2月2016

■ 第11回 国分寺市環境シンポジウム「武蔵野の動植物~生物多様性の保全に向けて~」

2月6日13時半、国分寺Lホール(国分寺駅ビル8階)。武蔵野・多摩環境カウンセラー協議会所属の中西由美子さんの講演「多摩地域の自然環境の変化~植物~」、生物多様性農業支援センター講師・林鷹央さんの講演「東京の昆虫や鳥~身近な生きもの観察の楽しさ~」。団体紹介、意見交換も。

定員120人、無料。手話通訳あり。環境ひろば・国分寺市主催。

《問》042-328-2192国分寺市環境計画課。

■ 中村彰夫・章子展-それぞれの軌跡-

2月4-16日10-17時(最終日15時まで)たましんギャラリー(立川駅北口徒歩5分、多摩信用金庫本店9階)。画家・中村彰夫さん・章子さん夫妻(73=八王子市)は武蔵野美大卒業、1970年から74年までフランス留学。彰夫さんは朝日カルチャーセンター新宿講師、章子さんは旺玄会常任委員を務める。1969年ごろの作品から近作までの中からそれぞれ自選25点を出品。

《問》042-526-7717同ギャラリー。

https://www.tamashin.or.jp/gallery/

■ 佐藤浩介作品展“外出”

 

 

2月4-16日(10日休廊)11-18時(最終日17時まで)アートスペース88(国立駅南口徒歩2分)。佐藤さんは「リキテックスアートプライズ2013」で一般審査賞とART販売賞を受賞。写真は「ビルディング」(キャンバスにアクリル、コラージュ、オイルパステル=2015年)。

《問》042-577-2011同スペース。

http://artspace88.jimdo.com/

 

■ 東京雑学大学2月講義

▼4日14時、西東京市コール田無(西武新宿線田無駅北口徒歩7分)=古文書インストラクター・吉田豊さんの「忠臣蔵の真相 義士の最期」。2月4日は打ち入り後、大名家に預かりとなっていた義士たちが一斉に切腹して果てた日だ。この処分に至るまでの幕府内の議論、義士を預かった細川家と毛利家の記録を読む。

▼11日14時半、多摩交流センター(京王線府中駅北口徒歩3分、府中第二庁舎6階)、武蔵野市かたらいの道市民スペース(遠隔視聴会場=三鷹駅北口徒歩3分)=元陸上自衛隊一等陸佐で歌手の田中和男さんの「声楽の魅力」。インターネットライブ中継(http://zsgn.dp-21.net/tsgn/)も。

▼18日14時、西東京市田無公民館(西武新宿線田無駅南口徒歩3分)=公益財団法人スコーレ家庭教育振興協会理事・小俣富雄さんの「家庭における父親の役割」。

▼25日14時、西東京市市民会館(西武新宿線田無駅北口徒歩7分)=登山家で紀行作家の伊佐九三四郎さんの「大河紀行・荒川-秩父山地から東京湾まで180余キロ踏破の記録」。映像とともに語る。

 

受講料は各回500円(11日無料)。

《問》042-465-3741浅田、0422-52-0908菅原。

http://tzatudai.ec-net.jp/

 

■ 古布と手織りの出会い展~長野かほる・鈴木清子~

 

2月3-15日(7日休廊)11-18時(最終日16時半まで)画廊岳(国立駅南口徒歩3分)。長野さんが着物地を使って仕立てた洋服を、鈴木さんが手織物を出品

《問》042-576-9909同画廊。

http://garogaku.com/

Page 1 of 6 1
3 / 3123
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ