■ 武蔵野美術大学「Glass×Geibun Project 2017 まどろみ 光を内包するガラス」

 

 

6月10-16日10時-16時半(10日、11日18時まで、最終日16時まで)同大学9号館6階(西武国分寺線鷹の台駅徒歩18分)。

同大学工芸工業デザイン学科クラフトコースガラス専攻の4年制10人が制作した作品を、芸術文化学科の学生がプロデュースした展覧会。ガラス専攻の学生は「光を内包するガラス」というテーマに沿って、素材そのものの透明感と暗闇の中での輝き、その二面的なガラスの魅力を探求した作品を制作した。暗闇の中に作品が生える展示空間や芸術文化学科の学生によるガラス体験のワークショップもある。

指導・監修は同大工芸工業デザイン学科教授・大村俊二さんと芸術文化学科教授・杉浦幸子さん。

入場無料。

《問》090-1122-9095同大芸術文化学科。

http://www.musabi.ac.jp/topics/20170608_03_03/

https://www.facebook.com/musabiggp/

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ