4月2015

キノコを細密に描写した        「小林路子の菌類画 きのこ・イロ・イロ」 吉祥寺で5月17日まで開催

約30年にわたってキノコを描き続けている画家・小林路子さんの作品展「小林路子の菌類画 きのこ・イロ・イロ」が5月17日まで(4月30日休館)武蔵野市立吉祥寺美術館で開催され、画家自陣が厳選した多種多様多彩な菌類画70点が展示されている。

 

小林さんがこれまでに描いた菌類画は850点にのぼり、「キノコ-小林路子画集」「きのこの迷宮」「きのこの絵本」など多数の著作を発表し、ファンも多い。細部まで緻密に描きこまれた作品は、菌類独特の妖しく不思議な魅力を放つ。

小林さんがキノコと出会ったのは1986年。「キノコの不思議-『大地の贈り物』を100%楽しむ法」(森毅編、光文社刊)の挿絵を引き受けたのがきっかけだった。絵を描くため、キノコの森に入った小林さんはその魅力に取りつかれてしまった。以来、キノコのシーズンに合わせて年間スケジュールを立て、山野に通い、描いている。芸術的な表現の一方、描写の的確さと学術的有用性が認められて、植物・菌類図鑑の世界的なコレクションを持つイギリスのキュー王立植物園にも作品が所蔵されている。

 

開館時間 10時-19時半。

入館料  100円(小学生以上、65歳以上、障がい者無料)

アクセス 吉祥寺駅北口徒歩5分、コピス吉祥寺A館7階

《問》0422-22-0385同美術館。

http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/

 

■ 東京雑学大学5月講義

▼7日14時、西東京市立柳沢公民館(西武新宿線西武柳沢駅南口前)=元理化学研究所研究員で前ワルシャワ大学客員教授の稲村卓さんの「ゆがめられてしまった物理学者・長岡半太郎-21世紀の原子物理学物語-」。

▼14日14時半、多摩交流センター(京王線府中駅北口徒歩3分、府中駅北第二庁舎6階)、武蔵野市西久保コミュニティセンター(三鷹駅北口徒歩7分=遠隔視聴会場)=ジャパン・ハーブ・スクール講師、NHK学園講師の阿部啓子さんの「こころとからだの癒し草ハーブを知りましょう-先人の知恵袋を紐解いて-」。

▼21日14時、西東京市市民会館(西武新宿線田無駅北口徒歩7分)=学習院女子大学名誉教授・米山益己さんの「二つの冒険小説について-『トム・ソーヤの冒険』とその続編『ハックルベリイ・フィンの冒険』」。

▼28日14時、西東京市立田無公民館(西武新宿線田無駅南口徒歩3分)。国語問題協議会常任理事・市川浩さんの「現代日本言語文化への文語の役割」。

 

受講料各回500円。

《問》042-465-3741浅田、0422-52-0908菅原。

http://www5.ocn.ne.jp/~tzu61017/

 

■武蔵野市国際交流協会(MIA)外国語会話交流教室

▼中国語会話交流教室~はじめの一歩~=5月12日-6月30日の毎週火曜全8回10-12時。講師は中国出身の宋頴(そんいん)さん。文化紹介を織り交ぜながら教える。18歳以上で中国語の学習歴がない人20人募集(応募者多数の場合は、①武蔵野市民②MIA会員の優先順位で抽選。最少催行人数は10人)。

▼ロシア語会話交流教室~はじめの一歩~=5月16日-7月4日の毎週土曜全8回10-12時。講師はロシア出身の留学生、オリガ・ダニロワさん。文化紹介を織り交ぜながら教える。18歳以上でロシア語の学習歴がない人20人募集(応募者多数の場合は、①武蔵野市民②MIA会員の優先順位で抽選。最少催行人数は10人)。

いずれも会場はMIA会議室(武蔵境駅nonowa口前、スイング9階)、参加費4000円。

《申》往復はがきに①住所②氏名(フリガナ)③電話番後④年齢⑤職業⑥あればメールアドレス⑦MIA会員は会員№⑧どこで何を見て応募したか⑨返信先の住所と氏名を書いて、中国語は5月1日必着、ロシア語は5月8日必着。

《問》0422-36-4511MIA。

http://www.mia.gr.jp/

 

■ 大山いづみ心の中の風景展

 

 

4月29日-5月3日10-17時、日野市立とよだ市民ギャラリー(豊田駅北口徒歩5分)。福島県出身の大山さん(日野市)が写真詩パネル約30点を展示

《問》042-586-1961同ギャラリー、080-6025-1026大山。

http://www.kousha.jp/_toyoda/

http://izumi-ohyama.jimdo.com/

 

■ 雫石知之展「僕の箱庭」

 

 

4月24日-5月3日13-20時、ギャラリー・フェイストゥフェイス(吉祥寺駅公園口徒歩5分)。雫石さんは1988年、横須賀市出身。2009年、中央美術学園卒業、卒業制作展最優秀賞受賞、中央美術協会展新人賞受賞。個展、グルーブ展で活躍中。新作十数点を展示。

《問》0422-70-0885同ギャラリー。

http://ftf2000.com/gallery/

■知る人ぞ知る 八王子の歴史を歩く

4月19日(少雨決行)13時、JR北八王子駅西口集合(16時ごろ終了予定) 。

八王子研究団体連絡会のメンバーが講師。同会は八王子の歴史、文化の研究や継承のために活動している団体で構成されている。八王子の北東部地域に埋もれている歴史を各団体の特徴を生かした解説付きで歩く。

飲み物、雨具、健康保険証持参。歩きやすい靴で。参加費無料。40人(申込先着順)。 八王子市市民活動支援センター主催。

≪問・申≫042-646-1577同センター(FAX042-646-1587。Eメールnpo802@shiencenter-hachioji.org

■みんなで作る手仕事展

tw1504
4月15日-19日10時-17時、陵北窯ぎゃらりー(高尾駅バス、陵北大橋下車徒歩2分)。
ヤマブドウのつるの籠、創作トンボ玉のアクセサリー、布小物、犬の洋服、創作人形、手作りの帽子と服等が並ぶ。
≪問≫042-651-0628同ギャラリー。
http://2nd.geocities.jp/rishidaaspect/

■ 岩田眞展「stranger in paradise」

 

水彩「etranger」

 

4月11-26日(木曜休廊)12-19時(最終日17時まで)ぎゃらりー由芽(三鷹駅南口徒歩8分)。岩田さんは1978年、多摩美大大学院修了。個展、グループ展で活躍。「Paradiseとは

今の日本のように嵐の予感はするがそれでも穏やかな場所。そこに住む奇妙な人や動物を描いてみた」と岩田さん。版画や水彩画約20点出品。

《問》0422-47-5241同ぎゃらりー。

http://www1.parkcity.ne.jp/g-yume/

 

■ シティウォーク「自然散策 野川の枝垂れ櫻と浅間山を訪ねて!!」

4月12日(小雨決行)9時半、小金井市栗山公園(東小金井南口徒歩7分)。

同公園-国分寺崖線-ハケの道-小金井神社-天神橋-野川四割緑地(枝垂れ櫻鑑賞)-武蔵野公園-二枚橋-野川・水木橋-東八道路架橋・中之橋-野川公園管理事務所前(昼食)-永福寺(6㌔地点=一次解散=西武多摩川線多磨駅徒歩5分)-多磨霊園東門-多磨霊園:墓所探訪-浅間山公園-生涯学習センター-府中の森公園・花の広場(11㌔地点・ゴール=京王線東府中駅徒歩10分)。

申し込み不要、直接会場へ。昼食(途中、コンビニエンスストアなし)、飲み物、雨具など持参。

参加費500円(東京都ウォーキング協会会員100円、他地区ウォーキング協会会員300円、武蔵野・三鷹市民300円、中学生以下無料)。

《問》0422-51-2173金子(夜間)。

 

■ 「新選組グラフィティ1834-1868」刊行記念 堀口茉純さんトークイベント

 

 

4月12日14時、オリオン書房ノルテ店「本棚珈琲」(モノレール立川北駅前、クアベニュー3階)。「新選組グラフィティ1834-1868 幕末を駆け抜けた近藤勇と仲間たち」(実業之日本社刊)の著者で、江戸時代に詳しい女優として、部隊や講演、執筆稼働などで活躍する堀口さんが話す。

同書購入者に参加券配布。

《問》042-522-1231同店。

http://www.orionshobo.com/event/page1038.html

Page 1 of 6 1
1 / 212
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ