16時まで)コート・ギャラリー国立(国立駅南口徒歩1分)。馬を描いた油彩作品を中心に、旅先でのスケッチなどを出品。

《問》042-573-8282同ギャラリー。

http://www.courtgallery-k.com/

■ 第11回 長良周一個展

 

 

3月27日-4月1日11-18時(最終日17時まで)アートスペース88(国立駅南口徒歩2分)。国立の大学通りを中心とした風景や縁起物のザクロを描いた作品とペン画を出品。

《問》042-577-2011同スペース。

http://artspace88.jimdo.com/

■ 黒田理恵作陶展

 

 

3月27日-4月2日12-18時(最終日16時まで)リベストギャラリー創(吉祥寺駅中央口徒歩5分)。陶芸家の黒田さんが器を出品。

《問》0422-22-6615同ギャラリー。

http://www.libestgallery.jp/

 

■ 自立ステーションつばさ卒業・出発イベント「my life, my choice. 僕がえがく18歳からの地図」

3月29日13時半-16時半、多摩市永山公民館ベルブホール5階(小田急多摩線・京王相模原線永山駅南口徒歩5分)。今年3月に特別支援学校「多摩桜の丘学園高等部」を卒業する渡部暖さん(18=稲城市)は、重度の障害を持ち、車いすに乗っているが長時間の座位をとるのが困難で、目はほんのわずかに見える程度だ。発語も少なく、コミュニケーションの方法も限られる中、施設や親元ではなく、あたりまえに地域で自分らしく生きていくという選択をした。渡部さんが「自立ステーションつばさ」(多摩市)に通い始めた2006年から今日までの軌跡や成長をスライドショーや映像で振り返る。また先輩たちとのトークやバンドの演奏、夢や今後の活動の発表などもある。

《問》042-389-6491自立ステーションつばさ

■ 第6回神田川さくらウォーク

3月30日8時15分-8時45分受付、井の頭自然文化園前広場(吉祥寺駅公園口徒歩10分)。3コースあり、いずれも9時、井の頭恩賜公園内の神田川源流をスタート、

▼28㌔コース=隅田川に合流する柳橋まで(最寄駅は総武線・地下鉄都営浅草線浅草橋駅)。ゴールは13-16時。

▼17㌔コース=神田上水公園まで(最寄駅は総武線・地下鉄大江戸線東中野駅)。ゴールは11-14時。

▼10㌔コース=神泉橋まで(最寄駅は京王線永福町駅)。ゴールは11-12時。

 

参加費500円(東京都ウォーキング協会と武蔵野市ウォーキング協会会員200円、他地区のウォーキング協会会員と武蔵野市・三鷹市民300円)。昼食、飲み物、敷物など持参。神田川さくらウォーキング実行委員会主催、東京都ウォーキング協会と武蔵野市ウォーキング協会共催。

《問》03-3295-6262東京都ウォーキング協会、0422-31-2852武蔵野市ウォーキング協会。

■ 地球市民講座「トルコの古代遺跡発掘と国際貢献」

3月25日19時-20時半、三鷹ネットワーク大学(三鷹駅南口前)。講師はトルコのほぼ中央部に位置するカマン・カレホユック遺跡で発掘を続ける考古学者で、公益財団法人中近東文化センター附属アナトリア考古学研究所長の大村幸弘さん。著書に「鉄を生み出した帝国」(講談社ノンフィクション賞)、「アナトリア発掘記」(パピルス賞)などがある。

受講料無料。申し込み不要。三鷹市主催、三鷹国際交流協会、三鷹ネットワーク大学共催。

《問》0422-45-1151三鷹市企画経営課平和・女性・国際化推進係。

■ アニメでつくる井の頭自然文化園「オノマトペで動物園を作ろう」

4月6日10-12時、同園(吉祥寺駅公園口徒歩10分)。「バタバタ」や「のそのそ」、「トゲトゲ」といった動物の特徴を示すオノマトペ(擬声語や擬態語を意味するフランス語)を取り入れた4歳以上の親子向けのプログラム。30人募集(応募者多数の場合、抽選)。

《申》往復はがき、またはEメール(件名「アニメ」)に、代表者の住所、電話番号、参加者全員の氏名(ふりがな)、年齢、性別を書いて、〒180-0005武蔵野市御殿山1-17-6、井の頭自然文化園「アニメ」係、anime@tokyo-zoo.netへ、3月26日必着。

《問》0422-46-1100同園。

【http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ino/】

 

Page 1 of 6 1
1 / 512345
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ