10月2016

■ 一部平家15

11月3日10時-11時半、国立オリンピック記念青少年総合センター桃花亭(小田急線参宮橋駅徒歩7分)。前田流平家詞曲相伝の鈴木まどかさんが「小原入御」「敦盛最期」を演奏し、解説する。「平家物語」巻之九、十二(灌頂巻)持参。

2000円。要申込。

《問》03-6323-9479平曲研究所。

http://www.heikyoku.org/

■ファンタジーを読む「現代日本の作品を読む」

11月1日-3月7日の毎月第一土曜日(1月は10日)13時-15時半、シビル(立川駅南口徒歩3分)。毎月1作品を取り上げ、児童文学作家でファンタジー研究会を主宰するきどのりこさんが解説。参加者が感想を話し合う。

取り上げる作品は11月「水はみどろの宮」(石牟礼道子)、12月「文学少年と運命の書」(渡辺仙州.)、1月「羽州物語」(菅野雪虫)、2月「歌う樹の星」(風野潮)、3月「あまねく神竜住まう国」(荻原規子)。

カルチャーステーション「アクティブ立川」の講座で、受講料全5回1万円と受講が初めての人は入会金1000円。

《申》.042-524-9014アクティブ立川。

http://www1.ttcn.ne.jp/~active/

 

■ 憲法を学ぶ会「『日本会議』を通じて戦後日本を考える」

11月1日19-21時、武蔵野市本町コミュニティセンター(吉祥寺駅東口徒歩3分、ヨドバシカメラ裏)。「週刊金曜日」編集部員で、「『開戦前夜』のファシズムに抗して」(かもがわ出版)に「日本会議のルーツと国家神道 価値同一性強要の戦後的変容に見る神道勢力の陥穽(かんせい)」を執筆している成澤宗男さんが話す。資料代500円。

《問》090-6300-2786斎藤。

■ 栗尾元子陶展-悠(おもい)-

10月27日-11月2日10-20時(最終日17時まで)東急吉祥寺店8階美術工芸品売場(吉祥寺駅北口徒歩5分)。陶芸家の栗尾さん(武蔵野市)が土味を生かした素朴で温かみのある手びねりの花器、食器、ふた物などを出品。

《問》0422-21-5111同店。

http://www.tokyu-dept.co.jp/kichijouji/

 

■ 東郷俊一郎 第8回水彩スケッチ展「日本の旅 フィレンツェの旅」

10月28日、29日10-17時、エコギャラリー新宿1階展示ホールB(都営地下鉄大江戸線都庁前駅A5出口徒歩3分、新宿中央公園内)。東郷さん(東村山市富士見町)が沖縄、萩、琴平、札幌など日本各地と、イタリアのフィレンツェ、ヴェネツィアで描いたスケッチ30点を出品。

《問》042-393-4503東郷、03-3348-6277同ギャラリー。

「ヤマネコ祭2016」 井の頭自然文化園で10月29日、30日開催

井の頭自然文化園では長崎県対馬に生息する絶滅危惧種ツシマヤマネコの保護と繁殖に取り組んでいる。今年も「ヤマネコ祭」が10月29日、30日10時-16時半に開催され、「野生動物を守る取り組みを知ってもらう~団体の活動紹介展」「大きな巣箱と対馬の自然-ヤマネコの気持ちになってみよう」「ツシマヤマネコエアドーム」「ヤマネコミニ特設展」などさまざまなイベントが行われる。

 

【芝生広場イベントテント】

▼ヤマネコ環境教育プログラム「安心するには近すぎる」(15分間)=両日10時45分、15時。

▼ヤマネコ環境教育プログラム「この森に住めるのは何頭のヤマネコ?」(45分間)=両日12時半、15時半

▼ヤマネコおはなし会(30分間)=両日11時半、14時。

 

【ヤマネコワークショップ】

▼ヤマネコを描こう!青空お絵描き教室=29日13-15時(時間内受付)。講師は野生動物画家・岡田宗徳さん。

▼ヤマネコストラップをつくろう=30日11時半。先着50人。

▼ヤマネコキーホルダーを作ろう=30日12時半、13時半、14時半。講師は鈴木動物園前さん。各回20人。作品渡しは15時以降。

【ヤマネコフェイスペインティング】両日11-12時、13時半-14時半。

 

【ヤマネコ講演会】

▼対馬自然写真研究所代表・川口誠さん「国境の島の動物たち」=29日14-15時。

▼井の頭自然文化園飼育展示係・唐沢瑞樹さん「井の頭自然文化園でのツシマヤマネコ飼育10年」=30日14-15時。

 

【ヤマネコ舎前】

▼飼育係のいきものガイド@ヤマネコ祭=両日13時から。

▼ボランティアのヤマネコガイド=両日11-12時、13時半-14時半。

 

【彫刻館B館ヤマネコ映像祭】

▼“タヌキの目線”で考えよう(60分)=両日11時半、14時。野生動物専門病院「福島県鳥獣保護センター」の獣医師の物語。

▼大地的孩子-小石虎返家之路(大地の子ども-小さなタイワンヤマネコが故郷に帰るまで)(30分)=両日10時半、12時半、15時半。

【ヤマネコ前の小さなお家・】

 

吉祥寺駅公園口から徒歩10分。9時半-17時開園(入園16時まで)。入園料400円(中学生150円、65歳以上200円、小学生以下と都内在住の中学生無料)。

 

《問》0422-46-1100同園。

https://www.tokyo-zoo.net/temp/news/2016_09_23_Ino_Yamaneko_Festival2016.html

■ 「日本の鳥と山2016」バードカービングとジオラマ作品展

 

 

10月27日-11月1日11-18時(最終日16時まで)アートスペース88(国立駅南口徒歩2分)。下田英夫さん主催。

《問》042-577-2011同スペース。

http://artspace88.jimdo.com/

■ トゥレ・ソーレ わとわコンサートシリーズVOL.6「旅へのいざない~旅にまつわる音楽 あ・れ・こ・れ」

10月30日14時、アートスペース&ティーわとわ(国立駅南口徒歩8分)。オペラ歌手の内田もと海さん、宮本哲朗さん、ピアニスト・木住野睦子さんによる「トゥレ・ソーレ」が出演。曲目は「アラウンド・ザ・ワールド」「箱根八里は」「汽車ポッポ」「琵琶湖周航の歌」ほか。

入場料3500円(スリランカ紅茶とケーキ付き)。

《申》042-572-8808木住野。

http://www.watowa.com/

■ 東郷俊一郎 第8回水彩スケッチ展「日本の旅 フィレンツェの旅」

10月28日、29日10-17時、エコギャラリー新宿1階展示ホールB(都営地下鉄大江戸線都庁前駅A5出口徒歩3分、新宿中央公園内)。東郷さん(東村山市富士見町)が沖縄、萩、琴平、札幌など日本各地と、イタリアのフィレンツェ、ヴェネツィアで描いたスケッチ30点を出品。

《問》042-393-4503東郷、03-3348-6277同ギャラリー。

■ 栗尾元子陶展-悠(おもい)-

10月27日-11月2日10-20時(最終日17時まで)東急吉祥寺店8階美術工芸品売場(吉祥寺駅北口徒歩5分)。陶芸家の栗尾さん(武蔵野市)が土味を生かした素朴で温かみのある手びねりの花器、食器、ふた物などを出品。

《問》0422-21-5111同店。

http://www.tokyu-dept.co.jp/kichijouji/

Page 1 of 6 1
1 / 3123
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ