12月2017

■ 武蔵野市制施行70周年記念・井の頭恩賜公園開園100年記念「見えた風景、見える風景」

12月24日まで10時-19時半、武蔵野市立吉祥寺美術館(吉祥寺駅北口徒歩5分、コピスA館7階)。武蔵野市を拠点に活動した日本画家・野田九浦(1879-1971)、版画家・織田一磨(1882-1956)、洋画家・江藤純平(1898-1987)、写真家・岡田紅陽(1895-1972)ら武蔵野市所蔵の作品を展示。また吉祥寺今昔(いまむかし)写真館委員会所蔵の市内と井の頭公園の写真も展示。

入館料300円(中高校生100円、小学生以下と65歳以上と障がい者無料)。

《問》0422-22-0385同美術館。

http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/

■ 東京雑学大学「江戸の成り立ちと太田道灌」

12月21日14時、西東京市市民会館(西武新宿線田無駅北口徒歩7分)。NPO法人太田道灌顕彰会理事長・太田資暁さんが話す。500円。

《問》042-465-3741浅田、0422-52-0908菅原。

http://tzatudai.ec-net.jp/

■ 湯浅由美子展

12月19日まで10-17時(最終日15時まで)たましんギャラリー(立川駅北口徒歩5分、多摩信用金庫本店9階)。新世紀美術協会会員の湯浅さん(八王子市)が抽象画を出品。

《問》042-526-7717同ギャラリー。

https://www.tamashin.or.jp/gallery/

■ 日高裕木版画展

 

 

12月23日まで(20日休廊)11-18時(最終日17時まで)アートスペース88(国立駅南口徒歩2分)。春陽会会友の日高さんが多摩川の風景や心象風景を出品。

《問》042-577-2011同スペース。

https://artspace88.jimdo.com/

 

■ 望月康介展 熔融-相変化

 

 

12月17日まで12-19時(最終日17時まで)ぎゃらりー由芽のつづき(三鷹駅南口徒歩8分)。美術家の望月さん(69)がスクリーンプリントによる作品を出品。

《問》0422-47-5241ぎゃらりー由芽。

http://galleryyume.web.fc2.com/

 

■ 渡辺一宏展 大理石のフォルム

 

12月17日まで12-19時(最終日17時まで)ぎゃらりー由芽(三鷹駅南口徒歩8分)。渡辺さんは1953年、宮崎県生まれ、東京芸大大学院修了。小品20点出品。

《問》0422-47-5241ぎゃらりー由芽。

http://galleryyume.web.fc2.com/

 

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ