7月2017

■ パネル展&トーク「ビルマの日本軍と『慰安所』」

8月5-7日、武蔵の芸能劇場小ホール(三鷹駅北口前)。太平洋戦争中、19万人以上の戦死者を出したビルマでは、駐屯地60か所以上に慰安所が設置された。

▼展示=10-20時(最終日17時まで)。入場無料。

▼お話と上映(要申込。各日先着100人)=8月5日、6日13時半-16時半。

5日=DVD「ビルマに消えた慰安婦たち」(フリーライター・森川万智子制作)上映と、上智大学教員・根本敬さんのトーク「ビルマと日本の関係史」。

6日=在日朝鮮女性史研究家・金栄さんのトーク「『慰安婦』たちのPTSDについて」、神田外語大学非常勤講師・遠藤美幸さんの「『全滅戦』を生き延びた兵士が語る『慰安婦』について」。

アジアの記憶を地域で紡ぐ映画上映実行委員会主催。

《問》メールhachinoko@ba2.so-net.ne.jp、または0422-34-5498ロラネット。

 

■ ドキュメンタリー映画「標的の島 風(かじ)かたか」上映

8月5日10時、19時、武蔵野プレイス(武蔵境駅南口徒歩2分)。

「標的の村」「戦場(いくさば)ぬ止(とうどう)み」の三上智恵監督の最新作。沖縄県辺野古、高江、宮古、石垣…。なぜ闘うのか。自由と平和をめぐる「最前線」を記録したドキュメンタリー。

入場料1000円(18歳以下無料)。武蔵野で「標的の島 風かたか」をみよう!主催。

《申》080-3758-1057内山。

■ 講演会「玉川上水を知ろう!」

8月8日18時半-20時(20時半まで希望者の質問タイム)、武蔵野芸能劇場小ホール(三鷹駅北口前)。玉川上水360年の歴史と自然を紹介する。講師は江戸東京たてもの園学芸員・眞下祥幸さん、NPObirth自然環境保全部レンジャー・金本敦志さん。参加費無料。定員50人(申込先着順)。玉川上水を守り育てる武蔵野市民の会主催。

会場の隣室に小学生専用学習コーナーを18時15分-20時開設。子ども向け資料と遊びを用意し、大学生が相手をする。定員6人(申込先着順)。

《申》氏名(ふりがな)、住所、連絡先電話、小学生専用学習コーナーの利用を希望する場合は、子どもの氏名(ふりがな)、学校名、学年も書いて、メールjyousuims@yahoo.co.jp、またはFAX0422-26-1128で玉川上水を守り育てる武蔵野市民の会へ。
《問》090-7724-3066(田中)

■ ルーマニア&日本のアーチストによるブックアート展「本という形状の中に宿るもの」

8月4-9日12-19時(最終日17時まで)ぎゃらりー由芽のつづき(三鷹駅南口徒歩8分)。「本」というくくりの中で、アーチストの思いを表出する展覧会。両国それぞれ約20人の作家が自由な素材の作品(A4サイズ)を出品。

《問》0422-47-5241ぎゃらりー由芽。

http://galleryyume.web.fc2.com/

 

■ 憲法を学ぶ会「憲法とプライバシー権~プライバシーとセキュリティのバランスをいかに図るべきか~」

8月8日19-21時、武蔵野市本町コミュニティセンター(JR吉祥寺駅東口徒歩5分、ヨドバシカメラ裏)。講師は中央大学総合政策学部准教授で「ビッグデータの位牌とプライバシー危機」などの著書がある宮下紘さん。資料代500円。

《問》0422-55-2419斎藤。

■ NEWROSE×BALAM 二人展

 

 

3-8日11-19時、ギャラリーゆりの木(国立駅南口徒歩3分)。NEWROSE(岩本京子さん)が古い着物をリメイクしたバッグとブックカバーを、BALAM(古橋敬冶さん)が天然石を丈夫な糸でマクラメ編みしたアクセサリーを出品する。

《問》042-573-6663同ギャラリー。

http://glass-yurinoki.com/

http://balamjade.cart.fc2.com/

■ 東京雑学大学8月講義

▼3日14時、西東京市市民会館(西武新宿線田無駅北口徒歩7分)=環境経営士・大場誠司さんの「2017年南極の旅と生息動物ペンギンについて」。

▼10日14時半、多摩交流センター(京王線府中駅北口徒歩3分、府中第二庁舎6階)、武蔵野市かたらいの道市民スペース(遠隔視聴会場=三鷹駅北口徒歩3分)=株式会社向陽技術研究所代表取締役・水戸部和幸さんの「物を測る」。インターネットライブ中継(http://zsgn.dp-21.net/tsgn/)も。

▼17日14時、西東京市市民会館(西武新宿線田無駅北口徒歩7分)=桜美林大教授・加藤朗さんの「最近の国際情勢-大漂流の時代」。

▼24日14時、西東京市田無公民館(西武新宿線田無駅南口徒歩3分)=シチズン時計研究開発センター上席技術員・橋本信幸さんの「液晶アクティブ光学素子が開く光の未来」。

 

受講料は各回500円(10日は無料)。

《問》042-465-3741浅田、0422-52-0908菅原。

http://tzatudai.ec-net.jp/

■ 夏休み親子で吹矢体験

7月26日10時、14時、高尾の森わくわくビレッジ体育室3(高尾駅北口から「高尾の森わくわくビレッジ」行き)。講師は「吹矢サークル遊矢家(ゆうやけ)」。参加費無料。道具貸与。室内履き、タオル、水筒、健康保険証持参。各回小学生以上の親子(家族)10組(申し込み先着順)。NPOさぽーと802(八王子市市民活動支援センター)主催。

《申》参加者全員の氏名と年齢、住所、電話番号、FAX番号、メールアドレスを、042-646-1577、またはFAX042-646-1587、メールnpo802@shiencenter-hachioji.org NPOさぽーと802。

http://www.shiencenter-hachioji.org/

■ 井の頭恩賜公園開園100周年記念ウォーク 公園周辺の歴史を訪ねて

7月23日(小雨決行)8時、井の頭公園野外ステージ前集合。コースは同野外ステージ-旧本宿大ケヤキ-安養寺-武蔵野八幡宮-野口雨情碑-お茶の水の由来-井の頭遺跡群碑-松本訓導殉難の碑(休憩)-井の頭弁財天-むらさき灯籠-黒門・道標(一次解散)-幸橋(第二公園・休憩)-井の頭橋-宮下橋-京王井の頭線三鷹台駅-ゆうやけ橋-水門橋-井の頭池進行左岸-井の頭公園野外ステージ前(ゴール。約10㌔)。

武蔵野市ウォーキング協会主催。武蔵野市民体育大会参加。参加費500円(武蔵野市民10円、東京都ウォーキング協会会員200円、他地区のウォーキング協会会員300円、中学生以下無料)。事前申し込み不要。

《問》0422-53-3119平井。

 

■夏のシルバージュエリー展

 

 

7月20-25日11-18時、Atelier Simpatica(アトリエ シンパティカ=西八王子駅北口徒歩10分、「追分」バス亭近く)。同アトリエを主宰するジュエリー作家の吉田りえさんが新作を発表。

《問》090-3690-3239同アトリエ。

http://simpatica-art-jewelry.com/

Page 1 of 6 1
1 / 3123
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ