7月2015

■ 夜の身近ないきもの探検

8月2日17時半-20時半、井の頭自然文化園(吉祥寺駅公園口徒歩10分)。弊援護の園内で、セミやコウモリなど、夕方から夜にかけて活動する生き物を中心に観察する。小学4年生以上(小学生は保護者同伴)30人募集。

《申》代表者の住所、電話番号、参加者全員の氏名(ふりがな)、学年(年齢)、性別を書いて、往復はがきは〒180-0005武蔵野市御殿山1-17-6、井の頭自然文化園「夜の身近ないきもの探検」係へ、7月11日消印有効で送る。Eメールの場合は、件名を「夜の身近ないきもの探検参加」として、night-ikimono2015@tokyo-zoo.net へ7月11日までに送信。

《問》0422-46-1100同園。

 

 

■ 見崎彰広展

 

 

7月9-14日11-18時(最終日17時まで)アートスペース88(国立駅南口徒歩2分)。見崎さんは1987年生まれで、東京芸大美術学部卒(日本画専攻)。2013年、2014年、ボローニャ国際絵本原画展入選。新作のリトグラフ、鉛筆や色鉛筆によるドローイング、自主制作の本などを発表。

《問》042-577-2011同スペース。

http://artspace88.jimdo.com/

 

■ 調査研究結果発表シンポジウム「自転車のチカラでまちづくり!~マナーから地域活性化まで~」

7月22日13-16時、府中グリーンプラザ(京王線府中駅北口徒歩1分)。公益財団法人東京市町村自治調査会(府中市)が平成26年度に実施した「自転車とまちづくりに関する調査研究」ついて発表する。

同調査会理事長で羽村市長の並木心さんの主催者挨拶、府中市長・高野律雄さんの開催市挨拶。

三井住友トラスト基礎研究所研究理事・古倉宗治さんの基調講演「自転車をまちづくりに生かす~その基本と実践~」、三菱UFJリサーチ&コンサルティング主任研究員・阿部剛志さんの調査研究結果発表①「多摩・島しょ地域の自転車利用や自治体施策の現状と将来見通し」、東京市町村自治調査会調査部研究員・石田一博さんの調査研究結果発表②「多摩・島しょ地域の自転車まちづくりのキーポイントと将来像」、サイクルライフナビゲーター・絹代さんの自転車ライフの紹介&実演「カラダとココロに効く自転車のとっておきの魅力」。

古倉さん、阿部さん、絹代さん、東京グレートサイクリングツアー代表・肥塚由紀子さん、金沢都市政策局交通政策部歩ける環境推進課主査・前野真和さんによるパネルディスカッション「多摩・島しょ地域における自転車とまちづくりの豊かな未来像を語り合う」。

参加費無料。

《申》7月10日までにFAX.042-384-6057、またはHP(http://www.tama-100.or.jp/)、またははがきで〒183-0052府中市新町2-77-1、東京自治会館4階、東京市町村自治調査会へ。

《問》042-382-7722同調査会。

■ 大塩紗永展

 

 

7月3-10日11-18時(最終日17時まで)画廊岳(国立駅南口徒歩3分)。日本版画協会、版画学会会員の大塩さんは、1999年、多摩美術大学大学院美術研究科修了、2007年、文化庁新芸術家国内研修員となり、同年、イギリスとドイツで研修する。1997年から毎年、日本版画協会展に出品し、奨励賞、佳作賞受賞。2001年、池田満寿夫記念芸術賞展で大賞、2004年、シェル美術賞展で審査員奨励賞、2009年、熊谷守一大賞展で大賞受賞。国内外で個展、グループ展開催。写真は「黄色の四角のある風景」(版画、顔料、アクリルのミクストメディア)。

《問》042-576-9909同画廊。

http://kunitachi-gallery.net/members/gaku/

 

Page 1 of 6 1
3 / 3123
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ