■ 自立ステーションつばさ卒業・出発イベント「my life, my choice. 僕がえがく18歳からの地図」

3月29日13時半-16時半、多摩市永山公民館ベルブホール5階(小田急多摩線・京王相模原線永山駅南口徒歩5分)。今年3月に特別支援学校「多摩桜の丘学園高等部」を卒業する渡部暖さん(18=稲城市)は、重度の障害を持ち、車いすに乗っているが長時間の座位をとるのが困難で、目はほんのわずかに見える程度だ。発語も少なく、コミュニケーションの方法も限られる中、施設や親元ではなく、あたりまえに地域で自分らしく生きていくという選択をした。渡部さんが「自立ステーションつばさ」(多摩市)に通い始めた2006年から今日までの軌跡や成長をスライドショーや映像で振り返る。また先輩たちとのトークやバンドの演奏、夢や今後の活動の発表などもある。

《問》042-389-6491自立ステーションつばさ

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ