7月2019

■はちおうじ浴衣めぐり~八王子を浴衣で盛り上げよう!~

7月20日-8月4日(8月1日までの店舗あり)、八王子市内の飲食店など約90店舗。

 浴衣を着て八王子市内をめぐり和装が楽しめる街を目指そう、活気ある店を紹介していこうと「はちおうじ浴衣めぐり」が開かれる。7月20日、21日は市内の子安神社の祇園祭、27日は花火大会、8月2日から4日は八王子まつりと浴衣が似合う行事が集まるこの期間、同企画に参加をしている約90店舗に浴衣(または和装)姿で来店すると様々な特典が得られる。飲食店では飲食を利用すると飲み物が一杯無料になる、会計の割引がある等、飲食店以外では買い物をするとプレゼントがある等、各店舗によって趣向をこらした特典を用意。参加店舗を掲載したマップを作成し、子安神社の祇園祭と参加店舗で配布する。営業時間や休みなどは店舗ごとに異なる。はちおうじ浴衣めぐり実行委員会主催。

≪問≫042-642-1113スタジオネイ。yukatameguri@gmail.com。

【https://yukatameguri.jimdofree.com/】

■ シビル歴史散歩「羽村の田んぼを歩きましょう」

7月20日10時、青梅線羽村駅改札口集合、15時ごろ青梅線福生駅解散。稲が育つ羽村市の根がらみ前田んぼ(8㌶)、復元した水車小屋、羽村堰を歩いて、田村酒造まで歩く。案内人は中学校社会科教員の福田恵一さん。参加費1000円。飲み物持参、歩きやすい服装と靴で。昼食は水車小屋カフェでとる(自費)。

《問》042-524-9014一般社団法人市民の学習・活動・交流センターシビル。

http://www.civiltachikawa.sakura.ne.jp/

 

■ TAMA市民塾・日曜講座「初心者のための“秩父観音巡礼”10倍楽しむ旅の話」

7月21日14-16時、多摩交流センター会議室(京王線府中駅北口徒歩5分、府中駅北第二庁舎6階)。講師の服部文晴さんはアクティブ未来工房を主宰し、2017年に西国三十三所札所委員会「先達者」資格を授与された。なぜ秩父が「百観音霊場」選ばれたかなどを話す。無料。当日会場先着50人。

《問》042-335-0111 TAMA市民塾。

https://www.tama-100.or.jp/contents_detail.php?frmId=26

■ チャリティーバザー「わたしのとっておき市」

7月19日10時半-17時、東京YWCA武蔵野センター(吉祥寺駅北口徒歩15分)。リサイクル品(春夏物衣料、雑貨、食器、バッグ、アクセサリーなど)、東北被災地応援品(切干大根、海苔、おつまみ昆布、乾燥ワカメ、気仙味噌、新地町の「菊地さんの梅干し」)、乾燥糸コンニャク、マスコバド糖、フェアトレードコーヒー、児童図書ほか。収益は、同センターの事業の一つ、日本語を母語としない親を持つこどもたちへの学習支援「いちごの部屋」の活動と平和の活動に使われる。東京YWCA武蔵野センターの活動を支える会主催。

《問》0422-27-5871同センター。

http://www.tokyo.ywca.or.jp/news/musashino/

■ ゆめのなかの堀尾貞治展

 

昨年の堀尾貞治展で

 

7月28日まで(木曜休廊)12-19時(最終日17時まで)ぎゃらりー由芽とぎゃらりー由芽のつづき(いずれも三鷹駅南口徒歩8分)。昨年11月、急逝した堀尾さんの追悼展。堀尾さんは1939年、神戸市生まれ。65年に具体美術協会会員となり、72年の解散まで参加。85年ごろから「あたりまえのこと」という一貫したテーマで、年間約100回、国内外手で個展、グループ展、パフォーマンスなどを行っていた。ぎゃらりー由芽でも年1回、個展を開催していた。堀尾作品を愛するアーティスト42人が制作したオマージュ作品と堀尾さんの作品を展示。

《問》0422-47-5241同ギャラリー。

http://galleryyume.web.fc2.com/

 

■ シティウォーク「早朝ウォーク 武蔵野の公園を巡る」

7月14日8時、井の頭公園野外ステージ前(JR・京王井の頭線吉祥寺駅公園口徒歩7分)。井の頭公園-井の頭自然文化園前-仙川公園-消防大学通り-深大寺-清水橋-飛橋-武蔵野の森公園の約11㌔を歩く(11時半ごろ解散)。武蔵野市ほか主催、武蔵野市ウォーキング協会主管。市民体育大会参加。

当日会場で申し込み。参加費500円(東京都ウォーキング協会会員200円、他地区のウォーキング協会会員300円、武蔵野市ウォーキング協会会員と武蔵野市民10円、中学生以下無料)。

《問》080-9523-0557堀口。

 

■ 渡辺美智雄・わたなベさとこ「いろ・いろ・あそび」展

 

 

7月11-23日(17日休み)11-18時(最終日17時まで)アートスペース88(国立駅南口徒歩3分)。渡辺美智雄さんとわたなベさとこさんが、あそびのあれこれをイラスト、絵本原画、手作りおもちゃなどで表現。

《問》042-577-2011同スペース。

https://artspace88.jimdo.com/

■ 昭和の戦争遺跡を訪ねる 浅川地下壕見学会

7月27日13時20分、JR高尾駅南口集合、16時、現地解参。小学生とその保護者対象。

八王子市西南部には第二次世界大戦中に陸軍倉庫として掘られた巨大な地下壕がある。終戦間際には中島飛行機武蔵製作所のエンジン工場として使われていた。高尾駅近くのみころも聖堂で、浅川地下壕の保存をすすめる会の中田均さんから説明を聞いた後、地下壕を見学する。

定員18組(申し込み多数の場合、抽選)。参加費1組500円(子ども1人追加の場合は、200円増し)。大型懐中電灯、軍手、帽子、上着、飲み物持参。汚れてもよい服装、靴(長靴)で。八王子市市民活動支援センター主催。

《申》「7/27浅川地下壕」、参加者全員の氏名(ふりがな)、子どもの年齢(学年)、連絡先(電話番号、FAX番号、メールアドレスを書いて、八王子市市民活動支援センターのHP(https://www.shiencenter-hachioji.org/)の申し込み専用フォーム、またはFAX042-646-1587、またはメールnpo802@shiencenter-hachioji.org、または往復はがき(返信面にも記入)で〒192-0083八王子市旭町12-1、ファルマ802ビル5階、八王子市市民活動支援センターに、7月10日までに必着。

《問》042-646-1577同市民センター。

■ 草野啓利 宙吹きガラス展

 

 

7月8日-15日11-18時(最終日17時まで)画廊岳(国立駅南口徒歩3分)。横浜市港北区に仕事場を構えるガラス作家の草野さんが

《問》042-576-9909同画廊。

http://kunitachi-gallery.net/members/gaku/

 

■ 第12回 田畑広 創作ステンドグラス展

 

 

7月5日まで11-18時(最終日17時まで)画廊岳(国立駅南口徒歩3分)。アトリエ「八ヶ岳DEN工房」を主宰する田畑さんが出品。

《問》042-576-9909同画廊。

http://kunitachi-gallery.net/members/gaku/

Page 1 of 6 1
1 / 212
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ