「誕生40周年 こえだちゃんの世界展」 9月3日まで八王子で開催

女の子に人気のロングセラー玩具「こえだちゃん」の誕生40周年を記念して、「こえだちゃんの世界展」が9月3日まで八王子市夢美術館で開催されている。

 

「こえだちゃん」は1977年、タカラ(現・タカラトミー)から木の形の家にミニドールが付いたハウス玩具「こえだちゃんと木のおうち」として発売された。当時はファンシーなキャラクターが大流行していて、「こえだちゃん」もそのファンシー文化の一角を担った。その後もリニューアルを続け、昨年、8代目が発売され、親子2代に引き継がれるロングセラーとなっている。

展覧会では初代から2016年発売のと、初期の「こえだちゃん」のイラストレーター・桜井勇さん原画を中心に展示。最新の「こえだちゃん」と遊べるプレイスペースも設けられ、親子で楽しめる。

8月19日17-18時にはギャラリートークが開かれ、桜井さんと日本玩具文化財団理事長・佐藤豊彦さんが対談し、制作秘話などを話す(申し込み不要)。

 

10-19時開館(入館18時半まで)。月曜休館。入館料600円(高校生以上と65歳以上300円、中学生以下無料)。

JR八王子駅北口徒歩15分。または北口からバス「八日町四丁目」下車。

《問》042-621-6777同美術館。

http://www.yumebi.com/

 

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ