12月2014

■ 福島菊次郎全写真展

12月27日まで10-20時、パルテノン多摩展示室(小田急多摩線・京王相模原線・多摩モノレール多摩センター駅徒歩5分)。広島の被爆者に始まり、三池闘争、三里塚闘争、ベトナム反戦市民運動、全共闘運動、環境問題などを撮り続けてきた反骨の報道写真家・福島さん(93)がこれまでに撮った写真を展示。入場無料。

▼講演会「93歳のラストメッセージ」=27日13-16時、パルテノン多摩大ホール。入場料1000円。ゲストは詩人のアーサー・ビナードさん。

福島菊次郎展TAMA実行委員会主催。

《問》090-2745-5036加藤。

http://hmw.or.jp/~fukushima/

■自然講座「高尾山保全1Dayボランティア」

高尾山保全ボラ イメージ

 

2015年1月17日(雨天中止)9時半、高尾山山頂付近集合(解散は15時半ごろ)。

高尾山のぬかるんだ道を歩きやすくする作業を行う。東京都レンジャーと一緒にコモ(ワラなどで編んだ簡単な敷物)を敷く。 高校生以上対象。20人定員(応募者多数の場合、抽選)。参加費100円(交通費は自己負担)。

≪申≫【メール】①件名に「高尾山保全1Dayボランティア」と入れる②代表者の住所、氏名(ふりがな)、電話番号③申込者全員の氏名(ふりがな)、年齢、性別④代表者の返信先のパソコンメールアドレス、以上②から④を本文に書いてtakaovc.event@citrus.ocn.ne.jpへ25日までに送る。

≪問≫042-664-7872高尾ビジターセンター(10時-16時。毎月第3月曜、年末年始は休館)。

 

■八王子わくわくフォルクローレフェスタ

12月27日11時半-15時半、高尾の森わくわくビレッジ体育室2(高尾駅北口からバス、終点下車)。
八王子を中心に活動するフォルクローレ愛好者グループ約10団体が演奏する。フォルクローレは南米アンデス、ペルー、ボリビアなどの民族楽器、ケーナ、サンポーニャ、チャランゴを用いて演奏する音楽。無料。八王子わくわくフォルクローレフェスタ実行委員会、高尾の森わくわくビレッジ共催。
≪問≫【http://www5b.biglobe.ne.jp/~quena/hachi%20fol%20fes.html

■ 金美羅展 自画像-旅立ち

 

「自画像-旅立ち」

 

12月20-26日12-19時(最終日17時まで)ぎゃらりー由芽のつづき(三鷹駅南口徒歩8分)。金美羅(キム・ミラ)さんがアクリル画を出品。

《問》0422-47-5241同ぎゃらりー。

http://www1.parkcity.ne.jp/g-yume/

■ 日高裕 木版画展

 

 

12月18-23日11-18時(最終日17時まで)アートスペース88(国立駅南口徒歩2分)。日高さん(府中市南町)は春陽会会友。

《問》042-577-2011同スペース。

http://artspace88.jimdo.com/

■ 一陽来復 年送り年迎えのかたち-注連飾り・運飾り

 

 

12月13-23日(18日休廊)12-19時、Gallery SATORU 惺(さとる=吉祥寺駅公園口徒歩8分)。「一陽来復」とは、陰の気が去り再び陽の気がやって来ることで、冬至を境に太陽の力がよみがえり、新しい年がやってくるという意味だ。今年の冬至12月22日は19年に一度の「朔旦冬至(さくたんとうじ)」(月の復活を意味する新月と重なる)で古くから吉日とされている。

現代美術家が注連と「ん(運)」のつく食材を盛り付け鑑賞する「運盛り」を出品する。参加作家は石田菜々子さん(ガラス)、川村今日子さん(陶)、黒須信雄さん(木彫)、酒井稚恵さん(テキスタイル)、榊原勝敏さん(立体)、瀬尾千枝さん(ガラス)、名手宏之さん(紙工)、百瀬玲亜さん(漆)。

《問》0422-41-0435同ギャラリー。

http://gallerysatoru.com/

 




■ 音のおもちゃ箱♪メンバーによる「Xmasのおもちゃ箱」

12月20日15時、アートスペース<わとわ>(国立駅南口から大学通りを徒歩10分)。有泉芳史さん(チェロ)、平良陽子さん(サックス)、西村ヒロさん(ハーモニカ)、木住野睦子さん(ピアノ)が出演。「ウィー・ウイッシュ・ア・メリー・クリスマス」「いつか王子様が」「ラルゴ」「アベマリア」「ハンガリア狂詩曲」ほかを演奏。

チケット(飲み物と菓子付き)3000円(中学生以下1000円)。

《問》042-572-8808木住野。

■ 憲法を学ぶ会「福井地裁(樋口)判決の歴史的意義-原発再稼働を止めさせるために私たちにできること-」

12月16日19-21時、武蔵野市本町コミュニティセンター(吉祥寺駅東口徒歩3分、ヨドバシカメラ裏)。講師は弁護士で脱原発弁護団全国連絡会事務局長・只野靖さん。5月21日に福井地裁で出た「大飯原発3、4号機の運転停止判決」をめぐって話す。資料代500円。

《問》090-6300-2786斎藤。

■ さとうるい 個展「モモンガのポケット」

 

 

12月11-16日11-18時(最終日17時まで)アートスペース88(国立駅南口徒歩2分)。油彩、水彩、ジュエリーを出品。

《問》042-577-2011同スペース。

http://artspace88.jimdo.com/

■ 調布市公民館三館合同事業「証言する無辜(むこ)の民~映像でつなぐ戦時のキオク~」

12月13日12時、調布市グリーンホール(京王線調布駅中央口徒歩1分)。

▼12時5分=長野県大町市の民家に密かに保管されていた兵事資料を紹介するドキュメンタリー映画「大本営最後の指令~遺された戦時機密資料が語るもの~」(2012年製作)上映。

▼13時45分=この日、上映する2本の映画のプロデューサー・吉田昌昭さんと監督・長尾栄治さんの対談「戦時の記憶を記録する」。

▼14時20分=少年兵5人の体験を紹介するドキュメンタリー映画「はじめ嬉しく、あと悲し~十代の若ものたち、青春の軌跡」(2013年製作)上映。

 

当日先着1300人。入場無料。

《問》03-3309-4505調布市東部公民館、042-484-2531同西部公民館、042-488-2698同北部公民館。

Page 1 of 6 1
1 / 3123
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ