1月2018

■ 三多摩美術家展

1月23日まで(前期)、25日-2月6日(後期)10-17時(最終日14時まで)たましんギャラリー(立川駅北口徒歩5分、多摩信用金庫本店9階)。三多摩美術家連盟(事務所=立川市)の会員が日本画、洋画、版画、彫塑、工芸作品を出品。

ギャラリートークを28日14時から催す。

《問》042-526-7717同ギャラリー。

https://www.tamashin.or.jp/gallery/

http://sanbiren.com/

 

■ ドイツからの音楽の贈り物PartⅡ「犬飼新之介 新春おしゃべりコンサート」

1月8日14時半、繭蔵(JR青梅線東青梅駅南口徒歩8分)。ドイツ在住の新進気鋭のピアニスト、犬飼さんのコンサート。犬養さんは浜松市生まれで6歳からピアノを始め、桐朋学園大学を首席で卒業。同大大学院修了後、フランクフルト音楽演劇芸術大学に留学し、同大ドイツ演奏家国家資格取得コース修了。東京音楽コンクールピアノ部門第一位、テレコム・ベートーベン国際コンクール第三位と聴衆賞受賞など。

曲目はモーツァルト「ピアノソナタ第6番ニ長調」、シュルツ・エヴェラー「『美しきドナウ』の主題によるアラベスク」ほか。

チケット4000円(ケーキ&ドリンク付き)。

《申》0428-21-7291繭蔵。

http://mayugura.com/

玉川上水の植物 8 日シンポジウムで発表  マップ配布も

玉川上水沿岸に住む市民有志が「玉川上水 花マップネットワーク」を作り、昨年4月から毎月、羽村から杉並まで上水の開渠部全長30㌔の両岸を歩いて植生調査をした。1月8日14-16時、小平市中央公民館(西武多摩湖線青梅街道駅徒歩4分)でシンポジウム「玉川上水 花マップって何?」を開き、調査報告を発表するとともに、記録をもとに作成したマップ「玉川上水 花マップ2017・夏」(A5判、24ページ)を参加者に配布する。

シンポジウムではネットワークのメンバーがこれまでの活動報告、今後の活動予定を発表するほか、調査の指導をした元麻布大学教授・高槻成紀さん(保全生態学)と、ネットワークメンバーで武蔵野美術大学教授(文化人類学)で探検家、医師として知られる関野吉晴さんが講演する。またパネル展示もある。

「ちむくい(ちいさな虫や草やいきものを支える会)」主催。「玉川上水 花マップネットワーク」共催。参加費300円。事前申込不要。

《問》080-5019-0153リー智子。

https://t-ramsar.jimdo.com/

■ 第37回新春企画 林明日美銅版画展

 

1月7-16日(10日休廊)11-18時(最終日17時まで)アートスペース88(国立駅南口徒歩2分)。林さんが銅版画と映像を発表。

《問》042-577-2011同スペース。

https://artspace88.jimdo.com/

■ 初春「武蔵野七福神巡り」

1月4日(小雨決行)9時、井の頭公園野外ステージ前(吉祥寺駅公園口徒歩6分)集合。野外ステージ前-井の頭弁財天-武蔵野八幡宮(大黒様)-安養寺(布袋尊)-大法寺(福禄寿)-立野公園-千川上水-武蔵野中央公園-延命寺(毘沙門天・寿老人)-杵築神社(恵比寿神=ゴール・解散)-武蔵境駅(12時半頃)。

武蔵野市ウォーキング協会主催。参加費500円(他地区のウォーキング協会会員300円、中学生以下無料)。

《問》0422-53-3119平井。

 

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ