■ 親子向け観察会「アカハライモリの保全現場をたずねる」

10月20日(雨天中止)9時20分、京王線聖蹟桜ケ丘駅東口改札前、もしくは多摩市立連光寺小学校前集合、14時半、現地解散。

アカハライモリはかつて水田や小川などで普通に見られる身近な生物だったが、東京周辺では激減した。都立動物園水族園がアカハライモリの保全に取り組んでいる現場を訪ね、生息しているアカハライモリのくらしや生息地の環境を観察する。また、保全活動にかかわっているスタッフがアカハライモリの現状や保全について話す。

小学3年生以上の小中学生と保護者20人募集(必ず保護者同伴で。応募者多数の場合、抽選)。弁当、水筒、雨具、長靴、筆記用具持参。汚れてもよい服装で。交通費340円(小学生180円)。

《申》往復はがきに、参加者全員の氏名、フリガナ、性別、子どもの学年、住所、電話番号、返信先を書いて、〒134-8587江戸川区臨海町6-2-3、葛西臨海水族園「イモリの観察会」係へ、10月7日消印有効。

《問》0422-46-1100井の頭自然文化園。

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ