■ 憲法を学ぶ会「“象徴天皇”としての昭和天皇の実態-変わらぬ国政への関心-」

7月29日19-21時、武蔵野市本町コミュニティセンター(吉祥寺駅東口徒歩3分、ヨドバシカメラ裏)。講師の茶谷誠一さんは立教大学兼任講師(日本近現代史)で「昭和戦前期の宮中勢力と政治」「昭和天皇側近たちの戦争」などの著がある。資料代500円。

《問》0422-22-5687二見。

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ