5月2017

■ 西山雪「つきみずづき」

2017_Nishiyama_Yuki

 

6月4日まで(月、火曜休廊)12-19時(最終日17時まで)ギャラリー惺SATORU(吉祥寺駅公園口徒歩8分)。ガラス工芸家の西山さんは1984年、北海道生まれ。秋田公立美術工芸短大ガラスコースを卒業後、富山ガラス造形研究所造形化科卒業。吹きガラスに彫りと筆で初夏の花や昆虫、金魚などを絵付けしたぐいのみ、片口、小鉢、鉢、水差し、花器など約100点出品。オブジェも。

《問》0422- 41-0435同ギャラリー。

http://gallerysatoru.com/

 

■「はな子」への献花台設置

5月28日まで9時半-17時(入園16時まで)井の頭自然文化園アジアゾウ舎(吉祥寺駅公園口徒歩10分)。2016年5月26日に69歳で亡くなったアジアゾウの「はな子」。献花台、記帳台とメッセージカードの設置、園長からの言葉の掲示などが行われる。

入園料400円(中学生150円、65歳以上200円、小学生以下と都内在住の中学生は無料)。

《問》0422-46-1100同園。

http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ino/

武蔵野市立吉祥寺美術館企画展 「北村周一 フラッグ≪フェンスぎりぎり≫一歩手前」 5月28日まで開催

 

個展を中心に抽象画を発表している画家、北村周一さんの作品展「フラッグ≪フェンスぎりぎり≫一歩手前」が5月28日まで10時-19時半、武蔵野市立吉祥寺美術館で開かれている。

 

北村さんは1952年、石川県の生まれ。71年、中央大学部法学部法律学科に進学のために上京後、東大助手だった環境学者・宇井純(後に沖縄大教授)らによる公開自主講座「公害原論」に参加し、実行委員を務める一方、新宿美術研究所に通い、麻生三郎、山口長男の指導を受けた。大学卒業後、1982年から2006年までかわさきIBM市民ギャラリーに勤め、20年以上にわたって企画・編集に携わりながら、画家としての活動を続けてきた。今回は都内の美術館では初の個展となる。写真は「フェンス-Ⅰ」(2008年)。

▼講演「芸術作品とは何か-ハイデッカーの立場から」 5月20日14-16時。講師は京都工芸繊維大教授・秋富克哉さん。講演終了後、秋富さんと北村さんの対談がある。無料(ただし要入館券)、定員70人。

 

入館料100円(小学生以下、65歳以上、障がい者無料)。

《問》0422-22-0385同美術館。

http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/

 

 

■ 木村林吉展-53のオマージュ展

5月13-28日(木曜休み)12-19時(最終日16時まで)ぎゃらりー由芽のつづき(三鷹駅南口徒歩8分)。53人の木村さんの友人、知人が木村さんへの思いを託した作品を出品。

《問》0422-47-5241同ぎゃらりー。

http://galleryyume.web.fc2.com/

■ 木村林吉展-101才の誕生日を前に-

 

 

5月13-28日(木曜休み)12-19時(最終日17時まで)ぎゃらりー由芽(三鷹駅南口徒歩8分)。木村さんは1916年7月6日、高知県生まれ。大阪美術学校で学び、青年期に大陸でセンチを経験した。戦後、小学校図工専科として教職に就く。上京後、35歳から新制作協会などで発表を続け、2013年2月、96歳で亡くなった。「鏡の裏側」シリーズをはじめとする平面作品と、木材と絵の具によるレリーフ状作品「集積体」シリーズと合わせて約20点展示。

《問》0422-47-5241同ぎゃらりー。

http://galleryyume.web.fc2.com/

■ 古賀玄義個展「のこされた場所」

 

 

5月18-30日(24日休廊)11-18時(最終日17時まで)アートスペース88(国立駅南口徒歩2分)。古賀玄義(はるみち)さんは1991年、東京都生まれ。多摩美大大学院博士前期課程修了(版画研究領域)。リトグラフ、銅版画技法を使って制作した風景画などを出品。写真は「水脈の底」(リトグラフ)。

《問》042-577-2011同スペース。

https://artspace88.jimdo.com/

 

■ 山崎泰子油彩画展

 

 

5月16-23日11-18時(最終日17時まで)画廊岳(国立駅南口徒歩3分)。写真は「イメージ…ラルゴ」(F10)。

《問》042-576-9909画廊岳。

http://kunitachi-gallery.net/members/gaku/

 

■ 第37回 山谷あけみの作品と萌木書道教室展「天恵賜(てんのめぐみをたまわる)」

5月13-21日(17日休み)10-17時、石川酒造新蔵(JR・西武拝島線拝島駅南口徒歩15分)。書家の山谷さん(昭島市排島町)が古代文字をテーマに、掛け軸、額、陶板、壺、皿、陶印、アクセサリーなどを出品。また山谷さんが主宰する教室の生徒が掛け軸などを展示。

《問》090-4205-0554山谷。

http://www.tamajiman.co.jp/

 

■ シビル市民講座「映画監督・早川由美子のワークショップ『あなたもできる!~3分間映像講座~」

5月17日-7月26日の隔週水曜全6回18時半-21時半、市民の学習・活動・交流センター シビル(モノレール立川南駅前)。講師はドキュメンタリー映画監督・早川由美子さん。撮影と編集の基礎からインターネットでの動画公開までを指導。講座終了時までに3分間の映像を完成させ、インターネットでの公開を目指す。定員15人(申し込み先着順)。受講料1万2000円。

《問》042-524-9014シビル。

http://space.geocities.jp/sudajuku_tachikawa/civil/

 

■ 涌田利之・美江作品展

5月11-23日10-17時(最終日15時まで)たましんギャラリー(立川駅北口徒歩5分、多摩信用金庫本店9階)。涌田利之さん・美江さん(日野市神明)が木口木版画、水彩画、羊毛フェルト、布絵ほかを出品する。

《問》042-526-7717同ギャラリー。

https://www.tamashin.or.jp/gallery/

Page 1 of 6 1
1 / 212
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ